C’est joli ここちいい毎日を♪

セジョリ♪映画三昧・舞台三昧・食などなど自分の好きなことを!映画はネタバレありが多いです。

ジュラシック・ワールド

2015-10-11 21:28:33 | CINEMA(さ)
ジュラシック・ワールド(3D)
'15:米


ジュラシック・ワールド【DVD化お知らせメール】 [Blu-ray]


◆原題:JURASSIC WORLD
◆監督:コリン・トレボロウ
◆出演:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、タイ・シンプキンズ、ニック・ロビンソン、ヴィンセント・ドノフリオ、ジェイク・ジョンソン、オマール・シー、B・D・ウォン、ジュディー・グリア、イルファン・カーン

◆STORY◆コスタリカ沖の島に建設された“ジュラシック・ワールド”は、本物の恐竜を身近に体験できるテーマパーク。安全な環境の中で、訪れた家族連れが様々な恐竜たちの動き回る様子を見て楽しんでいた。その全てを監督するのは、出世に意欲的な野心家のクレア(ブライス・ダラス・ハワード)。そこへ、彼女の2人の甥、16歳のザック(ニック・ロビンソン)と11歳のグレイ(タイ・シンプキンス)がやって来る。相手をする時間のないクレアは、甥たちにフリーパスを渡して自由に見学させる。恐竜たちを蘇らせたのは、遺伝学者ヘンリー・ウー博士(B・D・ウォン)。ジュラシック・ワールドの後援者で億万長者のサイモン・マスラニ(イルファン・カーン)の下で研究を続けていたが、パークをビジネスとして成功させるためには、リピーターを増やさなければならない。それには、毎年新しい種を創り出す必要があった。プレッシャーを感じたウー博士は、倫理上の一線を越えて遺伝子操作を行ってしまう。それは、史上初の遺伝子組み換え恐竜の誕生だった。秘密裏に誕生した大型恐竜インドミナス・レックスの性質は謎に包まれており、遺伝子構造に関するデータも機密情報として扱われ、隔離状態で飼育されていた。その生態と安全性を確認するため、クレアはメイン・パークから離れた研究施設に勤務する恐竜行動学のエキスパートで元軍人のオーウェン(クリス・プラット)を訪ねる。そこへ、インドミナス・レックスが逃亡し、ジャングルの奥深くへ姿を消したとの連絡が。それは、恐竜も人間も、パーク内の生き物すべてが危険に直面したことを意味した。2人の甥の身を案じるクレア。彼らは周囲360度が見渡せるアトラクション“ジャイロスフィア”に乗って恐竜の間を回っているのだ。パニック状態の中、救出に向かうオーウェンとクレア。他の恐竜たちも逃げ出し、安全な場所が失われたパークに残された人々の運命は……

スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務める、『ジュラシック』シリーズ第4弾となるアドベンチャー大作です。
恐竜をテーマにした巨大テーマパークを舞台に、遺伝子操作によって生み出された新種の恐竜が脱走、人間や恐竜を襲うさまを臨場感たっぷりに描き出しています。

試写会で見てきました!

昔、ジェラシックパークを見たときに、怖い!って思ったのだけは覚えていたんだけど、
復習もせずに見に行きました(笑)22年前なんだね~

やっぱりあのテーマ曲が流れるとテンションあがるんだな~
いやーーー本当に面白かった!これは3Dでみてもまったく苦痛にもならずに楽しみました。
とにかく映像がすばらしかった~テーマパークだよね!!!!
ハモンド氏の夢は今やテーマパーク「ジュラシック・ワールド」になっているだ!
ってことで冒頭からワクワクしてしまったわ~!
とにかくテーマパークが楽しい!恐竜の中を透明な車?で行き来できたり、
シャチショーのように会場で獲物を食べるのを見れたりと、
ワクワクと楽しいひと時が繰り広げられる中、新種の恐竜が逃げた?って恐怖がやってきます。
まだ知らない園内の人たちは楽しんでいるのに、この逃げた恐竜をおっている人の緊張感というか、
強すぎる恐竜にハラハラしたりと、あーーー1の時もこんなかんじだったな~って思いました。
恐竜をてなずけているように見えて、やっぱり野生というかすごかったな~

翼竜の群れが襲いかかってくるのは鳥をみてるようで怖かった~
大人がひょいって連れていかれしまうのをみて、やっぱり恐竜でかいんだわって思ったりしてました(笑)

ヴェロキラプトルとの関係がよかったな~
狙うような目をするところはやっぱりこわって思うんだけど、過ごした月日はわすれていないというか、
人間との関係性がよかったな~だって最後は最後はTレックスと共にハイブリッドに立ち向かっていくんだよ。
そして、戻らないって目をした表情になんかぐっとくるものあったな~

オーウェンかっこよかった~
女子ーは、なんかさあ、ヒールで走り回るのはどうかと思いながらみてたけど、
最後にTレックス思い出したのはナイスって思ったわよ(笑)
そして最後はTレックス!
とにかく画面に出てきたときはなんかおーーーーーって思いました。やっぱりかっこいいわ。

しかしこの後、22年前のジェラシックパークみたけど、今見ても面白いんだよね~

Nakajiの満足度 ★★★★(4.5) 7/16  劇場鑑賞 56 作
ジュラシック・ワールド (竹書房文庫)
入間 眞
竹書房

Jurassic World / O.S.T.
Backlot Music
Backlot Music

コメント (4)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« あなたを注文します-劇場版- | トップ | 今日のランチ イタリアン食... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (みぃみ)
2015-10-16 10:20:23
1番最初の作品、恐かったですよね。
今回の作品にも所々同じ(ような)場面があって、
しっかり覚えてる事にびっくり!しました。
怖いと同時にとっても面白かったんだな~、
いい作品だったんだな~と…。

ラプトルちゃん、めっちゃ応援してました。
投げ飛ばされたところは、切なくて涙目に…。
>みぃみちゃん (Nakaji)
2015-10-19 10:43:54
こんにちは。
そうそう、なんか私もあーーーこんなシーンあったな~って思ってた。それほど1作品目がインパクト強かったんだろうな~
今のようなすごい技術使っているわけじゃないのに、すごく怖かったよね。
今更ながら (りお)
2015-10-24 11:01:37
お邪魔します(^^ゞ
試写会で3Dだったんですねー羨ましい!
すごく迫力あったでしょう!
わたしは止む無く2Dで観たけど、
やっぱりこういうのは3Dで観るべきだよなあとしみじみ思ったもん。

シリーズ1作目はホント面白かった。
比べるとアレだけど、今作も悪くはなかったね。
>りおちゃん (Nakaji)
2015-10-30 17:57:25
そうそう!3Dの試写会だったよ!
それも字幕で!!!!パーフェクトだわって思っていた(笑)

1作目って本当に面白かったよね~
なんかドキドキ感がさあすごかったもん。今回も結構好きでした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。