枇杷

枇杷の葉でお茶を作ってます。

160 *脳梗塞のステント留置手術の説明はNO:158へもどる*

2015-08-27 | 脳梗塞

2015/08/27 (木曜日) 現在は一般の病棟で持続点滴をしながら

 テレビを観たりして、寛いでます。娘や孫たちが手術の前に

 ☆☆神社にお参りに行って”病気が治る様に~祈願のお守りも

 娘は父親の為&自分の心の支えである父親を想って?安心の為・

 

 *有るときには数年前?皆でお正月に?年末に?おじいちゃんが

 元気のパワーが出るように”そのパワースポットに娘が連れて

 いってくれました。本当に有り難いことです。息子やお嫁さんは

 *来週にはお見舞いにきてくれるようです。おじいちゃんも

 

 *これからは、皆に支えられて。生きてゆくことでしよう。

     

 *前後しますが~ステントの治療の方法をあるHPの資料を参考に記載させて

 頂いてます。のでご興味のある方はNO:158をご覧ください。

 *枇杷*NO160  

 余談~

 今日はあるお店で”生まれて2か月のうさちゃん”に会って

 少しの間、牧草を取る為にしっかりと立って吊るしてある草を

 頻繁に食べていたり~のんびりと毛づくろいをしている姿を

 みて癒されました。何度も立つ光景がなんとも可愛いのでありました。

*娘の家のフアミーは牧草の座布団は食べてしまって~。まだ

 小屋が7割は残っています。小さい頃からこの牧草をお腹が空いたら

 *食べる習慣をつけていた方がいいらしいです。ペレットばかり

 よりも、いいらしいです。繊維が多いからでしょうか?

 

 *うさちゃんの~についての本を読んでいると勉強にもなりますね。

 おわり

 

 

コメント

151 脳梗塞のステント治療

2015-08-19 | 脳梗塞

  2015/08/19 (水曜日) 

 最近は少し忙しいので、本屋にて(世界の美しい飛んでいる鳥)

 の本を見つけては”開いて見たり~メモしたり~”リラックスです。”

 

 *平常心を保つために癒し系の音楽を聴いたり~うさちゃんに

 会いにいったり、孫たちと一緒に外食。そして仕事も時々・

 と・今までに撮影したお気に入りの写真をピンクのUSBメモリーから

 PCに取り込んでブログに掲載したりしております。

 

   

 数日前に来週の水曜日にステントの治療が(留置する為の手術)

 が行われることになった。昨日はCT(造影剤を使った)検査を

 我が家の”よっちゃん”が受けた。珍しく2時に面会に行くと~・

 

 *検査を終えた後での延食のあとだった。パン等をたべた様子。

 いよいよ~ステントとかの手術である。こちらも詳しくは説明を

 受けて無いので(再入院後に頸部の太い血管がかなり狭くなっている事)

 :手術をするかどうかを確認!3~1?割位の血管の流れしかない

 状態。で今回、脳梗塞が再発!

   

 

 *(2年前にも左手が痺れる~の症状あり~)

 早朝4時頃に脳梗塞を発症(前兆ありで~だんだん歯磨きがしにくい?)

 とか言っていたのでした。

 

 *様子をみながら入院の準備も少し、しながら、近医を受診

 したのが8時:CT?MRI?などは、発症してすぐには

 出ないらしい(日曜日にも検査専門の☆☆なので受診)

 

 *そういう訳で救急車で県病院までいけば良かったのかもですが

 遠慮してか?病状がそれ程深刻でもないと、判断して(遠慮はダメかも)

   

 

 *30分車を走らせて県病院まで行きました。9時に受け付けを終えて

~待つ事、90分後に診察、日曜日でも数人が診察を待っていました。

 *よっちゃんも:診察を30分位かけて終了にてなんの??

 CTやらMRIの検査もなしで11時には帰っていいとか・

   

 

 

 *Drに言われてしまった!!~そんなぁ~ばかなぁ~と

 心の中で呟いて、仕方なく支払の場所に移動中に!!

 

 *やっぱりDrも心配になったようでして~脳神経内科の

 Drに相談したようでした。こちらが思うに~。結局

 

 *あれよ~これよと検査にて右側に2個も脳梗塞がありました。

 4時頃からおかしかったのだから~救急車で大げさだけれども

 運ばれていたら~。もっと早くに脳に負担をかけずに治療が

 できたのかも?それから3時前くらいに?救命救急センターにて

 24~36時間は集中治療室で面会も鍵を開けてもらって~。

   

 

 *再発を予防する目的での数日間の入院でした。

 退院後も数か月間は運転はしないようにしてました。

 

 *2年前の9月末~10月4日の入院生活。今回は2度も発症で

 今までに3回の脳梗塞です。右側の頸部の血管を定期的に

 検査をしていたならばもっと梗塞になるのを防げたのかも?

 

 *すべてはどうしょうもないことではありますが~

 とにかく少しでも異常があれば、できるだけ早く治療を

 受けるべきなのだと痛感しました。今回の手術でも

 

 *また狭窄となる事もありのようですが。とにかく

 素直に治療は受けることに・ステント治療については次回に~・

 

 *枇杷*NO:151 画像の追加は再投稿 8月20日

   

 

コメント