早稲田建築AO入試 空間造形力エキスパートコーチ 高橋順一の日記:合格最短の秘密


国内外美大デザイン受験指導32年約1000名累計合格率89.9%
/早稲田建築AO他10年指導コーチング

”なぜウオルト・デイズニーはデッサンを重要視したのか?”

2019-03-30 11:33:48 | 早稲田建築AO受験マスタ−コーチの秘密
これから世界で活躍する建築家をめざし、21世紀建築を変えた女性建築家ザハ・ハデイットが学んだ英国の建築専門大学のAAスクールやフランクゲイリーや世界で活躍する日本の建築家阪茂さんが学んだNYのクーパーユニオンなど、海外大学の建築科を考えている高校生もいると思います。また、早稲田や東大建築科など国内で歴史ある大学、海外の建築で有名な国立・公立大学をめざす人、あるいは安藤忠雄さんのように、ボクシングという格闘技界から高校卒業でガッツ溢れる精神で世界一流建築家に到達している人もいます。

高校生が好きなウオルト・デイズニーはアニメーターに徹底した技能訓練をおこなった。シュイナー美術学院(カリフォルニア芸術大学/フランクゲイリー建築で有名の前身)からドン・グラハムらのプロの講師を招き、”本物の人間の動きとはというテーマ”で夜間授業を行った。歩く、走る、向きをどう変えるか、どう踊るか?歓びの表情、恐怖、驚きをどういう風に表すのか?衣服のひだ、光はどう輝くのか? 灘ら模様になった日の光、草木やさまざまな物の影、あるいは人の顔に当たるとどういう風に見えるのか?






これらの訓練は美術専門の学校や大学などを卒業してきたアニメーター達に、単なるマンガを超えた視野を持たせるために刺激を与え、芸術家の考え方をさせたかった。そしてアメリカを代表する芸術家や評論家、建築家を招き、光の物理からユーモアや恐怖の心理学、建築の発想手法など幅広いテーマに関する講義を行わせた。そこには建築家のフランク・ロイド・ライト、壁画家のジャン・シャルロー、作家のアレクサンダー・ウールコットなどの著名人がいた。




当時のライバル会社達はこの訓練をあざ笑っていた。しかし『白雪姫』の時もウオルトは若いダンサーを連れてきて、白雪姫のモデルにしたのだ。それは白雪姫の動きを本物に近づけて説得力を持たせるために、モデルの動きを一コマ、一コマに分けて、アニメーター達に観察させたのだ。それから半年後、ウオルトは全ての動画を点検したーそして大部分を捨てさせた。その理由は初期のデッサンが未熟だった。それはアニメーターの成長が著しく初期のデッサンと後期のデッサンが整合しない理由だった…..”生きている生命感”を求めたと感じる。

この最初の長編アニメーション『白雪姫』はそれまでの短編アニメーションを
制作していたデイズニーは、マルチプレーンカメラが発明された時だった。

そして彼はさらに改善されると考え、全てのシーンを破棄し、また一から描き直すよう命令した。当時その制作費は50万ドルだった。つまり『白雪姫』が失敗したらデイズニー・スタジオはおしまいだった。会社の生き残りを賭けた「大博打」だったことを人々は知らない。世界でまだ誰も見たこともない最高の映像イメージのファンタジーを彼はいつも夢見たということである。

それは言葉でいうと「創造的想像力」であり、「詩的な美」であり、最初にそれを生み出すのは視覚芸術の場合は言葉でなく絵であり、デッサンが頭に浮かんだイメージを形にする最初の作業で、建築家をめざす受験生にいつもなぜ”デッサン”が必要か?ということへの答えと言える。他の人に自分の考えたイメージを描いてもらうことが出来ないからです。

参考文献と図像 
・「デイズニー・アート展」カタログ 東京都現代美術館 2006年7/15〜9/24 
デッサン・ドローイング原画クリーンナップ “シンデレラ”、”眠れる森の美女”
・「ウオルト・デイズニーに学ぶ七転び七転び八起き経営」 パット・ウイリヤムズ (
株)ネコ・パブリッシング 
 
コメント   この記事についてブログを書く
« 3月24日(日)のつぶやき | トップ | アートのちから »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

早稲田建築AO受験マスタ−コーチの秘密」カテゴリの最新記事