♪夢見る時間が過ぎたら♪

歌人生53年目をスタートした沢田研二の新たな歩みを共にしながら
今と昔を紡ぎながら

周南便り④100万回生きたねこのつづき

2019年06月17日 10時14分02秒 | ☆JULIE写真館

ジュリー猫から1996年に演じた「100万回生きたねこ」の話題もあって

 

国内では東京公演3回しか観劇していないのに

フランス公演を観に行って

そのときのチケットとフランスの新聞ル・モンドの記事

 

朝からJulie部屋で

整理整頓されていない2000年以前のあれこれさがして

佐野洋子さんの絵本と

パンフレット2冊

日本版は稽古風景の衣裳をつけていないDORAちゃん

フランス版は猫耳と衣裳をつけた舞台写真のJulieDORA

 

2001年9月30日にNHKBS2で放送された 

「世界・わが心の旅 フランス 僕の中にもセーヌが流れる」

源流を訪ねながら

ルーアンのTheatre des Artsに立ち寄って

当時使用したシャワー付きの楽屋を訊ね

DORAを演じた舞台に立って当時を懐かしみ

歌人生の原点に帰り♪僕のマリーを歌っていたっけ

そのときに劇場のひとから

見せられたJulieが表紙の雑誌「Tererama」

Julie愛好家がコピーをくれて

オレンジのTシャツのいたずらなDORA

 

髭じいが知らない「DORA~100万回生きたねこ」 

いろんなグッズが販売されたけれど

劇中歌のCDと時計とメモ用紙

 

 

古いJulie関連の整理している最中の友人は

東京と名古屋公演の千穐楽も観劇して

パンフレット(東京公演)

グッズもTシャツ・クッション・ボールペンなど持っているそう 

 

野良ちゃんの話題

厚木のときに梅雨時の野良ちゃんを心配していたけれど

野良ちゃんの寿命をそのときに調べたら

定期的にご飯が食べられたら5年

そうじゃなかったり

今年の梅雨みたいに気温の変化が激しい外だと

Julieが周南で話したような結末に

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 周南便り④100万回生きたねこ | トップ | 周南便り⑤作曲家ジュリー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。