C’est joli ここちいい毎日を♪

セジョリ♪映画三昧・ドラマ三昧・食などなど自分の好きなことを!映画はネタバレありです。TBが廃止になりました・・・

リリーのすべて

2016-05-21 22:22:52 | CINEMA(ら~その他)
リリーのすべて
'15:イギリス ドイツ アメリカ


映画「リリーのすべて」オリジナル・サウンドトラック


◆原題:THE DANISH GIRL
◆監督:トム・フーパー「レ・ミゼラブル」「英国王のスピーチ」
◆主演:エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィキャンデル、ベン・ウィショー、アンバー・ハード、マティアス・スーナールツ

◆STORY◆1930年。デンマークに住む風景画家アイナー・ヴェイナー(エディ・レッドメイン)は、ある日、肖像画家である妻のゲルダ(アリシア・ヴィキャンデル)に頼まれ女性モデルの代役を務めることに。これをきっかけに、アイナーに内在していた女性性が目覚めていった。次第にリリーという名の女性として過ごすことが多くなっていき、心と身体との不一致に苦悩を深めていくアイナー。ゲルダもまた、アイナーが夫でなくなっていくことに困惑するものの、やがてリリーこそがアイナーの本来の姿であると理解し受け入れていく。そしてパリに移住し解決の道を探す二人の前に、ある婦人科医が現れる――。

第88回アカデミー賞助演女優賞受賞作品

世界初の性別適合手術を受けたデンマーク人画家リリー・エルベと、その妻ゲルダとの愛を描いた伝記ドラマです。ガホンを取るのは、第83回アカデミー賞の4部門で受賞した『英国王のスピーチ』などのトム・フーパーです。

いやーーーーーすごいラブストーリーをみたな~って感じでした。
なんかエンドロールでわけのわからん感情で涙がとまらなかったです。
1930年代に世界で初めて性別適合手術を受けたデンマーク人がいたということにも驚きだったけど、
この奥さんの強さ、愛の深さにもただただ涙がでました。

デンマーク人画家リリー・エルベ、はじめはモデルをやるのに女装したのかな?
そこからはじまって、自分の潜在意識の中の何かがはじけたように、
女装して町へ繰り出すようになったんだよね~
そして彼はリリーという女性のようにふるまい、男性を愛することをかくさなくなっていくんだよね。

リリーはとっても目覚めて、女装してどんどんきれいになっていくんだよね。
男性としては線もほそいからか、そしてしぐさもどんどん女子になっていく。
なんかエディ・レッドメインが本当にきれいでさあ・・・・ドキってするくらいきれいになっていた。
でも、彼が目覚めてきれいになればなるほど、奥さんの気持ちが本当にいたたまれなくなった。

ゲルダは愛する気持ちがまだあるから、変わっていく旦那さんをみてると微妙な気持ちになるんだよね。
でも、1930年代、「LGBT」への偏見というよりは、病気だって診断される旦那さんをみて、
彼は病気なんじゃない、女性なんだって言い切る彼女は本当に素敵でした。

「私は、もうアイナーじゃない。リリーです。女性として生きていきます」
っていって適合手術をうけにいく夫を見送る彼女の姿が本当に泣けました。手術後大変なことになっていた旦那さんを支えるのも奥さん。なんか本当に愛の深いすごい人だなって思いました。
リリーに変わってからの旦那さんも彼女はずっと支えるんだよね~
女性はどうしても奥様のほうに意識がいっちゃうよね。
自分だったらこんなに献身的に変わっていく旦那さんを支えてあげれるのだろうかって考えちゃうよね~

アリシア・ヴィキャンデルが本当に素晴らしかった。
彼女の強い感じだけどかわいらしさもあるそんな感じがほんとにこの奥様の役にあってたな~

すごい愛のかたちがあるもんだな~って思いました。

Nakajiの満足度 ★★★★(4.5) 3/19  劇場鑑賞 17 作
映画「リリーのすべて」オリジナル・サウンドトラック
ユニバーサル ミュージック
ユニバーサル ミュージック

リリーのすべて【DVD化お知らせメール】 [Blu-ray]
クリエーター情報なし
メーカー情報なし

女流画家ゲアダ・ヴィーイナと「謎のモデル」 ~アール・デコのうもれた美女画~
ゲアダ・ヴィーイナ
新書館

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 今日のラーメン 麺・吉平@... | トップ | 今日のランチ Family & Dini... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いい映画でした~ (真紅)
2016-05-23 12:36:05
Nakajiさん、こんにちは~。コメント&TBありがとうございました。
この映画、ほんとよかったですよね~。
風景や美術、衣装も素敵でした。
そして何よりゲルダの愛よね~。
間違いなく今年ベストの一作ですね!
深い (NAO)
2016-05-23 16:04:08
リリーにとっては、幸せでしたが
ゲルダにとっては幸せと苦悩が相反した人生だったかもしれませんね。

ゲルダの愛の深さに感動し、またゲルダの気持ちを
考えると心が苦しくなりました。

映像や美術・衣装、ほんとにマッチしていて素敵でしたね☆
こんにちは (たいむ)
2016-05-24 10:39:54
そうそう、リリーのお話だけど、ゲルダが真の主人公って目線で見ていたように思います。
ツラいのは本人だけれど、見守る方も匹敵するくらいツラいし大変なのですよね。
>真紅さん (Nakaji)
2016-05-29 22:21:20
本当に今年のベストにはいってきそう!!!
この映画やばかったです。
ラスト涙がとまらなくて。。。
なんかゲルダの愛が深くて泣けました。
>NAOさん (Nakaji)
2016-05-29 22:34:50
こんにちは。
本当に映像や衣装が素敵でしたね~!!!

ゲルダを思うと涙が止まりませんでした。
彼女は本当に幸せだったのかって思いましたね~
>たいむさん (Nakaji)
2016-05-29 22:36:08
こんにちは。
はっきりいってゲルダ目線で見てました。
本当に見守るほうがつらいって思いました。だって愛してる人がどんどん女性になっていくんですよね。目の前で・・・
耐えれるかなって思いますよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

CINEMA(ら~その他)」カテゴリの最新記事