早稲田建築AO入試 空間造形力エキスパートコーチ 高橋順一の日記:合格最短の秘密


国内外美大デザイン受験指導32年約1000名累計合格率89.9%
/早稲田建築AO他10年指導コーチング

『建築が音楽が凍って固まった音楽だとしたら、音楽は建築を 溶かしたもの.....

2020-09-17 15:23:07 | #早稲田建築入試・デッサン 

▶【 No Guts No Growly 】

『 DO Your Best and It Must be First Class !』ポール・ラッシュ博士


➡ 失敗と成功はコインの裏表です。成長は失敗から生まれるのです。ずーと成功だけした
ら人は満足して成長しないからです。自分の選んだ得意分野で成長していく気分や喜びは
最高だからです。最終的にはその仕事が好きか?ということになります。自分の本心で選
んだ仕事でないと、常に迷いぶれます。いつも解答を自分の外に求めますが、その答えは
いつも自分がよく知っています。自分の事を他人に聞いてもわかるはずはないのです。



➡ 世界的に有名なアバンギャルド建築芸術家の91才で現役の、フランクゲーリーはクイン
シー・ジョーンズというジャズの有名なミュージシャンでプロヂューサートとの会話で、
「いつも私に言うんだ。『建築が音楽が凍って固まった音楽だとしたら、音楽は建築を
溶かしたものだね』と偉大なアートはすべて感情の建築物だってことさ」

➡ クインシー・ジョーンズは14歳で R&Bの巨人の盲目のアーテイストで歌手の、レイ・チャールズと知り合いレイは彼のメンターになる。クインシーはジャズの歴史である、カウント・ベイシーにオリジナル曲を10曲書いて提供したが、当時は音楽の著作権は皆マフィアの支配下だったので、根こそぎ利益を持っていかれた。だが、彼はその時に人生の教訓を学んだと述懐している。そうやって失敗して人生を学ぶんだと、

『失敗から学ぶしかない』……「何度ノックアウトされても立ち上がるんだ。」それは一見複雑なようで、実はシンプルなんだ。つまりリラックスして神に委ねるんだ。「自分の得意分野で成長してゆく時に味わう気分は最高だよ。」成長は失敗から生まれる。失敗を大事にすれば、そこから学べる。失敗は最高の贈り物なんだ』。


➡ ジョブスも成功の頂上で役員の造反から創業者なのにアップルを追い出されて苦しみの中からピクサーを買い、多額の資金を投入してオールデジタルの3Dアニュメーションを世界で初めて創ったのがトイ・ストーリーです。後に、デイズニーに莫大な資金で売却しました、

・その前の時代のエジソンやフォード、ライト兄弟、デイズニー、キューリー婦人、ガンジーなどの偉大な人も同樣です。みんな、その頃まだ誰も見たことも聞いたこともないものを、学歴がなくても自分の夢を実現するという、信念だけを作り出すために世の中の人に嘲笑され蔑まれ、数え切れない失敗や破産しても馬鹿にされても、決して諦めなかった、不屈の精神を持っていました。

エジソンの電球発明1000回の失敗やカーネル・サンダースが59歳で破産して、配給権をもらいながら車で寝泊まりして、数年後1000回から1500目でフライドチキンのレシピの売り込みにはじめ成功した話。

つまり、失敗ではなくそれは単なるあなたが実際に行動した結果のフィードバックだからです。何もやらないで、ネットメデイアで匿名批判ばかりしている人や、野党政治家も同じで何もやらないで批判してはいるだけでは何も変わらない。


高橋 順一

コメント   この記事についてブログを書く
« わたしの人生で起こった神秘... | トップ | 壮大なビジョンの伝え方 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

#早稲田建築入試・デッサン 」カテゴリの最新記事