ゆも庵

トイガン好きの多分トイガン中心Blog

徳弘工房通信 その16

2018年07月20日 | ハンドガン

徳弘工房のS&W M44の予約2丁目は今週末のVショーまでに完成する予定でしたが、製作中にスライド、
フレーム共に失敗してしまい、NG品となったため、新たに削り直している最中です。
上の画像はNGスライドとフレームです。
スライドのレール、ロッキングラグ加工が終わったところで、外観形状にズレが生じてしまいました。

そのため、新たにフレームから加工を開始しました。(下が製作中の新フレームです)

ここまで削り出して、またやり直しはかなり辛いです...
 
徳さんはM44の製作を進めながら、工程表の見直し、冶具の改良等を並行して進めていました。
それらは作業ミスの防止、製作時間の短縮、集中力の限界を超えない等に注意を払っていましたが
その過程で混乱してしてしまい、ミスが発生してしまったそうです。
 
下画像はフレーム冶具の改良品で、左側部品3個の穴と、右部品9個の穴を組み合わせて角度が決まる
ようにしました。
以前は角度測定の器具を使用して角度を出していたのですが、かなりシビアな操作で作業中の緊張感は
かなりのものでした。
今はこの改良冶具のおかげで作業は大幅に改善されて楽になったとのことです。

全て手作りのため、NCマシンなどによる作業時間の短縮は出来ませんが、少しずつ効率を上げるために
徳さんは鋭意努力中です。
 
そんな徳弘工房製S&W M44は、7月22日(日)の浅草ビクトリーショーで予約受け付けてます。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 今回も壁際で | トップ | 暑い一日 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
がんばれー (sw38mp)
2018-07-21 11:39:53
毎回一品物を作っているのですから、集中力を持続するだけでも大変です。
徳さん頑張れ~しか言えないです。
M44を待っている (sw38mpさんへ)
2018-07-21 22:32:19
お客さんを考えるとミスなく予約分を完成させることが重要です。
そうしないと次回作にも取り掛かれないですからね。

コメントを投稿