C’est joli ここちいい毎日を♪

セジョリ♪映画三昧・ドラマ三昧・食などなど自分の好きなことを!映画はネタバレありです。TBが廃止になりました・・・

イントゥ・ザ・ウッズ

2015-04-22 21:35:31 | CINEMA(あ)
イントゥ・ザ・ウッズ
'14:米


イントゥ・ザ・ウッズ オリジナル・サウンドトラック


◆原題:INTO THE WOODS
◆監督:ロブ・マーシャル「シカゴ」「SAYURI」「NINE」
◆出演:メリル・ストリープ、エミリー・ブラント、ジェームズ・コーデン、アナ・ケンドリック、クリス・パイン、トレイシー・ウルマン、クリスティン・バランスキー、ジョニー・デップ、ダニエル・ハトルストーン

◆STORY◆長年子どもを授からないことに悩んでいたパン屋の夫婦(ジェームズ・コーデン、エミリー・ブラント)は、その原因が魔女の呪いにあったことを知る。ある日、突然訪ねてきた魔女(メリル・ストリープ)から「呪いを解くためには、森に入って〈白い牛、赤い頭巾、黄色い毛、金のように輝く靴〉を集めることが必要だ」と聞かされた二人は、子どもを授かるという“願い(wish)”を叶えたい一心で森の奥へと出かけていくのだった。時を同じくして、おとぎ話の主人公たちも、それぞれの“願い(wish)”を持って森へと入っていく。赤ずきん(リラ・クロフォード)は、オオカミ(ジョニー・デップ)に狙われていることにも気付かずに、楽しいことを探しながら森に住むおばあさんのお見舞いへ、ジャック(ダニエル・ハットルストーン)はお金持ちになることを夢見ながら牛を売りに出かけ、シンデレラ(アナ・ケンドリク)は母の眠る森のお墓の前で舞踏会に行きたいと祈り、そしてラプンツェル(マッケンジー・マウジー)は魔女によって森の中の塔に閉じ込められながらも、いつか自由の身になることを願っていた。そんな彼らとパン屋の夫婦が森の中で出会い、それぞれの運命が少しずつ変わっていく……

「赤ずきん」「シンデレラ」「ラプンツェル」「ジャックと豆の木」といった世界的に有名なおとぎ話の主人公たちのその後を描く、ディズニー製作のミュージカルです。

がっつりミュージカルだと思ってなかったNakajiとしてはびっくりな感じでした。
っていうか・・・これは前からミュージカルであった物語なんだね~
久々によみがえった、私の苦手ディズニー・・・って思ってしまいました(笑)
でもよくこのブラックな感じの物語をディズニーが映画化したよね~
そこは感心してしまいました(笑)

ディズニー勢ぞろいって感じで楽しかったよ。
なんかそれぞれの願いがあってその歌も面白かったね。
「赤ずきん」「シンデレラ」「ジャックと豆の木」「ラプンツェル」などなど。これだけは見てて楽しかった(笑)

そして王子兄弟がね~(笑)なんか二人の歌は笑ってしまった。というか、かなり笑ってしまいました。
なぜに川へ?なぜに踊るみたいなさあ・・・(笑)こもこれがミュージカル映画なんだよね~
でもNakajiの中ではシンデレラが一番面白かったね。
えーーーーーこの王子浮気するの?みたいなさあ・・・

この映画の主役ってやっぱりメリル・ストリープなのかしら・・・??
メリル・ストリープのイメージがとっても強い映画だったな~

ワンチャンスのジェームズ・コーデンがよかったな。
やっぱりこの人うたうまいな~って思いながら見ておりました。
ジョニデもやっぱり普通の役じゃない方が存在感あるな~とかさあ、、、
メリル・ストリープにエミリー・ブラントの歌とかすごかったね~

でもねえ。。。。。なんか、ん???って感じで終わってしまった。
突っ込みどころ満載なのはわかるんだけど、で?って感じに話がすすんでいくのはな~(笑)
なんか話の途中で笑ってしまったもん。
まあファンタジーですよね。

Nakajiの満足度 ★★(2.5) 3/21  劇場鑑賞 22 作
Into the Woods: Stephen Sondheim [Blu-ray] [Import]
Bernadette Peters,Joanna Gleason,Chip Zien,Tom Aldredge,Robert Westenberg
Image Entertainment

イントゥ・ザ・ウッズ オリジナル・サウンドトラック
WALT DISNEY RECORDS
WALT DISNEY RECORDS

コメント (8)   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
« ソロモンの偽証 前篇・事件 | トップ | ブルックリンの恋人たち »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ミュージカル~ (cyaz)
2015-04-23 08:06:02
Nakajiさん、おはようございます^^

この映画、僕もここまでがっつりミュージカル映画だと
思っていなくてビックリでした(笑)
でも、メリルがメインではないのに、それこそ
がっつり出ていて、メリルファンとしては嬉しかったです!
でも映画の中身としてはやや希薄だったかなぁ(汗)
このあと公開の『シンデレラ』に期待かな(笑)

北陸新幹線も開通したので、機会をみて、
金沢にも行ってみたいです~♪
>cyazさん (Nakaji)
2015-04-24 11:48:23
本当にびっくりしました。
ガッツリのミュージカルだと思っていませんでした(笑)

そうなんですよね~
シンデレラに期待って感じの映画でしたね。
まあメリルはすごいな~って改めて感心しましたが。

>北陸新幹線も開通したので、機会をみて、
金沢にも行ってみたいです~

ぜひぜひおいしいお魚食べにいらっしゃってください♪
メリル~ (NAO)
2015-04-26 17:03:17
終わってみれば、メリルの映画って印象の作品でした。

ほんとに素敵な女優さんです。

しかし、メリルが出てなかったら、うーん・・・だったな^^;
ジョニーは、ほんの一瞬でしたし、なにより
王子二人のあのシーンは、正直ドン引きで
館内、失笑でした^^;;;;;
Unknown (yutake☆イヴ)
2015-04-26 23:54:05
こんにちは☆

TBありがとうございます。

よろしければ、TBお返しさせて頂いても
よろしいでしょうか。

ファンタジーな作品でしたネ☆
こんにちは。 (みぃみ)
2015-04-27 14:49:57
メリル様、どーーんっ!な作品でしたね。
宣伝はジョニデ押しまくりでしたので、
意外性と(ジョニー一瞬:笑)、
メリル様の技たっぷり満喫☆は、良かったです。

あと、王子兄弟!!。
面白かったです~~♪。

なしくずしてきな終わり方が
もったいなかったかな?と思いました。
>NAOさん (Nakaji)
2015-04-29 20:18:01
こんにちは。

そうそう、メリルですべてもっていったって感じの映画でしたよね~
王子でてきたとき鼻で笑ってしまいました(笑)
王子はかっこよくないとな~
>yutake☆イヴさん (Nakaji)
2015-04-29 20:18:43
こんにちは。

こちらこそコメントまでありがとうございます。
そうそう、ファンタジーって感じの映画でしたね♪
>みぃみちゃん (Nakaji)
2015-04-29 20:20:02
メリルがこんなメインだと思ってなったからビックりした。
そうそう、ジョニデだと思っていたら一瞬でまたこれもびっくりだったわ~(笑)

王子ね。。。。王子って言いたくないわ(笑)

終わり方がもうちっとだったね。せっかくファンタジー長編って感じだったのにな~

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

CINEMA(あ)」カテゴリの最新記事

34 トラックバック

『イントゥ・ザ・ウッズ』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
むかしむかし、パン屋の夫婦は子供を授からないことに長い間悩んでいたが、ある日訪ねてきた隣家に住む魔女から、それは自分がかけた呪いの所為だと聞かされる。その呪いを解くためには「白い牡牛」、「赤いずきん」、「黄色い髪」、「黄金の靴」の四つが必要だと言われ、...
『イントゥ・ザ・ウッズ』  (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「イントゥ・ザ・ウッズ」□監督 ロブ・マーシャル□脚本 ジェームズ・ラパイン□キャスト メリル・ストリープ、エミリー・ブラント、ジェームズ・コーデン、        アナ・ケンドリック、クリス・パイン、ジョニー・デップ■鑑...
イントゥ・ザ・ウッズ (本と映画、ときどき日常)
監督 ロブ・マーシャル 出演 メリル・ストリーブ     エミリー・ブランド     ジェームズ・コーデン 子宝に恵まれないパン屋さんの夫婦。 実は魔女に呪いをかけられていた。 その呪いを解くために準備するもの… 赤のずきん 真っ白な牛(ジャックと豆の...
イントゥ・ザ・ウッズ (試写会) (風に吹かれて)
めでたしめでたしのあとも人生は続く 公式サイト http://www.disney.co.jp/movie/woods3月14日公開 ブロードウェイミュージカルの映画化 監督: ロブ・マーシャル  「
イントゥ・ザ・ウッズ (だらだら無気力ブログ!)
ディズニー作品で童話のキャラが出るから、アナ雪みたいに子供が楽しめるかと思ったけれど、コレ、子供は全然楽しめないな。
映画「イントゥ・ザ・ウッズ」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2015/3/19、109シネマズ木場。 1番シアター。良い席の2列目、I列を選択。 * メリル・ストリープ、アナ・ケンドリック、エミリー・ブラント、 ジェームズ・コーデン、クリス・パイン。 * 物語は日頃の生活に何らかの不満を抱いている人たちの歌で始まる...
イントゥ・ザ・ウッズ~Once in a Blue Moon (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ミュージカル。ロブ・マーシャル監督。メリル・ストリープ、エミリー・ブラント、ジェームズ・コーデン、アナ・ケンドリック、クリス・パイン、トレイシー・ウルマン ...
「イントゥ・ザ・ウッズ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Into the Woods」2014 USA/UK/カナダ 古典的なおとぎ話をベースに描いたミュージカル。 魔女に「8月の家族たち/2013」のメリル・ストリープ。 パン屋の主人に「ワン チャンス/2013」「はじまりのうた/2013」のジェームズ・コーデン。 パン屋の妻に「砂漠で...
イントゥ・ザ・ウッズ/メリル・ストリープ (カノンな日々)
シンデレラや赤ずきんなどの童話スターたちのその後を描きトニー賞を受賞した人気ブロードウェイ・ミュージカル作品を名匠ロブ・マーシャル監督がメリル・ストリープ、エミリー・ ...
イントゥ・ザ・ウッズ (♪HAVE A NICE DAY♪)
いや~~~ダークだ~~~ 映像もずっとダーク でも、これはこういうストーリーなんだ!と 自分に言い聞かして、私は楽しみました(笑) ミュージカルなので、セリフも歌ってて それが、皆さん上手で!難しいのに凄いなあ~ ジョニーのおおかみ 可愛くてかっこよくて....
イントゥ・ザ・ウッズ (映画好きパパの鑑賞日記)
 最近のディズニーは勧善懲悪のおとぎ話を壊すことに力を入れているような気がします。本作はその最たるもので、ディズニーのファミリー向け作品を期待していったらびっくりするでしょう。ただ、おとぎ話部分とシビアな部分の食い合わせがあまり良くないような気がしまし...
「イントゥ・ザ・ウッズ」 (或る日の出来事)
おとぎ話のクロスオーバー。
『イントゥ・ザ・ウッズ』 2015年3月14日 TOHOシネマズ日劇 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『イントゥ・ザ・ウッズ』 を鑑賞しました。 私は悪くは無いと思いますが、ガッカリする人は多そうだ(笑) 【ストーリー】  魔女(メリル・ストリープ)に呪いをかけられたために子供のいない夫婦は、「子を授かりたければ、四つのアイテムを森から持ち帰るのだ」と魔...
イントゥ・ザ・ウッズ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
四つの童話をうまく組み合わせて、物語が破綻しないのは原作がいいからだろう。子供向けではなく、大人が子供の頃を思い出しながら観る映画になっていた。「I wish(お願い)」が実現するのが童話の世界だけど、現実は簡単ではなくて助け合いが必要だと教えてくれる。分別...
映画「イントゥ・ザ・ウッズ」 (しづのをだまき)
2014米 130分
『イントゥ・ザ・ウッズ』をトーホーシネマズ六本木2で観て、アナ・ケンドリックは好きよふじき★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★二次創作っぽい】   お伽話のこれとこれをくっつけたら面白そうて、素人考えだよなあ。 纏まってるからそんなに素人発想に見えないけど。 後半、怪獣映画 ...
『イントゥ・ザ・ウッズ』 (こねたみっくす)
ミュージカル映画なのにリズムがない! ディズニーへのアンチテーゼが盛り込まれたブロードウェイミュージカルをディズニー自らがロブ・マーシャル監督を迎えて製作したこの作品 ...
映画『イントゥ・ザ・ウッズ』★物語がモリだくさんで大“もり“上がり\(^o^)/ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/166567/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   1987 年初演のブロードウェイミュージカルだそうです。 作詞・作曲 スティーブン・ソンドハイム  ←すば...
劇場鑑賞「イントゥ・ザ・ウッズ」 (日々“是”精進! ver.F)
本当の幸せとは… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201503140000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】イントゥ・ザ・ウッズ オリジナル・サウンドトラック -デ...価格:3,780円(税込、送料込) ★アメリカ版★...
イントゥ・ザ・ウッズ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(11) 出た!セリフが歌って、冒頭からドン引き。
「イントゥザウッズ」、おとぎばなしをテーマにしたブロードウェイミュージカルの映画化 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ 春休みになって、子供向け映画花盛りで、大人物は寂しい。 この映画、題名は難しいが、童話のその後を描いた子供向けともいえる映画だが、不倫とかちょっと子供向けではない部分があり、要は大人向けの童話だ。 かなりシニカルで、童話のその後であ...
イントゥ・ザ・ウッズ (Akira's VOICE)
『木を見て森を見ず』体感ムービー。  
イントゥザウッズ (シネマ日記)
シンデレラが浮気されて~って面白そうやん、と思って見に行きました。「イントゥザウッズ」というミュージカルは有名らしいのですが、ワタクシは全然知らなかったので、ミュージカルとどう違うからイヤだとかそういう感想もないし、シンデレラが浮気されるくらいなんだか...
映画:「イントゥ・ザ・ウッズ」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成27年3月18日(水)/。 映画:「イントゥ・ザ・ウッズ」。 監  督:ロブ・マーシャル 脚  本:ジェームズ・ラパイン 作  詞:スティーブン・サンドハイム 作  曲:スティーブン・サンドハイム キャスト: 魔女:メリル・ストリープ パン屋の...
イントゥ・ザ・ウッズ (2014) INTO THE WOODS 125分 (極私的映画論+α)
うーん・・・ なにもかも中途半端
イントゥ・ザ・ウッズ (そーれりぽーと)
スティーヴン・ソンドハイムのヒット・ミュージカルをディズニー資本で映画化した『イントゥ・ザ・ウッズ』を観てきました。 ★★★★ オリジナルのミュージカルは未見。 数々のお伽話を長編アニメ映画化してきたディズニーが映画化したのだから、キャラクターの容姿を...
『イントゥ・ザ・ウッズ』 (beatitude)
長年子どもを授からないことに悩んでいたパン屋の夫婦(ジェームズ・コーデン、エミリー・ブラント)は、その原因が魔女の呪いにあったことを知る。ある日、突然訪ねてきた魔女(メリル・ストリープ)から「呪いを解くためには、森に入って〈白い牛、赤い頭巾、黄色い毛、金の...
森へ~『イントゥ・ザ・ウッズ』 (真紅のthinkingdays)
 INTO THE WOODS  パン屋を営む夫婦(エミリー・ブラント、ジェームズ・コーデン)は、子宝に 恵まれないことを悩んでいた。自分たちに魔女(メリル・ストリープ)の呪い がかけられていると知った二人は、呪いを解く4つの品々を魔女に捧げる ため、...
もう1つの おとぎ話 (笑う社会人の生活)
6日のことですが、映画「イントゥ・ザ・ウッズ」を鑑賞しました。 試写会にて 魔女の呪いのせいで子どもがいないパン屋の夫婦は 子どもが欲しければ「赤いずきん」「黄色い髪」「白い牛」「黄金の靴」 これらを森から持ち帰れと魔女に命じられ森へ向かう 時を同じく 赤...
「イントゥ・ザ・ウッズ」 森が象徴するもの (はらやんの映画徒然草)
おとぎ話やディズニーのアニメでお馴染みの「シンデレラ」「赤ずきん」「ジャックと豆
イントゥ・ザ・ウッズ (心のままに映画の風景)
子供が欲しいと願うパン屋の夫婦( エミリー・ブラント、ジェームズ・コーデン)。 ある日、隣に住む魔女(メリル・ストリープ)から、子宝に恵まれないのは、自身がかけた呪いのせいだと教えられる。 呪いを解くためには、“ミルクのように真っ白な牛”(ジャックと...
映画:イントゥ・ザ・ウッズ Into the Woods 名作のhappy ever afterのその後を描く 異色のディズニー映画 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ミュージカルの映画化らしいが、ほとんど無知識のまま鑑賞。 登場するのは、ディズニーのおかげで?有名になったキャラたち、が大集合! それらは、 ・シンデレラ ・赤ずきん ・ジャックと豆の木 ・ラプンツェル それぞれの運命がからみあいつつ、各々の定番物語が展...
『イントゥ・ザ・ウッズ』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
『イントゥ・ザ・ウッズ』を観てきました。 ブロードウェイで人気のミュージカルをディズニーが実写に。こういった映画化に実績のロブ・マーシャルが監督を引き受ける。シンデレラ・ジャックと豆の木・赤ずきん・ラプンツェルなど人気のコンテンツが微妙に絡んでくるので...
イントゥ・ザ・ウッズ (いやいやえん)
【概略】 世界中で愛されるグリム童話を現代版にアレンジしたストーリーに登場するのは、シンデレラ、ラプンツェル、赤ずきん、ジャックと豆の木のジャックなど、願いを叶えたはずの“おとぎ話”の主人公たち。そして、彼らを待ち受けていた驚くべき運命とは…!? ミュ...