女性自身の写真2枚

2018-07-15 16:14:29 | 古稀ライブ

 

↑これと、↓これの違いは、足があるかないかと白黒かカラーかの違い。左手が見えるかどうか。の3つ。

 

えっと何かを考えたのだが・・・何だったかな。

今回のライブで、このギネス記録はエンドレスなのか、それとも、まだ続くのか?

いやいやセットリストの曲を聴いていたら、あれっ、どっちなの? って感じがして、終りのような終わりでないような。しかし、以前からの約束は、面白くならないと終われない でしたわよね。ね。ね。古稀ライブが終了したら、ジュリー話題は少なくなるかもしれません。。

 

カズさんとこれからずーっとエンドレスで。どちらかが倒れたらおしまい。

ということは、来年も二人?再来年も二人?またその次も二人で?・・・・・ということかしら?

 

質問は廻すですから、私の質問は見なかったことにして下さい。

 

コメント

ないので、勉強しました。

2018-07-15 15:56:28 | 古稀ライブ

 

3曲目のお前なら は、このアルバムの13曲目に収録されているが、今は販売されていません。

あっ、他のCDやDVDにも収録されていないから、看板には何も記載されていないのですね。

JULIEIV 今僕は倖せです

https://blog.goo.ne.jp/admin/newentry/

https://www.amazon.co.jp/dp/B014RG879I/ref=dm_ws_tlw_trk13 視聴できます。

 

久々にちょっとジュリー勉強をさせていただきました。

 

コメント

お前なら

2018-07-15 11:43:02 | 古稀ライブ

3曲目の曲 

 

 

おれは信じる お前の未来を

お前は持ってる 勇気と力を

おれは信じる お前の心を

お前は知っている 愛の力を

恐れることなどなにもない

お前の信じたようにやれよ

そばにはいつもおれがいるよ

恐れていないでやってみろ

 

おれは信じる お前の未来を

お前はもってる 勇気も力も

おれは信じる お前のこころを

お前は知っている 歌の力を

お前はやってくれる お前のこのおれの誇りだ

お前はきっとやってくれる

お前はこの俺の誇りだ

 

2018  OLD GUYS ROCK 「お前なら」

 

沢田研二 雨だれの挽歌 1978

 

 

コメント

7月12日大阪城ホール

2018-07-15 11:28:46 | 古稀ライブ

 

スクリーンに柴山和彦さんと沢田研二さんの二人のたくさんの顔。

♪everyday jou♪ https://rocklyric.jp/lyric.php?sid=139058

 

ありがとうございます。大阪城ホールです。ようこそ蒸し暑い中、ありがとうございます。地震もありました。大丈夫だったですか?大雨もありました。大丈夫じゃなかっですよね。よく来てくださいました。ありがとうございます。まいど。おいど。ありがとうございます。沢田研二古稀70歳を迎えました。古代稀なる古稀です。ザ・タイガースのメンバーからもお祝いをして貰いました。音楽劇の出演の出演者、ミュージシャンにもお祝いをしていただき、そして、今日は、この大阪城ホールにこうして、古稀のお祝いに駆けつけていただきありがとうございました。ありがとうございます。ありがとうございます(泣)なんか、種のない奇術をやっている気がsていますが、いたいけないジュリーがこんな70まで歌てるとか誰が想像していたでしょうか。めちゃくちゃでございますやろ。ありがとうございますかな。ほんまにほんまに。がんばらなあきまへんな。

構想12年、リハーサル10日間、その他6日間の休み。実は還暦になる前から、このようにしようと、考えていました。その相棒になってくれたギターの柴山和彦。ありがとうございます。もう、カズさんが僕と一番長い付き合いになっているわけです。どのミュージシャンよりもながい期間やってきたわけです。ほくたちのあたらしい冒険にお付き合いください。

 

1、カサブランカ・ダンディー

水噴き・バッグ水噴き (下手に向きブリッジで上手側に)

2、彼女はデリケート

3、お前なら

4、F.A.P.P.

5、あなただけでいい

6、風は知らない

7、雨だれの挽歌

 衣装、首の輪を脱ぐ。

8、ISONOMIA

 衣装、左袖を脱ぐ。内側に着ていた黒いブラウスに、花(薔薇?私には解りません)が見えた。

9.わが窮状

 


 

それでは、次はあたらしい曲をやります。3月11日に出しましたオールドの全曲をお届けしようと思います。全曲と言ってもたった4曲です。

うんうん、あ~あ~、うんうん、あ~あ~(喉の調子を整えている)

 

バッグの黒い幕が中央から両サイドに開き、白いスクリーンが現れた。

10、屋久島MAY

 ホケキョーの時だったか、両手を頭の上で重ねて、鳥のようにして、膝を曲げる仕草。

  後ろに大きな樹の画像。屋久島縄文杉かも。「屋久島 縄文杉」の画像検索結果

11、ロイヤル・ピーチ

  いろんな色の蛇行線が入り混じった画像が2つ。後ろ側は時計回りに、前側は右回りに廻っているような画像。

12、核なき世界

  暗い印象の灰色の煙の画像が2つが廻っていたと記憶してますが、もう、あやふや。

13、グショグショ ワッショイ

  

14、A.C.B

15、マンジャーレ!カンターレ!アモーレ!

  みんなも歌ってね。ダーダーダー~~~ 

16、Don't be afraild to LOVE

  シャワーライトがクルクル廻って素敵でした。ステージ上のライトもシャワーだったと思いますが、アリーナ席にシャワーライトがキラキラクルクルと降っていた。ステージのジュリーよりも会場に降り注ぐシャワーライトに目がいっていた私でした。

 

着替え「エドワード7世」の画像検索結果

スカートの生地は紫色で、青と白と黒の線が入ったチェックだった。

 

ありがとう、サンキュー、ありがとうございます。

なんと70歳になったんだなぁ。どんどんみんな死んで行ってしまいます。

~~母親は~~   (ごめんなさい、このあたり、はっきりと聞き取れませんでした。J友さんによると、お母さんが亡くなりお父様もお亡くなりなったお話をされてたようです。)

父親の場合は、101まで生きましたけど、どっちになるのか、中間をとることになるのでしょうか。まあ、いいんですけど。

還暦LIVEで人気が出て、駅に人が集まるようになり、~~

結局は、50周年のときは50曲。それも、還暦の時と違って、3コーラスだけで50曲。考えることが、爺臭くなるでしょう。それで、スカッとせな!いかん!とどう考えても人がやれそうでないことで。それで、還暦が過ぎてからかなぁ 何年か忘れましたが、岡山でなくて、岡山の陰気なバーで、コソッとカズさんと二人で全国を周りたいと話して、まあ、ちょっと考えて下さい、というて、僕はお酒が入ってたんですが、カズさんはお酒をのんでなくて。それから年月が経って、それで3年嫌い前でしたか、2年前嫌い前か、もうその辺はよくわからないけど、また今度は、割と最近5年以内で、福岡のとあるバーで、これは、正式に、社長と副社長と私、専務の僕と、うそうそうそ。私と3人でカズさんに話して、イエスでなくて結構です。お家族と話して、どちらでもカズさんの自由ですからと。しばらくしてから返事があり、やらして下さいといってくださって。それでですよ、もう、50周年のコンサートをやる前から、いつも考えていないとダメなんですよ。ねえそんなみなさんのご存じのとおり、後がいいわけでないからね。いつも四六時中考えていないと、四六時中忘れているわけ。いつも忘れて、ずーっとわすれている。あ~して、こうして、こんなんを、かずさんに作ってもらわないと、音を作って・・・・構想12年リハーサル10日間プラス6日間で、武道館を迎えた訳です。まあ、結局、あの~、こういう人のやらないドラムもない、ピアノもない、ベースもない。というようなことになりますと、当然、お客様にいろんなことを無言のうちで請求するという、押し付けがましく脅迫的なまあライブになってしまうのですが、それはそれで一生懸命やっていただいても、どうか、リューマチにならないように気をつけていたき、それから、大きな声でと言っても、のどをからさないで、大きな声でずーっとやってると咽頭がん、喉頭がんになる恐れがありますので、気持ち気持ち気持ちだけでありがたいのでございますが、これをこれで続けて言って、エンドレスでどちらかが倒れたときが、終わる時。そういうつもりで僕たちはやろうとしておりますので、どうかひとつひとつひとつ、合わせて、3つ。長い目で見ていただき、よろしくお願いします。それでは、改めて、ご紹介します。ギター柴山和彦さん。それではよろしいですか。おまけです。

17、ROCK'N ROLL MARCH

 間奏でジュリーが片手を上げてクルクル回るとスカートが広がる。きっと、アリーナの方には、足が良く見えたことと思います。

ダアー!!

 

18、ヤマトより愛をこめて

 

 帽子を取ってお辞儀。

静かに下手に去っていくジュリー。カズさんも下手に去っていきました。

振り返ることなく。

 


 

コメント

女性自身に載る沢田研二

2018-07-15 09:01:12 | ギネス記録参加者

https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1647844/

 

 

コメント