早稲田建築AO入試 空間造形力エキスパートコーチ 高橋順一の日記:合格最短の秘密


国内外美大デザイン受験指導32年約1000名累計合格率89.9%
/早稲田建築AO他10年指導コーチング

“自己PR資料の制作についてのアドバイス”

2018-02-21 12:01:35 | 早稲田建築AO受験マスタ−コーチの秘密

自己PR資料とは何だろうか?かんたんにいうとそれはあなた自身の人間カタログであり、他の人にあなたという人間のもつ強みや価値観を分かり安く視覚的に伝えるツールと云えます。自分の一度の人生は思考と感情の創造活動であり、潜在意識と顕在意識の共働作業と云えます。つまりあなたの人生は意図的に創る事が可能といえます。

AO入試であるのであなたが他の誰よりも建築家という強いセルフイメージをもっている。誰にも負けない強い情熱や意思をもち、その自分の人生の長期目標を実現するために早稲田大学建築科でなければならない理由を持っている。それを自分で意識化して言葉と絵や図像で表現し、初めての人にあなたという人間を分かり安く伝える視覚表現行為であり自己表現の大事なツールと云えます。

また、いままでの自分の人生で見つけたいまの自分を形作るのに、とても強い影響を与えた大切な出来事や人、気づきなどを明確に潜在意識と顕在意識においても意識化できている。そういう自分の過去と現在の高校生活、そして早稲田大学建築科に入学したら何を学びその専門領域でどのような社会的な貢献ができるか、自らの内面的価値観をもち建築工学と建築芸術を総合した芸術建築家として、大学生活で学び自らの個性や独自性のポジショニングを深く掘り下げ建築と言うメデイアで自己表現していく心構えをもっている。過去、現在、短期と長期の未来予想(建築用語であるブループリント/設計図という)の最初の一歩であるといえます。

 言葉だけでは専門領域以外の多くの人に伝わらない事も、建築という総合芸術分野は空間造形表現領域でアイデアドローイングやデッサンや完成予想図などの絵画化や、その平面的な表現から立体的に完成予想の模型などが必要になります。現時点ではうまく描けないとか、絵を描くことが苦手とかさまざまな意識をもってると思います。

エベレストに登るのも一度に短時間では頂上に行けません。計画や準備をはじめ自分の体力、時間、費用などを始めベテランのインストラクターの手助けが必要になります。建築は総合芸術ですのであなたはこれから建築と言う専門分野での芸術家としての意識も必要と私は考えています。エベレストに登るのではなく、あなたのこれからの長い人生であなただけの建築というスタイルや様式、あるいは空間における造形言語を確立させる旅のスタートと云えます。

▶”構造的な美”もありますが、人の心を感動させる事はできません。それにはどうしても理性ではなく、”感情という感覚的”な領域の勉強である”詩的想像力の美”が必要になります。理屈で人を感動させる事はできないからです。だから芸術である、絵画、彫刻、建築、デザイン、演劇、映画、バレエ、身体表現芸術、文学、詩など時系列を超越した鑑賞芸術が昔から大事に残され、人類の共通遺産として残されてきている事実があるからです。人は肉体の死を逃れることはできませんが、芸術作品は永遠の命を持ち続けることができるからです。

 ■自己PR資料の章立てや構成はこれが答えという事はありませんが、あなた自身のカタログで必要なものを選んでください。

順番もあなたの自由ですので決めつけないで、下記の項目から選んで自由にのびのび制作してください。


  ・ なぜ建築家になろうとしたかの動機

・     なぜ早稲田建築を選ぶのか

・     家族について

・     中学、高校生活で発見したこと

・     部活や社会奉仕での記録や活動、受賞記録など

・     留学、海外体験で感じたことや発見と国内との比較

・     いままでのあなたの人生で一番大きな影響を与えた事やひと

・     いままで読んだ本で一番感動したこと

・     リーダーシップとは何か、あなたの考えを示すこと

・     好きな建築家があれば誰か、またなぜ好きなのかその理由

・     自分の書いた絵やデザイン、また工作など

・     いままで観た展覧会で一番感動したのはどの展覧会か、またどこが感動したのか

・     大事な友人がいたらその関係

・     自分の好きな趣味があればその写真など

・     早稲田建築に入学したら学びたいことは

・     建築以外で早稲田大学で学びたい事はあるか、あれば具体的に

・     早稲田や他大学や海外大学院に進む気持ちはあるか、海外の場合はなぜ海外で学びたいのか

 

➡ 自分をアッピールするカタログですので、ページがあるので章立てや全体構成の意図、編集など文字と絵や図像などとのバランスも必要になりますので、できるだけ早い時期に制作を開始し始めてください。途中で何度も校正や修正が延々と続きます。できれば夏休み前からのスタートを開始してください。それまでは必要な資料や写真、いままでの記録などを一つの箱に入れておきましょう。夏休みを学科だけでが終わっては致命的に遅いのです、他の誰よりもAO入試を意識して、AO入試と一般入試の過去問題の全ての解答とプロによるドローイング添削を早くスタートすることが現役合格へだけでなく、入学後の優位性の保持と将来にわたる自分のコアコンセプトの確立と、世界で打って出る時の世界中のライバル達を引き離すためのポジショニング構築が素早いスタートを切る切ることができるからです。

 

下記に私のサイトを記載しますので、ご覧の上

質問等があれば、サイト内の問い合わせのページから問い合わせください。

 

高橋順一公式サイト

www.junichitakahashi.info  https://www.junichitakahashi.info/index.html

 

早稲田建築AO/サイトアドレス

kenchiku-ao1.xsrv.jp   https://www.kenchiku-ao1.xsrv.jp/

 

美大合格塾サイト

www.bidaigokaku.com  https:www.bidaigokaku.com /

 

 

 

 


                     高橋順一 ©

     Design & Copyright all reserved by Junichi Takahashi©2013.2014.2015.2016.2017.2018

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 2月18日(日)のつぶやき | トップ | 2月21日(水)のつぶやき »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

早稲田建築AO受験マスタ−コーチの秘密」カテゴリの最新記事