軽井沢発

軽井沢・映画・酒 のネタが多めです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

軽井沢スケートセンター

2009年03月31日 | @Karuizawa
今日で53年の歴史に幕を閉じた。
子供の頃から軽井沢に来ると連れて行ってもらっていた。
懐かしさが込み上げてくる。
毎日新聞の記事引用↓

*************************************
軽井沢スケートセンター:営業終了、53年の歴史に幕 最後の滑り楽しむ /長野

 ◇栄光刻む
 ◇家族連れら、最後の滑り楽しむ
 ◇千ケ滝ホテルも
 軽井沢町の軽井沢スケートセンターと、隣接する軽井沢千ケ滝ホテルが31日で営業を終了する。数々の氷上の決戦が繰り広げられたリンクは53年にわたる歴史を閉じる。

 センターは1956(昭和31)年開業。屋内リンク、屋外の400メートル、330メートルリンクなどが整備され、スピードスケートの国体や世界選手権、ホッケー大会の会場に利用された。77年にはホテルが開業。長野五輪のカーリング競技の選手村にも活用された。

 60年代をピークに利用者の減少傾向が続き、施設が老朽化したため、昨年9月、西武ホールディングス傘下のプリンスホテルが閉鎖を決めていた。

 春分の日からの3連休や最後の日曜となった29日の室内リンクでは、フィギュアの練習やスケートを楽しむ家族連れが最後の滑りを楽しんだ。

 新潟県上越市のフィギュアスケートクラブ指導者の渡部泉さんは「軽井沢までは2時間で到着でき、夏場も利用できたので助かった。これからは練習場探しが大変です」と言う。埼玉県鴻巣市から一家4人で来た渡辺峰雄さん(39)は「閉鎖は知らなかった。軽井沢に来るたびにスケートを楽しみにしていたのに」と残念がっていた。

 なお、同敷地内の日帰り温泉「千ケ滝温泉」は、引き続き営業する。
*************************************

スケートセンターとともに千ヶ滝温泉ホテルも閉館となる。
西武百貨店もなくなり、ボーリング場もなくなり・・・
更に古くからの人は、かつてあったグリーン・ホテルを懐かしんだり。

今日の風景。

古くからのものが消えていくのは、なんとも淋しい。
コメント   この記事についてブログを書く
« Meister by Yuzawaya(マイス... | トップ | ベッドタイム・ストーリー »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

@Karuizawa」カテゴリの最新記事