C’est joli ここちいい毎日を♪

セジョリ♪映画三昧・ドラマ三昧・食などなど自分の好きなことを!映画はネタバレありです。TBが廃止になりました・・・

ベニシアさんの四季の庭

2014-01-14 22:18:59 | CINEMA(日本)
ベニシアさんの四季の庭
'13:日本



◆監督:菅原和彦
◆主演:ベニシア・スタンリー・スミス、梶山正、梶山悠仁、蜂巣ジュリー、蜂巣浄、蜂巣主慈

◆STORY◆英国貴族の家系に生まれるも19歳で祖国を旅立ち、世界放浪の後に日本を訪れ、京都・大原の古民家で自然と調和した暮らしを営むベニシア・スタンリー・スミスさん。庭で育てた100種類ものハーブを幅広い用途に生かし、日本の四季とイギリスの伝統をミックスさせた日々の暮らしをカメラが捉える。また離婚や娘の病気など、数多くの試練を乗り越えてきた彼女の半生にも迫る。

今年1作目はドキュメンタリー映画です。

NHK番組「猫のしっぽカエルの手 京都大原ベニシアの手づくり暮らし」で知られる京都在住のイギリス人女性ベニシア・スタンリー・スミスの暮らしを捉えたドキュメンタリーです。
Nakajiは、NHKのテレビでこの人の番組みたかも?って程度の知識です。

この人すごい人なんですね。
由緒正しい英国貴族の家系に生まれながらも、19歳で放浪の旅に出かけ、
いろんな人に出会い、大原の山裾にたたずむ古民家での暮らしを選んだらしい。。。

この人のイギリスにいって、家が見えてきましたって言ったのがお城。。。
この人ってどんな人??って思いましたよ~(笑)
なんでこんな人が大原に?ってなおさら思いました。
曽祖父の兄はイギリスの外相・インド副王だったからインドに行ったのかな??
この生活をすてて、放浪の旅にでるってとこがすごいわ~
この人、世間知らずのただの貴族の人で、庭でハーブ育ててますって
感じの人かと思ったけどぜんぜん違うんだね、人生は波乱万丈そのもの!
結婚と離婚、3人の子供を抱えるシングルマザーとしての苦労、
娘の病気、二度目の結婚の離婚の危機、夫の事故…
でもどこまでも前向きでどこまでも折れることを知らず、
ひたむきに生きた人生にとっても感動しました。

「人生では様々な問題が起きます。たとえ嵐の中でも動き、踊ることが人生なのです」
「許すとは過去を手放すこと」

とかこの人の言葉って本当に重みがあるというか、すごい人だな~って思いました。
人生を悟ったからこそこの言葉って出てくるんだと思います。
この人のエッセイみたいかも~

ベニシアさんは今日も庭で約100種類のハーブの世話をして過ごしています。
ハーブって食べるだけかと思ったらいろんなことができるんですね。
ラベンダーと蜜蝋で家具用ワックスをつくって古い木製の箪笥を磨いたり、
なんかこんな生活っていいな~って思いました。

「ガーデニングは変わりゆく絵を描いているようなもの」って本当ですね。
自然と支え合って、自然に調和し、そして大原に受け入れられて、
おだやかな暮らしをつむぐ、ベニシアさんってすごいな~ってあらためて思いました。
こういった生活って理想だよね。
好きなハーブに囲まれて、自然のものを食べて体にいい料理をつくって好きな家族と暮らす。
でも、ここまでくるまでに、ベニシアさんは大変な思いをして乗り切ったんだろうな~って思いました。

HPをみると庭を見にいく人がふえているとか、、、
見たい気持ちはわかるけど、周りの人も一般の人だから、そっとしてあげてほしいって思いますね。

Nakajiの満足度 ★★★(3.5)  1/11 劇場鑑賞 1 作目
映画 ベニシアさんの四季の庭 オリジナルサウンドトラック
スザクミュージック
スザクミュージック

DVD‐BOOK ベニシアの手づくり暮らし 猫のしっぽ カエルの手 ―春夏編―
ベニシア・スタンリー・スミス
世界文化社

コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 今日のランチ uchikawa六角... | トップ | 口福ダイニング しあわせの香... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

CINEMA(日本)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

映画・ベニシアさんの四季の庭 (読書と映画とガーデニング)
2013年 日本 映画は、2009年から4年間NHK・BSで放送されていた「猫のしっぼ カエルの手 京都大原ベニシアの手づくり暮らし」を再編集、新たな映像を加えたものです 「猫のしっぽ~」は知っていましたが、たまたまチャンネルサーフィンをしていて見つけた番組、と...
ベニシアさんの四季の庭 (あーうぃ だにぇっと)
ベニシアさんの四季の庭@シネマート六本木
『ベニシアさんの四季の庭』 2013年8月21日 シネマート六本木 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ベニシアさんの四季の庭』 を試写会で鑑賞しました。 京都はいいところですね そして、せわしない、せかせかした映画の多い中、ゆったりとした映画でした。 【ストーリー】  英国貴族の家系に生まれるも19歳で祖国を旅立ち、世界放浪の後に日本を訪れ、京都・大原の...