備忘録として (一条工務店 i-smart)

2015年2月に着手承諾しました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

入居後(その4)

2016-07-04 21:34:30 | 入居後
忘れられた頃に 帰ってきました お気楽^^です。

太陽光発電の固定買取価格が段々に下がってきて、投資というにはあまり

旨味がなくなってきて、一条工務店の「夢発電」システムも曲がり角かもしれません。

とはいえ、自分の家で使うより かなり多い発電をしてくれるのは とても

有り難いことだと思っています。

ということで、先輩方には 当たり前と思われるようなことでも、私には

初めて知りました、というようなことがいくつかありましたので

書いてみたいと思います。


まず、以前にも書きましたが、うちは引渡し日に 売電の連系工事が

終わっていませんでした。つまり、盛んに発電はしているのに

買ってもらえない状態が 約2ヵ月 続きました。

これは、一条工務店のせいではありません。 東京電力の工事遅れです。



見難くて申し訳ありません。東京電力宛の「電力受給契約申込書」です。

これを見ると、「認定日」は 平成27年2月23日 です。

そして、一条工務店が書き込んだ「受給開始希望日」は 同年7月31日 です。

家の引渡し予定は 平成28年の2月末~3月初めを予定していたので、

かなり早めの申込みだったはずです。

そして、東京電力の 「承認日」は 平成27年3月10日 となっています。

それでも、結局、連系工事が終わって「買取期間開始日」となったのは

平成28年5月11日!? でした。

この日が どうやって決まったのかは 不明です。


うちは全量買取りなので、20年間、固定価格で売電となる、その起算日ですが、

東京電力の場合、契約書も何も無く、上の「申込書」を返却することで

契約書に替える、ということらしいです。

ただ、ここには「買取期間開始日」の記載はありません。



これは、最初の(売電の)検針後に渡される「購入電力量のお知らせ」です。

これに「買取期間起算日」が記載されています。

この「お知らせ」が来るまでは いつから買ってもらえるのか わかりません。

それと、開始日のメーターは ゼロからのスタートではありません。

因みに、うちの場合、11kwhからでした。

メーターのテストなどを行うため、ゼロからのスタートではない、と

いうのですが、これを証明するものは何もありません。




それと、これは一条工務店の説明不足だと思うのですが、

東京電力からの「お知らせ」とともに、別途、請求書が来ました。

これは、太陽光発電用のパワー・コンディショナーの電気料金で、

契約種別が「定額電灯」となっているように、使用量に左右されない

料金体系だそうです。

何だか面倒くさいですねぇ。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

入居後(その3)

2016-05-14 21:59:42 | 入居後
毎度ご無沙汰しております、お気楽^^です。

新居に入居後、通勤が大変だったり、家の中の整理が進まなかったり、家具などの

買物に行ったり。。。と、なかなかブログ更新どころか、他の方のブログも見る

時間がないのです。 という言い訳で、家ができてしまうと気が抜けるというか。。。


いろいろとネタはあるのですが、まずは テレビ・アンテナの件です。 以前の記事

今回、インターネットをADSLを光回線に変えたので、ついでにテレビも

「ひかり」にしようかと悩んだのですが、結局、アンテナを設置しました。

こんな感じです。


地デジとBSのセットですが、電波状態から、地デジはいわゆる「魚の骨」という

八木アンテナになりました。

道路側への設置となり、ちょっとカッコ悪いかなと思いましたが、まぁ、

そんなに気にならないですね。

因みに、アンテナの左側に見える 太い電線が電力(買電・売電)、

細いのは 光ファイバです。

で、アンテナ線はどこへ行ったかというと、屋根の上を通って反対側の壁にある

引込み口に接続されています。

設計のときには、目立たないように、道路と反対側の壁に 引込み口を設置した

のですが、そちら側(隣家の敷地)に 大きな木があり、その葉が繁ると

電波状態が悪化するかもしれないと 工事業者さんに言われてしまったので、

やむなく このようにしたのです。

下の写真に写っているのが、その木です。


道路側からは結構 離れているのですが、とにかく大きい。

さて、アンテナ線のことですが、最初、軒下を這わせて 反対側に持っていく、

という説明を受けたのですが、結局、屋根、つまり 太陽光パネルの上を通す

ということになりました。 そのときの懸念は2つ。

1.太陽光パネルは熱くなるので、アンテナ線が劣化しないか。

2.アンテナ線に落葉などが引っかからないか。

これについては、一条工務店の営業担当、すーさん から説明を受けました。

1.元々アンテナ線は屋外で使われることを前提にしているので、

 熱や紫外線などに耐性がある。

2.アンテナ線は ダラ~ンとなっているのではなく、太陽光パネルの

 隙間に通して、金具で固定するので、落葉が溜まったり、雨水の流れを

 邪魔することはない。

ということでした。

ちょうど、最近、ツジーコさんの記事に太陽光パネルの写真が載っていましたね。

ツジーコさんの記事: 太陽光パネルを見るには♪

すーさんの説明では、パネルとパネルの間には隙間があり、溝のようになっている

ので、そこにアンテナ線を嵌め込み、元々パネル同士を接続している金具に固定する

とのことでした。

それにしても、工事業者さんは 屋根の上に乗って施工していたようです。

人間1人くらい乗っても大丈夫なんでしょうが。。。ちょっと心配。


ところで、植物の写真も1枚(奥様が育てている薔薇です。)。










コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

入居後(その2)

2016-04-30 21:10:12 | 入居後
お気楽^^です。

家自体の引き渡しは 今年3月初めでしたが、そのとき 太陽光発電の

連系工事が完了しておらず、発電はしていながら、売電はできないという

状態が続いていました。

一条工務店から 度々催促してもらっていましたが、梨の礫。。。

で、ようやく、4月半ばころに 「5月の連休過ぎくらいには。。。」

という返事があったようです。 

ところが、その後、出し抜けに 関電工のオジサンがやってきて 

連休直前に工事する、との通知がありました。 

これは、一条工務店にも知らされていなかったらしく、

奥様(工事のオジサンが来たのは平日で、お気楽^^不在)から、

一条工務店の工事監督さんに電話したところ、急遽、来てくれることに。

工事監督さんは かなり長い間 操作パネルを眺めていたようですが、

「大丈夫、繋がりました~~」と言って 帰られたそうです。

ところが、工事監督さんも 営業担当の すーさん に連絡していなかったらしく、

その後、すーさん から「東京電力は5月11日に工事すると言ってます」という

電話がありました。連絡体制がイマイチなのはいつものこと?

で、これ


まだ、保護シールも剥がしていませんが、ちゃんと働いてくれているようです。

うちは搭載量11kwhで、昨日、今日と 結構晴れていましたが、

最大の発電量は 7~8kwhくらいです。 これ、普通ですか?

今、外構工事もやっていまして、GWの前半は どこにも行けません。

それにしても、工事の人は 誰も忙しそうで、大変ですね。




コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

入居後(その1)

2016-04-23 22:14:42 | 入居後
大変ご無沙汰しております、お気楽^^です。

入居後、思ったより早くインターネットが開通した(実は、金で解決した)ので、

とりあえず前回記事を書いたのですが、4月から予定通り 新居に転居し、

役付きからヒラ社員になり。。。ただし、予想外だったのは、転勤先が

通勤時間 約1時間40分というところで、もっと近いところと思っていたので

ガックリしました。 ま、これは仕方ない。 新居から何とか通える範囲と思って

頑張って通っています。 

ただ、帰ってきてから パソコンに向かって文章を書くというのが 何となく

辛いというか。。。めんどくさいというか。。。


それと、前回書いたように 入居後すぐに 事件 があった

のですが、他にも、洗面台に大きな疵があり、交換になる予定です。 

それと、太陽光発電は相変わらず開始できていません。

買電は勿論できているので、全量買い取りの者に対する

東京電力の嫌がらせ としか思えません。


と言ってても仕方ないので、入居前に気が付かなかったことを1つ。

トイレのペーパーホルダーですが、2連が標準になったようです(以前はオプション)。

コッタさんが 記事にしていましたが、

上フタというのでしょうか、ペーパー・カッターというのでしょうか、

それに重りが付いているので、確かにペーパーが切りにくいことがあります。

で、コッタさん方式で 重りを外そうと思ったのですが、跳ね上げると、

磁石の力なのですかね、上に固定されます。

こんな感じです。


個人的には、これのほうが簡単で、使いやすいようです。

ただし、一条工務店の標準トイレのやつは、ロールを保持している部分が

バネ式で、前後に動くものです。なので、取り付けるときは 軽く押し込めば

簡単にセットできます。 が、使っているときに 強く引っ張ると ロールが

外れてしまいます。 これは 後ろにだけ動くようにすれば良いのではないかと

思います。


さて、設計時に気が付かなかったのは、これです。


同じ2連のペーパーホルダーなのですが、アラウーノS用のやつです。

こんなふうに

ロール取り付けのバーがあるタイプですね。

これ、取り付けの時に いちいち外さないといけないので、面倒くさいのですが、

標準タイプより しっかりしています。

これ、実は、アラウーノSと同梱されていて、ペーパーホルダーを 

あえて標準(TOTO製)に替えるとなると、なんと、オプション料金がかかる

そうです。

2連ホルダーというところにだけ気を取られていて、品番が違うことに

全く気が付きませんでした。 ワタシだけ?

どちらが良いのかは 好みもあると思いますが、ご参考までに。


コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

引越し...事件が...

2016-04-09 06:13:25 | その他
御無沙汰しております、お気楽^^です。

ようやく 新居に引っ越しました。 まだ、荷物が収まりきれず、難儀しております。

が、住み心地は とっても良いです。

1ヵ月くらい 記事を書く余裕がなく。。。


さて、入居時の外観


外構工事が途中ですが、入口部分だけ先にやってもらっていたので、スムーズに荷物搬入ができました。

外構工事は ブリーズガーデンさんというところに頼みました。

ん? この名前に反応された方は 筋金入りの 一条ブロガーさんかもしれません。

あの「さすけ」さんの家の外構工事を担当された会社ですね。

うちは予算が少ないので、あそこまで かっこよくありませんが。。。

完成したら ご報告したいと思います。



ところで、入居時に とんでもない事件が発生しました。

入居の翌日、最初の異変。。。洗濯を始めたところ、トイレの水面が激しく泡立って、

蓋をしないと外に水が飛び散るような現象が。。。

ついで、2階のトイレの水を流すと、1階のパイプスペースから 大きな音が。。。

更に、

あ、ビロウな話になるので、お食事中の方は ご注意ください。

奥様が用を足して 水を流したところ、みるみる水面が盛り上がり、溢れるぅぅ。。。

寸前で止まりましたが、営業担当の すーさん に緊急連絡。

すーさんは近くの展示場で商談中だったようですが、すぐに駆け付けてくれました。


実は、外構工事を始めたところ、道路の下水道に出す、最後の汚水桝の位置が誤っていて、

これは市の工事なので、市の業者がやり直し工事をしたのですが(それで外構工事も遅れた)

なんと、うちの敷地内の汚水桝と連結していなかったという お粗末。

汚水が流れるわけがありません。。。

ちょうど日曜日だったので 市の対応も最初は冷たかったようですが、

すーさんが 必死に連絡しまくってくれたおかげで、何とか6時間くらいで復旧しました。

それにしても、外構工事が終わっていたら 更に大変なことになっていたかも。。。

と思うと ぞっとします。


引渡しから1か月以上経ちますが、相変わらず まだ売電はできていません。

下水道工事も 一条工務店の責任ではないのですが、ほんと、新居への入居って

いろいろありますねぇ。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする