早稲田建築AO入試 空間造形力エキスパートコーチ 高橋順一の日記:合格最短の秘密


国内外美大デザイン受験指導32年約1000名累計合格率89.9%
/早稲田建築AO他10年指導コーチング

「人物デッサンの参考作品例」

2017-09-06 12:17:06 | 早稲田建築AO受験マスタ−コーチの秘密

 

 

「人物デッサンの参考作品例」

 

➡ここに掲載した人物デッサンは私が指導して国内美大や海外国立美大に合格した者の作品です。

■描画材料は鉛筆、木炭、コンテ、それに有彩色下地(コーヒー・ミューズコットン色紙)紙も画用紙、木炭紙などです。

■     制作時間は3時間より6時間。サイズはB3,木炭紙サイズ(B3の倍ぐらい)

 

➡早稲田建築AO入試ではこのように描き込む事ができればいいが、初心者ではこれからの時間では難しい。ただ、これらの作品の陰影の付け方は、参考にできると思うので参考にしてください。

これらのような作品は自己PR資料の中に入れるアート系作品などの美術作品ポートフォリオとして入れると、芸術的感覚を印象づける作品として勧められる。

➡昨日、送付した顔の傾きと、正中線の変化などの基本は知らねばならないので、理解して自画像のデッサンなどに応用して制作して下さい。線描だけだとどうしてもマンガ的になり、立体感や

奥行きの表現を表現したい場合に、平面的になるので注意して作画して下さい。空気遠近法で表現する。 

光の角度は斜光、あるいは逆光、また全光の場合は影がでにくいので避けて下さい。入試では斜光が影も作りやすいのでいいと思います。

 

  高橋 順一

 

                                       

コメント   この記事についてブログを書く
« 9月5日(火)のつぶやき | トップ | 9月6日(水)のつぶやき »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

早稲田建築AO受験マスタ−コーチの秘密」カテゴリの最新記事