20階の窓辺から

児童文学作家 加藤純子のblog
毎日更新。児童文学情報・日々の暮らし・超高層からの眺望などニュース満載。

新刊3冊ご紹介

2013年04月26日 | Weblog

 友人の皆さんの新刊を3冊、ご紹介いたします。

      

『恋する和パティシエール』(工藤純子作・うっけ絵・ポプラ社)

『恋する和パティシエール』シリーズの第3巻です。

 今回は「キラリ!海のゼリーパフェ大作戦」

 毎回オリジナリティに富んだ、おいしそうなスイーツを、子どもたちが完成させていきます。

 そのプロセスを、ストーリーと絡めながら、どきどきしながら読んでいく楽しみのあるシリーズです。

 子どもたち自らが作り出すスイーツの楽しさ。

 そして主人公の「杏」、ボーイフレンドの「倫也」、スイーツ作りのライバルである「マリエ」との関係。

 さて、今回はどんな事件が「杏」たちを待ちかまえているのでしょうか。

 いつも、いい味をだしているのが、『杏」のおばあちゃん。

 今回のシリーズでは、『マリエ」の兄がフランスにパティシエの勉強に行ってしまうところから、お話が始まります。

「杏」たちが作り上げた夏らしい涼やかなスイーツ。「海のゼリーパフェ」

 ほんとうにおいしそうです☆

 

        

『命のバトン』(堀米薫・佼成出版社)

 副題に、「津波を生きぬいた奇跡の牛の物語」と、記されています。

 宮城にお住まいの堀米薫さんは、津波被害を受けた宮城農業高校の牛と先生と生徒たちのことをニュースで知ります。

 そこから、堀米さんと宮城農業高校の生徒さんや先生たちとの交流、取材がはじまります。

 読みながら、農業高校の生徒たちが最初はどきどきしながら向き合っていた牛たちと、いつの間にか限りない信頼関係を結び、家族のような関係を結んでいくことになるプロセスを、胸を打たれながら知ることになります。

 そんなところに襲いかかってきた3・11の大地震と津波。

 牛舎や学校が津波に襲われる瞬間の、臨場感を、宮城にお住まいでご自身も牛飼い農家をやっていらっしゃる堀米さんは、目をそらすことなく書き上げています。

 東日本大震災での、津波の被害、放射能の被害に襲われた家畜たちへ鎮魂の思いをこめ、堀米さんが書き上げた大切な記録です。

 そして牛を大切に守り抜いた高校生たちのすがたを描いた、感動のノンフィクションです。

 

         

『もうすぐ飛べる!』(越水利江子作・津田真帆絵・大日本図書)

 このお話は、クラスでいじめにあった、実際の少女をもとにしたお話だそうです。

 滋賀のいじめ問題など、またいじめが社会問題になっています。そんな状況のなか、2000年に発売されたこの本がこのたび復刊されました。うれしいことです。

 作者の越水利江子さんは言います。

「友だちを救うのは、スーパーマンみたいな勇気じゃない」と。

 いじめを受けている子どもたちへの、大きな愛と、メッセージの込められた一冊です。

「子どもが死においつめられないように。そんな思いをこめて」と。

 作中で、いじめられてひとりぼっちの「春海」が、「青木くん」とつながりあう瞬間。

 その空気が、ざわっとかわる瞬間が鮮やかです。

 ひとりでもたくさんの子どもたちに、春海が感じたその瞬間と同じ思いを体験してほしいと思います。

 

 皆さま、この3冊、ぜひお読みになってください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« さざ波 | トップ | 『飛ぶ教室 2013春』(光村... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (りえ子)
2013-04-27 13:35:33
純子さま
『もうすぐ飛べる!』のご紹介ありがとうございました~
こんどこそ、この物語を必要とする子どもたちへ、児童をフォローなさっている先生方に届くように、願ってやみません。
Unknown (加藤純子)
2013-04-27 15:41:55
りえ子さん

復刊、おめでとうございました。
時代が求めている作品でした。
たくさんの子どもたちや、大人たちに読まれることを願っています。
感謝です! (クドジュン)
2013-05-01 23:01:40
「恋する和パティシエール キラリ!海のゼリーパフェ」のご紹介、ありがとうございました! おかげさまで、3巻目を迎えることができました。子どもたちに、「和」の心を大切にしてもらえるよう、書き続けていけたらって思います!
Unknown (加藤純子)
2013-05-02 05:34:08
クドジュンさん

着々と、子どもたちに愛される作品を生み出していらしてすごいですね。
毎回、おいしそうな和のスイーツが出来てきますが、それを生み出すだけでたいへんです。
そこにストーリーも絡んで来るわけですから、二重に課題があり、たいへんですね。
長い人気シリーズになりますよう・・・☆

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事