つれづれなるままに

散策した折の写真や日々感じた事を記したいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ザクロ

2018-09-10 16:33:42 | Weblog

   大阪市内で見つけた ザクロ の木

子供の頃に 住んでいた家の庭にあった ザクロ

懐かしい時代を ひと時思い出させてくれた。

 

コメント

つるし柿

2014-11-24 18:01:28 | Weblog

数ある果物のなかで 柿が大好物! しかも少し熟して 柔らかくなった柿には

つい二個目にも手が出るので 柿の季節は食べ過ぎに要注意。

当然干し柿も 大好物。 昨年は 友人に干し柿の入手先から作り方まで

教わってみかん箱入り一ケースもの 干し柿を作ったものの 息子の好物でもある為

おすそ分けをすると アッという間に無くなってしまった そこで今年は 昨年より

量を増やした所 今度は柿の皮剥きが大変。

何とか二日がかりで 皮剥きに挑戦。今年はどんな味に出来上がるか

楽しみな日々である。

   

コメント

蕎麦の花

2014-10-16 14:58:50 | Weblog

先日 亀岡のコスモス園へ行き 少し足をのばし美山へ寄った。

平日にもかかわらず 相変わらず美山へ訪れる人が多く

駐車場に有る 喫茶では 午後3時頃には 本日は閉店しました

と札が掛かり 自販機でのコーヒーで我慢する羽目になった。

美山では 白いそばの花が 満開で かやぶきの里にぴったりの

風景を眺める事が出来た。

  

コメント

彼岸花

2014-09-25 13:36:31 | Weblog

真っ赤な 彼岸花が 咲く時期になりました。

今 黄金の稲が たわわに 渦巻いている中に 彼岸花が咲き 秋の澄み切った青空と

最高の季節です。軒先に見える 柿の実・栗と・・・

久しぶりに のどかな里山を散策してきました。

    

       

コメント

百合の花

2014-08-27 14:58:03 | Weblog

先日 夕刻に 突然息子夫婦がやってきた。

ユリ園え行ってきたので 百合の鉢植えを買い求め帰宅途中寄って

持ってきてくれたそうな。

私は花を育てるのが下手で 初めは どうにか花が咲くのだが 

多年草の場合 まず2年目からは グ~ンと花の質が衰え 何時しか

あんなにたくさん咲いていた花はいったいどうしたのか?

肥料をやったり水も欠かさずやっているのに・・・何故? という具合。

百合は 一本の茎から 三つの蕾が付いていた。まだ固そうに見えたが

我が家に来てから三日目の朝 二つの蕾が 開いていた。

夕刻には すっかり咲き誇り 華美な 香りを 漂わせている。

花びらの外は ベージュに近い白 そして内側は

黄色でカティーナと言う名前らしい。

      

コメント

夏休み

2014-08-17 11:31:22 | Weblog

今年の夏は 異常だ。毎年 気温の上昇は続いているようだが

小範囲のゲリラ豪雨が 各地に起きている。 そして8月も半ば過ぎと言うのに

梅雨のようにハッキリしない鬱陶しい天気が続いている。

これまでの夏は 孫が来て プールへ展示会へ公園へと行ったものだ。

しかし孫も成長し今では 学校のクラブ活動が毎日のように有り 

当家へ連泊で遊びに来る事が出来なくなった。祖父母としては寂しい面も

あるが こちらも齢を取り 生活の面倒をみるのも自分達だけで精いっぱいと

なってきており ホッとしている部分もある。

それに今年は 孫達は カナダで 晴天の素晴らしい風景の中で 過ごしてきたようだ。

写真を見ながら またこの話を聞ける日を楽しみにしておこう!

 

 

コメント

蓮の花

2014-08-01 15:40:31 | Weblog

真夏の撮影は 今年は中止と決めていたのにお誘いを受ければ

イソイソと 出かけて行った。幸い何とか34度位の気温だったので

わりに楽に撮影する事が出来た。

蓮は沼地に咲くので 場所によると 湿気の加減で とてもむし暑く

暑さも限界を感じるが さすが琵琶湖の湖畔の風が心地よく

僅かな木陰に入っただけで涼しい風が肌に 涼を感じさせてくれる。

しかし この撮影場所の沼地のほとりは 石や岩で 埋めつくされているので

足場が悪く三脚をたてるのに一苦労。

自分の体も踏ん張らねばならず 撮影の翌日は足が突っ張って大変だった。

この日は 蓮の花・近江の街・向日葵・水郷めぐりの舟と欲張って撮影する事が出来た。

問題はその出来栄えだが・・・はたして?

    

コメント

写真展

2014-07-22 20:47:44 | Weblog

写真のYクラブに入部して今年3回目の写真展を迎える。

新装なった会場なので 会長も張り切って展示方法を考えておられ

風景画は 相当大きなサイズの写真になるそうな。

課題の 道 大阪のクリスマスの夜・のれん街・京都のお寺・近江の舟下りと

満足のいく写真がなかなか撮れず あせった。

なんとか期限を前に 決定する事が出来 今ホッとしている。

さて今年の見学の方の反応は どうかな?

今年は 関西は空梅雨で 紫陽花や蓮の花もあまり美しい花に育って

おらず 写真に撮るのが難しい。

   

コメント

久しぶりに

2014-07-18 16:06:50 | Weblog

昨日は 前回投稿以来 ブログにご無沙汰しており久しぶりにに開けようとしたが

従来の6ケタパスワードでは開かず ガードが固くなり 8桁が必要との事。

設定に時間がかかり 2日がかりとなった。

野外で 趣味も 年齢と共に 難しくなってくるのを感じ 室内でおとなしく

パソコン相手の物と考え またブログを 楽しもうかと考えている。

 

  法金剛院の蓮

画像の挿入の仕方も考えながら やってみたが何とか挿入出来たようだ。

 

コメント

カメラを持って

2013-02-01 15:53:30 | Weblog

デジカメコンパクトでなんとなく物足らず 一眼レフを持って早や 二年近くになる。

しかしいまだに カメラを相手に 右往左往している状態で 自分の思うように

カメラが作動してくれない。

撮影の前日には 説明書や撮影のポイントの教本に目を通して行くのだが

いざ撮影現場へ到着すると 頭の中は空っぽ。目の前の被写体にただ悪戦苦闘するばかりで

帰宅後パソコンに取り入れた写真を見てがっくり。

やはり毎日何か撮影するという事が大切なのかな。 継続は力なり のようである。

でも ここで言い訳を考えてしまう。

今は 私のカメラのシリーズでは より改善されたものの 二作目が出ている。

だからもっと良いカメラを持てば きっと良いものが撮れるのでは?

もしかしたら 機械ものは 当たり外れがあるから これはきっと外れの物では?

だから調子が悪いのだ  と 次から次へと言い訳の言葉が浮かぶ。

友人にメールで 愚痴っていると 早速 友人から 私もよ~ 折角撮影に行ってきたのに

みんなピントが甘かったと返事。 やはり皆それなりに 苦労しているようだ。

間もなく 梅の花が咲く季節になる。 昨年は 大阪城へ何度も撮り直しに行って

親切なカメラマンがいろいろ教えてくれたものだった。

気を取り直して今年も 又足しげく通い梅の花を 撮り続けよう!

 

コメント