20階の窓辺から

児童文学作家 加藤純子のblog
毎日更新。児童文学情報・日々の暮らし・超高層からの眺望などニュース満載。

新刊文庫ご紹介4冊

2012年12月05日 | Weblog
 皆さまにご恵贈いただいているご本のご紹介がすっかり遅れてしまい申し訳ございません。
 今日は、文庫本の新刊4冊をご紹介いたします。

             

『忍剣花百姫伝 決戦逢魔の城』〔越水利江子・ポプラ社文庫〕

 ご存知人気シリーズ『忍剣花百姫伝』シリーズ第4巻です。
 いよいよシリーズは、佳境に入ってきました。
 霊剣・天竜剣に選ばれし八剣城の姫である花百姫は、「捨て丸」と名乗り生きています。
 その捨て丸が時空の扉をひらき、十年前の時間に降り立ちます。
 亡者の軍勢に決死の闘いに挑む捨て丸の運命は・・・。
 シリーズクライマックスの臨場感と、緩急の効いた艶やかな文章で読ませる、花百姫の世界のうつくしさに、酔いしれます。

             

『新島八重』(国松俊英・フォア文庫)

 やはりこれも、ご存知フォア文庫の人気の「歴史ドラマのヒーロー・ヒロイン」シリーズです。
 来年のNHK大河ドラマはこの「新島八重」です。
 江戸時代末期に会津で生まれた八重は、戊辰戦争のときは、髪まで切って戦に出向きます。
 小さい頃から男の子と遊ぶのが大好きな活発な少女でした。
 そんな八重は京都で英語を学び、聖書を読み、洋服で街を闊歩する快活で総明な女性になっていきました。そして八重は新島襄と出会い結婚していく・・・。
 そんな彼女の生涯が描かれています。
 うしろには年表もついていて、江戸から明治にかけての歴史を知ることもできます。
 新島襄の創設した同志社大学ご出身の国松俊英さん、渾身の一冊です。

             

『魔女犬ボンボン』(廣嶋玲子・角川つばさ文庫)

『魔女犬ボンボン』シリーズの第1巻です。
 骨太のファンタジー作品を多数お書きになっている、若手作家のホープである廣嶋玲子さんの、新しい児童文庫シリーズです。
 魔女を目指しているナコは、魔女になるためにはパートナーである猫を見つけなくてはいけません。ところがある日、ナコがパートナーとして連れてきたのは金茶色をした「ボンボン」と名付けた子犬でした。ママ魔女たちは猛反対。
 さて、ボンボンとナコの運命やいかに・・・。
 楽しいお話です。

             

『学校にはナイショ♂逆転美少女花緒』(吉田純子・ポプラカラフル文庫)

 ご存知、人気シリーズ『学校にはナイショ♂逆転美少女花緒』シリーズの第4弾です。
 今回は『プリンセスをプロジュース!?』です。
 華桜女学園に通っている「花緒」は実は江戸時代から歌舞伎の伝統を受け継いでいる板東家の一人息子「花三郎」です。女形の修行のため、花三郎は「花緒」と名前を変え、女学園に通わされたのです。ですからこの物語のキーワードのひとつは「歌舞伎」です。
 今回はその華桜学園の文化祭「華桜祭」が舞台です。そこでは「桜プリンセス」と呼ばれるコンテストがあります。花緒たちがプロジュースしたのは双子の姉妹である「月子」。なんとライバルである摩莉亜たちが立てたのは、もうひとりの双子の「星子」です。
 今回のストーリーも吉田さんらしい工夫満載です。

 皆さまぜひこの4冊を、お読みになってください
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 『ゴシック様式成立史論』(... | トップ | 国際子ども図書館を考える全... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (のりお)
2012-12-05 10:00:14
 日曜日に娘と貰ったチケットで映画を観てきました。
吉永小百合主演の「北のカナリアたち」

8歳には無理かと思っていたら・・

「アニメもいいけどこういうのもいい」って。

なにか感じてくれればそれでいいです。

本は上の年齢向けだと難しいですかね??
Unknown (吉田純子)
2012-12-05 13:16:29
お忙しい中、拙著をご紹介くださり、ありがとうございます!
今、五巻目の執筆中です。
まだまだ未熟ではありますが、頑張って書いていこうと思っております。子どもたちに笑ってもらえる作品を目指します!!!!!
いつも、本当にありがとうございます!!!!!1149
Unknown (加藤純子)
2012-12-05 13:30:39
のりおさん

お嬢ちゃんはずいぶん渋い映画でもご覧になれるのですね。
すごいですね。すばらしい感性をお持ちなのでしょう。
本は年齢とともに、ちょっとだけ上の学齢の本を読みたがるようですよ。
中学生くらいになると大人の本に向かいますしね。
本好きのお嬢ちゃんになるといいですね☆
Unknown (加藤純子)
2012-12-05 13:31:57
吉田さん、

ご紹介が遅れてしまいごめんなさい。
5巻を執筆中ですか。
吉田さんの作品への工夫のあれこれ、子どもたちはきっと楽しみながら読んでくれていると思います。
10巻、20巻と続くよう、がんばってくださいね☆
Unknown (吉田純子)
2012-12-05 17:04:28
はい!
がんばります!

先ほどの、コメントで、数字の入力をコメント上に書いてしまいました、失礼いたしました。
Unknown (加藤純子)
2012-12-06 08:48:16
吉田さん

楽しみにしております☆
ありがとうございました! (りえ子)
2012-12-10 10:32:10
純子さま
『忍剣花百姫伝』のご紹介ありがとうございました~
来年1/4に5巻が発売されまして、5月には7巻完結します。5巻は那須田淳さんが解説を書いて下さいました。
純子さまはじめ応援して下さる皆さまのおかげ、読者さんのおかげ…足をどっちに向けて寝ていいかわかりません~
記事をシェアさせて頂きます
Unknown (加藤純子)
2012-12-10 13:06:10
りえ子さん

『忍剣・・・』シリーズを読ませていただくたびに、感心してしまうのは、りえ子さんの筆の力です。

緩急を効かせ、書きすぎず、なのに溢れるような叙情性を描写なさっている・・・。
そこに魅力的なキャラクターが加わってくるのですから、わくわくしないはずがありません☆
来年の5月に完結ですか・・・。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事