ゆも庵

トイガン好きの多分トイガン中心Blog

言うは易し…

2020年11月01日 | ハンドガン

イナーシャセンスのマルシンM586用7ショットシリンダーは目の付けどころが秀逸な製品です。

モデルガンのリボルバ用シリンダー製作は素人じゃ手が出せないので、早速購入しました。

ほぼシリンダーの交換のみでM586が7連発になる優れた精度でとても満足です。

しかし...シリンダー交換して「はい完成」じゃブログをご覧の皆さんも全く面白くないでしょう。

あと一捻りして好き者をニヤリとさせるには...

と考えていると、Yさんが話していた

「このシリンダー、MGCのM586にもいけるような気がするんだけど、試せるパーツが無いんだよなぁ」

という言葉が浮かんできました。

「これだっ!」と手持ちのMGC製M586を引っ張り出してYさんに託しました。

7ショットシリンダーをMGCのM586に組むにはマルシンM586のヨークとエジェクターロッドが必要なので、これもジャンクから探して送りました。

しかし、Yさんにとっては暇つぶしみたいなカスタムのはずが、実は結構な難敵でした。

届いたヨークとエジェクターロッドで7ショットシリンダーを組んでみると、Yさんが試験的に組んだときと異なり作動がかなりギクシャクして、このままじゃ組めないとのこと。

先ずエジェクターロックを削ってロックが掛かる様にしたら、割と動くようになりました。

こちらがエジェクターロックを外した状態。

こちらがロックを削った状態です。

ロッキングロッドの径が大きく、フレームになかなか入ってくれないのと、やはりロッキングロッドがラチェットから出すぎてるのか、スイングインにかなり抵抗があるのを改善せねばいけません。

マルシンのヨークのラインがMGCのフレームと合ってないので削らなきゃいけません。

Yさんから「これが作動不良の原因だ!」と送られてきた画像を見ると、エジェクターロッドの穴がかなり偏芯してます!

マルシンM586には作動不良な個体が多く見られたのは、こんな品質管理の甘さが原因だっかもしれません。

しかしこればっかりはちゃんとしたエジェクターロッドを組まないことには進まないので、またジャンクを探して穴がセンター(当たり前)のエジェクターロッドをYさんに送りました。

MGCのフレームにマルシンのヨークをセットしても、マルシン、MGCどちらのサイドプレートスクリューでもロックされません。

ヨークのフレームに入る方のアームに、アルミパイプで作成したスリーブを入れてガタつきを無くすと、マルシンのスクリューを使ってロックできました。

上の画像はヨークのフレーム軸にアルミスリーブを取り付けています。(上がMGC、下がマルシンのスクリュー)

因みにスリーブを入れないとアームが斜めになってマルシンのスクリューでもロックされません。

左からMGC M586のヨーク、MGC M586に組込み可能したマルシンのヨーク、マルシン M586のヨーク。

穴がセンターのエジェクターロッドがYさんに届き交換したところ、前よりはマシになりましたが、何故かYさんのシリンダーと比べると、エジェクターロックロッドがフレームの穴に中々入り込んでくれません。

入ったら入ったで、サムピースを押してスイングアウトしようとしても、サムピースが動いてくれないくらい固くなってしまいます。

これは、今までヨークが若干斜めになってエジェクターロックロッドがフレイムに入っていたのが、ヨークにスリーブを入れた事でガタつきが無くなり、入らなくなったと考えられます。

よって、ヨークのフレーム側の面を若干削ってよりフレームに嵌まり込むように加工します。

Yさんは今回の動作不良の原因を、マルシンのシリンダーの中心がMGCのフレームの穴より若干下にきてるのかと推理して、試しにヨークにビニールテープ貼ってシリンダーの中心位置を上に持ってきたら、作動が劇的に改善しました!

これで解決したと思ってサイドプレートスクリューを付けたらまた動きが悪くなるので、他にも原因があるようです。

ここまでの改良で基本的にシリンダーをスイングインすれば動きはしますが、たまにしかエジェクターロックロッドが完全に入ってくれないので、ごく稀にシリンダーが回らないこともあります。

YさんがMGCの船越店長に動作不良について相談してみたら、MGCのM586のフレームが歪んでる可能性もありますとのこと。

MGCで聞いたフレームの歪んでいる箇所をペーパーがけ、ヨークのパイプ内側を削り、エジェクターロッドの内側を削ったら、問題なく動くようになりました(^^)

左が今回加工したマルシン→MGC M586組み込み用ヨーク、右がノーマルのマルシンM586ヨーク。

今回加工したヨークの上部に見える黒い盛り上がりは黒い瞬着で、これでシリンダーが上に持ち上がっています。

加工したヨークのパイプ部前方に、細い金属の輪が付いているのが見えるでしょうか?

この輪っかがないと、シリンダーがフォーシングコーンに当たってしまいます。

エジェクターロックロッドの突出量について、今回の加工では少し短く加工しています。

こちらがノーマルのマルシンM586の突出量。

こちらがMGC M586に取り付けるために加工したエジェクターロックロッドの突出量。

これは、MGCのリコイルシールドのロッドを受け入れる所の窪みがマルシンより少ないためで、エジェクターロックロッドの後部にスプリングをひと巻き入れて対処してます。

ヨークのライン整形も完了しました。

これでMGCのM586も7連発になりました!

YさんのマルシンM586(7ショット)と。

軽いノリで考えたカスタムですが、詰めていくとこれだけの手間がかかり、Yさんにはご苦労掛けてしましました<(_ _)>

「そのままマルシンのM586に組めばよかったんじゃないの?」と言われそうですが、こんな誰得なカスタムもたまにはいいんじゃないでしょうかw

 

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 久々の出店 | トップ | 復活を期待 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sw38mp)
2020-11-01 23:50:36
イナーシャセンスの7カートリッジシリンダー購入考えていて、参考になりました。
Unknown (あじゃ)
2020-11-02 12:17:51
私も買ったのでポン付けで記事書こうと思ってたのになんて事をw
それはともかくYさんがMGCに付けられそう、って呟いてたのを見て危うくMGCのM586を入手しそうになりましたが、この記事見て止めましたww
ふー危ない危ない、騙されるところだった…ww
マルシンM586に (sw38mpさんへ)
2020-11-02 19:06:28
簡単に取り付けられる良い製品です。
Yさんも (あじゃさんへ)
2020-11-02 19:12:58
あじゃさんにTwitterで7ショットM586のチチバン動画までアップされて「これじゃもう呟けない...」と嘆かれていたのでこれであいこ?ですねw

あじゃさんなら「イナーシャセンス7ショットシリンダ用MGC変換ヨーク」を3Dプリンタで製作しそうです(^^)
ポン付け (GFC)
2020-12-06 16:33:43
すみません。
今更ポン付けで、ブログのネタにしました。
この記事にリンクさせて貰いました。
ZEKE-M29の後だと、普通に動くだけで感動です。
GFCさんの (GFCさんへ)
2020-12-06 17:11:05
レビューサイトのお手本のようなブログはイナーシャセンスのポン付けのすばらしさを広めていただきたいです(^^)

記事のリンクありがとうございます。

今後のイナーシャセンスの新製品が楽しみです。

コメントを投稿