魁!眼鏡塾

2009年7月31日をもちまして、新しいアドレスに変更いたします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

じゅくちょが行く!北の大地珍道中! 其の参

2009-07-28 | 珍道中
・・・を書いてる途中で消えました。

明日書きます


今日、眼鏡業界の超大物の方が突然ご来店されました。
ゆうに180cmはあったと思います。
「カナリのオオモノやな!」と肌で感じた…ややや、じゅくちょでした。
Comment

じゅくちょが行く!北の大地珍道中! 其の弐

2009-07-27 | 珍道中
北の~酒場通りには~長い~髪の…ややや、じゅくちょです。

はてさて、ナビのオバハンの指示通りに迷うことなく美唄のメガネの三愛さまに到着したオイラですが、問題がひとつあったのです。
オーナーの倉知さまとは、春のSLITでご挨拶を済ませており、今回の北海道ツアーで色々と段取りをしていただいたり、何度も電話で話をしていてお互いにある程度の心の繋がりができていたのですが、どうやら奥さまがオイラをビビってるらしいとの情報をゲットしていたのです。

と言うのも、悪友?の悪フザケがあったからだと睨んでおります。

だって、恥ずかしさあまって作った表情の写真を…、


こんな風にしたり…、


トテツもない味付けを施したり…、


学帽政バリの劇画風にアレンジしたり…、


人が真剣な眼差しで会議で意見を聞いてる画像でビビらせてみたりと


嫌がらせとしか思えない伝え方をされていたようなので、
犯人コイツ


オイラは大阪人として「正攻法」でお店に伺う事にしたのです。
そう、こんな新作メガネを用意していったのです。




結果はこのように大成功でした!


初対面とは思えない温かさに包まれて、ビッグビジネスをいたしました!
ありがとうございました!

その後、夜のとばりが下りた7時半過ぎ、ホテルにチェックインした後に有名な焼き鳥屋さんへと連れて行っていただきました。
オイラは焼き鳥が大好きです。
オイラにとっての焼き鳥は、林家ペーにとってのカメラのようなモンです。
モチロン好きな人に囲まれて、好きな焼き鳥を食うほど美味しいモノはありません!
少し遅れて、アニキ(三男坊)がやってきました。
北海道でアニキと飲めるなんて思ってもみなかったので、オイラのテンションはウナギのぼり!

楽しかったっす!

そして次の日、「じゃがポックル」を探しつつ、旭川へと向かうのでした。

続く…んかな?
Comments (2)

じゅくちょが行く!北の大地珍道中!

2009-07-25 | 珍道中
北街角の心は熱い…ややや、じゅくちょです。

オイラ、22日~24日まで仕事のフリをした観光をして参りました!
人生初めてのホツカイドゥーン!(北海道)へ行っておりました。
ナゼかって?それは「会いたい人」がいたからです。
ただ、それだけです。

ままま、熱い気持ちを持っているヤツのように見せかけておりますが、実は今、夏休みシーズンに突入しているので、旅費が高いので、行くか行くまいか躊躇しておりました…。
でも、思い切って行ってきました!
おんぶにだっこな、ほぼ丸投げ状態の白紙に近い予定表を握り締め、オイラの相棒であるデッカいグリーンバッグと共に、一路北北東へフライアウェイ!

その前に、出発時刻が遅れたんやけどね。
幸先悪いね。 天気も悪いね。
今回は、ギネス級の雨男と一緒じゃないので、安心してたけどね。

関空から、僅か1時間半ほどで千歳に到着。
初北海道で初めて口にした食べ物はモスバーガーでした

何でやねん!

それからレンタカーをブッ飛ばし、今回のメインである美唄へと向かったのでした。
未だ、北海道にいるという実感を持たぬまま、ナイスな人達が待つ場所へと到着したのでした。

続く…のか?
Comments (4)

佐世保にて…。

2009-06-15 | 珍道中
佐世保にて知った事実…。

佐世保の人は「佐世保バーガー」なんて食わない!っちゅう事。。。

ご当地モンって、そんなモンですわな。


ちなみに、佐賀で佐賀の人に「佐賀の名物って何ですか?」って聞いたら、
「さぁ…、何でしょうねぇ~?」と逆に聞き返されました。。。

そんなモンです。


そして佐世保で戴いたアオリイカの刺身がコチラ。

美味すぎて悶絶した。。。
バーガーの存在さえ忘れてしまいました。。。
Comment

虎退治!

2009-06-12 | 珍道中
オイラは今、熊本城にいます。

気分はスッカリ加藤清正です♪
Comments (5)

じゅくちょが行く!パリ珍道中 vol.7

2008-11-15 | 珍道中
11/2(日)
最終日です。
この日はほとんどアポが入っていなかったので、ダニエルに「何時に来てもエエで!観光でも行っといでや!」と言われたものの、
パリではほとんどのお店が日曜休み。 どうやら、法律で決まっているそうです。

しかしメゲません!
相方がガイドブックを見ながら、「月の最初の日曜日って、ルーブル美術館タダやねんて!」と言うモンですから、行くしかないでしょう~!

到着。


タダやし、ぎょーさん並んでます!


しかし、5分後には中に入れました。

中、広すぎます!全く持ってわかりません!
無料のパンフレット片手に、自分たちの知ってる作品を目指す事にしました。

あ、基本的にゲージュツにはウトいっすよ

人の流れに身を任せながら歩き進めていくと、

彼がお出迎え。

っちゅうか、写真撮り放題なんスよ!絶対にアカン思てたもんね!


出た~~!!!見た事あるやつ!(サマトラケのニケ)
ナマで見ると、全然迫力が違うね。
ウットリはせぇへんけど、見入ってしまいます。
そして川口浩は奥へと進む…。


天井にもスゴイね!
んで、遂にご対面です!


おかーさーん!
ちゃうか?
どの角度から見ても、絶対に目合うね!

色々見て回る。。。






進行方向に人だかりが…、
もしかして!


やっぱりアナタ…、


ワタナベさんですやん!

お宅の犬、逃げてたよ!吠えながら駅の方へ走っていったよ!

ままま、そんなこんなで全てを見ずにルーブルを後にする。
でも、結構堪能しました。
その後モンパルナスでメシを食って、最終日の会場へ…。
最終日はいつもガラガラなんですが、今日は割と混んでます。
ちょびっとだけお仕事をする。

夕方もマッタリとし始めた頃、ダニエルがイキナリ撤収作業を始めました。

後はクルマに積み込むのみ。。。
しかし、テーブル3つは放置。


Markus TのMarkusと写真の撮り合い…。

そして、2008年のSilmoが終わりました。
色んな経験や体験ができて実り多かった今回の珍道中、お世話になった方々、有り難うございました!
今後とも宜しくお願いします!

最後にホテルの前で、ダニエル&ダニエラ&オイラ。
Comments (4)

じゅくちょが行く!パリ珍道中 vol.6

2008-11-14 | 珍道中
展示会2日目~3日目
基本的にオイラは、日本人以外の方と相手しなくてもイイので、基本はブースの周りにいて、後は面白そうなメガネを探したりしておりました。

ホナもっと携帯から更新せぇ!って?

実は携帯だけ充電できなくってですねぇ…。
海外のコンセントに合うアダプターを持っていってたんですよ、ちゃんと!
デジカメやiPODは難なく充電できるのに、携帯だけできひんかったんす
今後は変圧器か、USBで充電できるアダプターを持っていかなアカンと心に誓ったのでした。

それにしてもダニエルは顔広い!
あっちこっちで誰かと話をしています。
色んな言語を使えるってエエなぁ~と思った次第でございます。

コレはお隣さんのMarkus Tを掛けておどけるダニエルちゃん。

脱!坊主頭です。

そしてプレス(from ニッポン!)から取材を受けるダニエル&ダニエラ。
カメラマンが撮影している場面を激写!

慣れたモンです。


「自然な笑顔が出来ないから、取材は嫌い!」と言うダニエラ。フツーにしてても十分カワイイんやから、別に笑顔にならんでもエエと思うんやけど…。

「しかし、ダニエラ太りすぎちゃうか?」と思われた方、ただ太っただけやないんです。
2月にbabyが産まれるのよん

お祝いご希望の方は、オイラ受け付けます!
ご祝儀は10,000円からです!(笑)

そろそろ皆さまも(勿論オイラも)、このダラダラ珍道中に飽きてこられたと思いますので、次回でラストにしようかと思っております。

*M・O誌のM氏、ライターのJ氏、Iさん、取材では大変お世話になりましたー!
Comments (2)

じゅくちょが行く!パリ珍道中 番外編

2008-11-12 | 珍道中
今日は、本編からちょっと逸れまして、パリの「食」に関して、オイラが感じた事を書こうと思います。

一言で言うと、マズい。
その割りに値段が高い。ままま、食いモンに限らず全体的に何でも物価が高いんですけどね。

ダニエルとの話の中で、「パリでフレンチを食った事がない。」と言う話題になり、「ホナ、行こか!」と相成りまして、
ダニエル&ダニエラそしてオイラの3人でホテル近くに在ったレストランへ行きました。
スタータは結構ウマかったの。(鴨の何か)
ほんでメインでは、肉を食わない二人はそれぞれ違うメニューの魚料理をチョイスし、オイラは「コレは柔らかいよ!」と店のオバハンお勧めの仔牛のフィレ肉をオーダー。

ダニエルのオーダーした魚料理…B面がコゲまくり。
ダニエラのオーダーした魚料理…中身が赤い。
オイラのオーダーした肉料理…炭の味がしてカッチカチ。

0点ですよ

一方の魚はコゲコゲで、もう一方は半ナマ…。
足して2で割れっちゅうねん!
オイラの肉もワザワザ焼き方を聞いてきたクセに(オイラはミディアムで頼みました)、ウェルダンを30%ほどオーバーしとるやないか!
ガシで降りなアカンのに、天下茶屋まで行ってもぅた…みたいな。(高野線の人しかワカランね…。)

次の日の夜、また同じ3人でピザを食いに行きました。
そこのピザが結構ウマかったんですわ。
フランスでピザを食い、そこの店員がインド人…。
来ていた客がドイツ人と日本人と、背中合わせの席にはカナダ人家族。

だから、最後の夜も同じ店に行きました。
すると例のインド人店員が「今日はピザないねん。」と…。
「何で?」と聞くと、「ピザ焼くヤツが休みやねん。」と…。

どんな理由やねんっ!?

仕方なくパスタを注文する事に…。
フランス語だらけのメニューの中で、唯一読めた「カルボナーラ」をオーダー!
出てきたカルボナーラはとても美味しそうです。
しかし…、味がありません。

全く持って無味無臭。
クリームの味さえしません。ずっとコショウをかけながら食いました。
ホンマに味せぇへんから、オイラ風邪ひいたんかな?って思ったもんね。

結論
ピザが一番ウマかったかも知れん…。

ままま、金をそこそこ出しゃあ美味いモン食えるんかもしれませんがね。。。

え?日本人の舌にあえへんだけちゃうかって?
ノンノンノン、ダニエル&ダニエラも「フランスのメシはマズい!」って言うてたからね。

一度フランスで美味いメシを食ってみたいモンです。
Comments (2)

じゅくちょが行く!パリ珍道中 vol.5

2008-11-11 | 珍道中
初日を無事に終えた我らは、Silmo d'Or(シルモドール)パーティに参加するため、一旦ホテルに戻ってから行くことにしました。
初シルモと言うことで、パリッとスーツで決め込んだ相方は、一日中歩き回ったので、足イタイイタイと騒いでおりました。
「帰りは絶対にトラム乗りましょね~!」と心からの叫びをダニエルに伝えたところ…、
「金持ちやなぁ!ホナまた来年!」とダニエルに一蹴。。。
こりゃ埒あかんと言うことでダニエラに言ってみると…、
「新鮮な空気が吸いたいから、歩きたい。」と軽~くお断りされていました。
雨も降ってるねんで!?
でも乗りましたよ。ラクやったね~!

マクドで軽くメシをいなした後、ダニエラを除く野郎3人で会場へと向かいました。
再びメトロに乗り込む!


会場はエッフェル塔の近くです。


しかし、入り口がわかりません!
彷徨う3人。。。しかし招待状に記されている入り口付近で、同じように彷徨う業界関係者らしき人がチラホラ…。
探しまくってやっと入り口ハケーン!
エライ人混みです!
「招待状を持っている!」という選民意識は全く通用しませんな。


そこで無理矢理突入!
そこは水族館でした。


水族館でパーティをするなんざオシャレやね!
日本では考えられへんね!
でも水族館って基本的に通路なんで、人が集まる場所がないんやね…。
しかし、伝説男ご一行様と合流できましたよ。


ぶっちゃけた話、何てないパーティでしたな。
ロクな食いモンが無くて、マクド食って行って良かったと思いました。
タダ酒煽って撤収。

足パンパンです。。。
Comments (2)

じゅくちょが行く!パリ珍道中 vol.4

2008-11-10 | 珍道中
30日(木)
朝、同じホテルに宿泊していた、ダニエル&ダニエラとフロントで3ヶ月振りに再会!
固い握手と熱い抱擁とチカラいっぱいの往復ビンタで再会を祝福しました。

会場まで歩いて行けるというダニエルの誘いに乗って選んだホテル、パリの街を散策しながら会場までって「何か粋やね!」
と思っていたのですが、死ぬほど寒いんでやんの!
途中、セーヌ川を渡るのですが、メチャメチャ寒いっちゅうねん!
しかもワリと距離があって、軽く20分は歩きました。
横でトラムが走ってるのにね。。。

んで、会場に到着。
IOFTで言うトコロの「ブティックゾーン」はSilmoでは「village」と呼びます。
コチラでは「ゾーン」ではなく、「ホール」です。
とにかくデカいんです。
2年前とホールが変わっており、辿り着いた4日間の城がコチラ!



グロテスクだからと言ってグロくないのよ。

皆さまお待ちかね?の新作なんですが、公式blogでも発表されていないので、ココで先に言ってしもてもエエんかなぁ?と悩んでおります…。

軽~く画像でも載せておきましょか!


コレは何じゃらホイ???



<撮影協力:チョー・ネクタイ氏(埼玉県出身)>

本編の方が中身薄いとか言わないの!
Comments (4)

じゅくちょが行く!パリ珍道中 vol.3

2008-11-09 | 珍道中
まだモンサンミッシェルを引っ張りまっせ!
このまま行けば、本編のSilmoが大幅にカットされるかもしれません…

いよいよ内部突入じゃい!
門をくぐって左側にさっき昼メシに食ったオムレツのお店があります。
何ちゅう名前やったかな?「メリーさんの羊」でもなく「ネリーさんだ象!」でもなく、きっと「プラールおばさんのオムレツ」やったと思います。


先に見える水門を越え、登り坂沿いに村が軒を連ねます。
昔は沢山の人々がすんでいたそうですが、現在は人口30人ほどだそうです。
その町並みは、今はお土産屋さんやレストラン、ホテルになっておりました。

ギュンギュン坂を上ります。



汗かきまくったので、頭を水で流しましょう!


一面、干潟です!天気もイイので気分サイコーです!



振り返ると…、

ババーン!


サザエでございまーす!



はしゃぎすぎてたら、誰もいなくなっていました。。。



さささ、いよいよ建物の中へイーーーン!!!





火事で焼失したり、監獄として使用されていたりと、増改築が繰り返されたモンサンミッシェル。
内部は迷路さながらの複雑さです。
一人でくれば迷子確定です。

また建物から出ても、迷路のように路地が入り組んでおります。
まずは休憩。。。


オシッコしたくなったので、民家でトイレを借りましょう。

お留守でした。。。


相方ハケーン!


まかれた…


ドコにいるの?



無事合流でき、駐車場からパチリ

さらば!モンサンミッシェル!

そして、また来た道をひたすら5時間
パリ市街に着いたのは、午後9時!
まだまだヤングなオサーン二人組は、まだホテルには帰りません!
メシ食いにレストランを探しがてら、コンコルド広場へ…。

このコンコルド広場ってのは、かなりの吹きっさらしでメチャメチャ寒いんでやんの!
しかもここいら辺りにはレストランがありません。
飢えと寒さをガマンしつつ、シャンゼリゼ通りを凱旋門目指してトボトボ歩く。


何や知らんけど、メチャメチャ綺麗な建物!

凱旋門間近で「ヒポポタマス」というチェーンのステーキ店に入る。
英語のメニューがなく、唯一読めた「BBQ RIB」をオーダー。ワリと美味かったの。
しかし、ビールよりも水の方が値段が高くてビビった!
デッカいボトルで「ドン!」と出てくるからね。
『「水」=「無料」』という日本の常識は通用しませんから、ご注意を!

まだホテルに戻らず、ベタな場所でベタな写真を撮ってしもた…。


次の日からが本番やのに、疲労度は70%に達していた。。。


続く! …のか?


Comment

じゅくちょが行く!パリ珍道中 vol.2

2008-11-08 | 珍道中
29日(水)
今日はパリを飛び出して、モンサンミッシェルへ行きます!
電車とバスを乗り継いで行くには、ちょっとややこしいと聞いていたので、ツアーに申し込んでバスで行くことにしました。

集合時間は朝6時55分。
早すぎるやないかぃ!
何とか頑張って5時に起床し、まだ暗いパリの街へと繰り出しました。

まずはメトロ。


そして原チャにまたがり…。


名前も知らん広場を抜けて、


集合場所へ到着。
やっと朝日が…。


バスに乗り込み、一路モンサンミッシェルへ!
片道約5時間!12時間以上も飛行機に乗ってきた次の日に、バスで5時間はアホとしか言いようがない行動であーる。

のどかな光景が広がる高速道路をひたすら突っ走るのであーる。
途中で思いっきり雨が降る。
ドライバーズシートまで横殴りの雨であーる。
かなりヘコむ。

しかし、ノルマンディ地方に着く頃には、雨は止んでいたのであーる!
ほんで見えたがな!見えてきたがな!

テンションギューン

でも、その前にメシ。。。
名物のオムレツです。

味はと言いますと、大騒ぎするほど美味しいモノでもなく、フツーの卵焼きでした。
ほんのりガッカリ気味のオイラは早くモンサンミッシェルに行きたかったので、みんなを置いてヒッチハイクを敢行!


誰も停まってくれませんでした。。。

仕方なく、再びバスに乗り込み、遂に到着!

この時点でテンションがマックス

続く?
Comments (2)

じゅくちょが行く!パリ珍道中 vol.1

2008-11-07 | 珍道中
2008年10月30日~11月2日まで、花の都パリにて行われた世界最大級の眼鏡の展示会であるSilmo展に行って参りました!
2年振り3度目の正直でございます。

28日(火)
今回は、ちょっとパリから足を伸ばして観光したろ!と企んでいましたので、ちと早めの28日に渡仏することにしました。
いつものように、関空から飛び立ちます。
相方のイトコと出発ゲート前で待ち合わせ、発券カウンターで並んでいると…。
そこに「伝説の男」がやって来ました。

オイラ:「あれ?出発はkjhgとちゃうん?」
伝説の男:「そうやねんけど、僕と一緒に行く人たちはvdfgbui8978しもてん。」
オイラ:「えっ?どーいう事?」
伝説男:「だから僕は出発のybftvdrcxっsやんか!」(半ギレ状態で)
オイラたち:「ウソや~ん!それって最低やんか!」(呆れ状態で)

本人から強く口止めされているので、肝心な部分は想像にお任せします。
今回の伝説はパリではなく、日本にて起こっていたのです。

ままま、伝説マンを後目にオイラたちは蕎麦食って通関してたら、時間ギリギリになってしまいました。
またもや痛恨の不手際!両替でバタバタ。でも間に合ったよ。

まいどお馴染みのKLMオランダ航空にてロシアを横断し、ヨーロッパに乗り込みます。

相変わらず、メシがマズすぎます。
デザートは相変わらず、アイスクリームかカップヌードルを選ばせます。
比較対照が絶対に間違ってます。 そして、カップヌードルをチョイスしてしまいます。

何のトラブルもなくアムステルダムのスキポール空港に到着。
雹(ひょう)が降ってました。激サムです。
パリ行きのフライトまでダラダラと時間を過ごし、現地時間の午後8時ころにシャルルドゴール空港に到着!
そしてロワシーバスでオペラ座まで行きます。

この建物は何回見ても、ベタにヤバいね。
でも肉体的にヘロヘロ状態やったので、早速メトロ(地下鉄)に乗り込みホテルへ向かいました。

ホテルに無事到着したときには、日本を出て17時間が経っていました。

翌日は5時起きなので、メシも食わずに撃沈。。。

そう、このベッドでオッサン二人が6泊したんです。


新しい世界が開かれるかと思いましたが、お互いが思いとどまったようです。


Comments (2)

高飛び。

2008-10-27 | 珍道中
八時丁度のあずさ2号で 私は私はあなたから 旅立ちます ♪ 狩人

ミネラルウォーターで洗車…ややや、じゅくちょです。
大金持ちになったときに、やってみたい贅沢です。
…大金持ちになったら自分で洗車せぇへんな、きっと

オイラは明日から来週の火曜日まで日本脱出を謀ります。
母親の生まれ故郷である、パリに行って参ります!
ちなみに母親の名前は「道子」ですが?
パリの隣にある「堺市」出身ですが?

何で行くかって?
モチロン、仕事ですよ。
世界最大級のメガネ展示会であるSilmo展に行くためです。
こたびはオイラ、売り妓Haaaaaaaaaan!ですからね。

だからホンマに仕事メインです。
前回までは、遊びが半分ぐらい混じってましたけど、今回はピュアにジョブです。

この独り言をお読みで、「オレ(ワタシ)も行くでっ!」とおっしゃる数少ない方がいらっしゃれば、現地で髭男爵よろしく乾杯しましょう。
そして、grotesque|frameのブースへ足をお運びください。
岡八郎のポーズをしながらお待ちしております。
スキがあったら、どっからなりとも かかってこんかい!(後ろに見える船場太郎が若い!)

今日は盟友「キムラちゃん」が昼間っから更新していたのでマネしてみましたが、グズグズな内容になってしまいました。

ままま、こんなチョーシで1週間ホド穴を空けますが、皆さま、広い心とほんの少しの優しさで、オイラを見守ってください。
そして抱きしめて、もう離さないで! 私を抱いて、そしてキスして!


気が向けば、アチャラから更新を試みます。
ただ、パケホーダイが適用されへんらしいから、どないしよっかな?と思案中でございます。

ホナ

Comment (1)

爆走!おっさんチャリダー!~後編

2008-05-08 | 珍道中
転げ落ちたら 五体バラバラ 腕が折れる足が折れる背骨が折れる ♪ アンジー

岩手県で岩の手で往復ビンタ…ややや、じゅくちょです。
早さはマッハ。

大門から奥の院まで、約3.2kmもあるのです。
でも基本は下り。ラクチンです。
途中で胡麻豆腐で有名な「濱田屋」に立ち寄り、胡麻豆腐を購入。
やたらと高い。
しかも、「保冷剤お持ちですか?」「ご自宅には何時頃お帰りになりますか?」などと尋問した挙げ句、キッチリと保冷剤の料金もお取りになります。
もの凄くエラソーです。
でも、腹立つけどメッチャ美味いのです。

重たい荷物を背負い、奥の院を目指す。
さすがに祝日最終日、車がいっぱいでそこかしこで路駐だらけ。
チャリなオイラたちは横目でスイ~。やっと得られた優越感。
奥の院に到着。

ずっとチャリにまたがってから降りると、歩き方がヘンになります。
奥の院は小学校3年生以来なので、初めてな感覚でした。
お参りを終えて、弥勒石を持ち上げ、高野まきを買い求め、早速帰路につきました。

さっき下ってきた分、大門までは登り。
しかし、たかだか知れてます。でも立ち漕ぎは怖いのでしません。
大門を過ぎ、いよいよヘーコラ言いながら登ってきた坂道をダウンヒルです!

めっさ気持ちエエ~!

丁度、昼飯時やったからか、下る車はほとんどいません。
下り道貸し切りっ!

ヒーヒー言いながら1時間かけて登った道を、約10分で駆け下りてしまいました。
その後、川沿いの道を景色を楽しみながらサイクリング。
美味い空気を吸いまくり。

山小屋まで後6キロほどまで戻ってきましたが、ここからまたアップダウンが始まるのです。
足は休まったと思っていたオイラ、性懲りもなく立ち漕ぎに挑戦!
結果はアウト!
再びシッティング。。。

いよいよ山小屋が見えてきた「ヘトヘトでも楽勝やな。」とタカをくくってた坂でヒーコラヒーコラ言わされました。
最後の最後までキツかったっす…。

それにしても、新しい何ががオレの中で目覚める、世界は廻る感じになりました。 赤字部分 「Spark」 by YELLOW MONKEY

しかし、これだけ体を動かし、汗をかいた後ってビールを欲しがらないんですね。。。
絶対にウマイと思ってたのになぁ…。

本日のひと笑い。
FUJIWARA 「ストリート・パフォーマー」

おっさんパーンチ!
Comment