早稲田建築AO入試 空間造形力エキスパートコーチ 高橋順一の日記:合格最短の秘密

早稲田建築AO入試ブログ。国内外有名美大デザイン受験指導32年約1000名累計合格率89.9% 空間造形コーチ高橋順一

右脳と左脳

2017-05-21 08:36:48 | 早稲田建築AO受験マスタ−コーチの秘密

左脳は論理的な思考を司り、右脳は創造的想像力の働きをするということが

あります。天才のダビンチはその右脳と左脳の両方を最大限活用したことが知られて

います。美大入試における実技試験は右脳を使います。

 

横浜国大建築AOの立体造形入試などもこの範疇ですが、入試に関係する問題は基礎的

数学問題や関係する面接などもあるので両方とも使う試験であると言えます。

 

早稲田建築AO入試のドローイングも問題文のとらえ方は、ふだんの社会に起こる

自然災害をはじめとする、さまざまな社会問題や、我が国独自の歴史における建築

に関係する知識、あるいは文学など幅広い問題が組合わされて問いかけられる入試

 

であり、”自己PR資料”と言う普通の一般大学でのペーパーの上での成績では

計り知れない、世界を視野に入れた人間性とリーダーシップ力と

”建築芸術家としてのセンスや才能を見るための自己PR資料制作における、

アート作品と空間や立体造形能力並びに、建築への熱意を見るためにさまざまな

 

アート作品と立体構成や建築模型の制作と、自分の全てを早稲田建築の教授へ

直接プレゼンテーションするとても時間と手間暇かかる入試が用意されています。

現役の高校生で将来世界で活躍する目標をもっている人は、是非とも合否だけでなく

是非、自分の将来への価値ある挑戦経験としてトライすることを勧めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
« 5月20日(土)のつぶやき | トップ | 5月21日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

早稲田建築AO受験マスタ−コーチの秘密」カテゴリの最新記事