20階の窓辺から

児童文学作家 加藤純子のblog
毎日更新。児童文学情報・日々の暮らし・超高層からの眺望などニュース満載。

遊び心

2018年12月30日 | Weblog

          

          

 昨日から、やっと少しづつ、お正月の準備を始めています。 

 うちは、フローリングではなく全室カーペットが敷き詰めてあるので、お掃除ロボも使えないし、掃除機をかけて、コロコロをやったり・・・。

 ダイソンの掃除機でやっても、通販生活のマキタの掃除機でも、どこか達成感がありません。

 お掃除の業者さんに、やってもらってもダメです。

 ダイソンの掃除機は重いので、腕と指が痛くなり、近頃はもっぱらマキタの掃除機ばかり使っていますが・・・。

 

 昨日は、ゆず入り紅白なますを作ったり、まずは日持ちするものから、作り始めています。

 そしては、「買い忘れたものは、なかったかしら?」と、冷蔵庫をのぞいたり・・・。

 ああ、そういえば、いくつかあったザルを、キッチンリフォームの時に、全部捨てていました。

 ザル、今日、買ってこなくちゃ。

 目薬も、夫が「少なくなった」と言っているし・・・。

 気持ちに、ふと、余裕がなくなります。

 

 夫は昨日、顔を洗っていたら、突然ぎっくり腰に。

 しばらくテニスボールをして、腰痛ベルトを巻いて、横になっていました。

 それでも、芍薬甘草湯や、高麗人参を飲んだりして、「大丈夫、大丈夫」というので、高島屋にお買い物に行きましたが・・・。

 ランチも、普通に食べてきました。

 やっぱりテニスボール治療は効きます。

 

 そんなこんなで、忙しいときに、遊び心のあるものを見ると、肩の力が抜けます。

「余裕、余裕」と、軽〜く、自分に言い聞かせます。

 

 今年もあと2日。

 でも考えると、たった一日、時間が経過するだけです。

 それなのに、年の代わりというのは、気ぜわしいものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 来年もロスコ | トップ | お知らせ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事