【類子屋・類塾】千里中央学舎~意欲と追求心を再生する~

所在地:豊中市新千里北町3-1-4
お問い合わせ:06-6304-5027

発達支援は必要ない!?遊ぶだけで十分!!

2021年12月17日 | 教育

類塾では、お子さまの勉強や成績にとどまらず、子育てにまつわるさまざまな相談を受けますが、その1つに、近年「発達障害」についての相談が増えてきているように思います。

同世代の子どもと比較しては、これができないと将来生きていけないんじゃないかと不安になって病院に行き、「発達障害」と診断されることで逆に「安心する」とおっしゃるお母さまもいるほど。

 

自分の子どもが他の子よりもできないことがあると、すぐに不安に陥り、足りないものを補おうと医者や病院に安心を求めたり、習い事や○○教室に通わせてしまう。というのは、発達障害の診断、病名の有無に限らず、あるあるかもしれません。

今回は、遊学舎に通うあるお子さまの成長エピソードを紹介します。

 

 

Aくんは、言葉の発達が少し遅く、初めの頃は何を話しているか聞き取るのが難しい程で、発達障害検診で「グレー」と診断されていた生徒。

 

でも、遊学舎で毎日元気に遊ぶ中で、お兄さんやお姉さんの名前を少しずつ覚えてきて、〇〇くん!と仲間の名前を呼べるようになったり、お兄ちゃんやお姉ちゃんの話している言葉を真似してみたりと変化がありました。

 

そんなある日、Aくんの最近の様子を報告していると、お母さまからもこんな話が…。

「言葉の発達が遅いのが心配になり、児童発達支援の施設に行ってるんですが、その先生から最近すごく変わったと言われたんです!1年以上ほど支援施設に通っても目につく変化もなく、さらに不安になって他の施設にも通うほどでした><。

ところが、遊学舎に来るようになって思いきり仲間と遊んでいるからか、『言葉が聞き取りやすくなった!』と施設の先生も驚いていたんです!遊学舎に通い始めてから変化が見られたとのことだったので、たった10日ほど『外で思いっきり遊んだ』だけでこれだけ変わるのだから、本当に外遊びって大事なんだと実感しました。」

 

また、それだけではなく、普段は周りと違う行動ばかりしていたのが、最近は妹の面倒や家族のために動いてくれるようになってきたと大きな変化もみられたそうです!

 

仲間との外遊びですべて解決していく!

 

言葉の習得過程である「聞く」→「真似」→「話す」は遊ぶ中でいたるところにあります。

この能力を高めよう!と、人工的なカリキュラムの中で頑張らなくても、異学年の仲間と遊ぶ中で、自然と言葉は身についていきます。

 

それは言葉に限らず、心や行動面でも!

 

「優しくてかっこいいお兄ちゃんのようになりたい!」と内発が刺激されるので、相手のためとか意識しなくても、その子もみんな発の行動になっていきます。

 

本来、子供たちは仲間との遊びの中で挑戦や失敗を繰り返し、感情や社会性、知性等を発達させていきます。

そのため、全ての能力の土台を大きく、太く育むには、「遊び」に一本化していくことで十分!

 

「うちの子、もしかして発達障害では…?」と不安になったとき、専門家や病院に頼る前に、まずは仲間との外遊びをさせてみませんか??

 


全国学力調査の結果は大人への評価

2021年12月03日 | 教育
全国学力調査の結果は大人への評価

先日、小・中学校の全国学力調査の結果が公開されました。


 


大阪府は小中ともに全科目で平均点以下。中でも中学国語は政令指定20都市の中で、ダントツの最下位 (ワースト2は堺市)。


なかなか最下位から抜け出せていないのが現実です。


 


ここで、改めて全体の状況を整理し、大阪府と他府県の相対比較してみると、ある特徴が見えてきました。


 



●小学・中学国語では、“文章に表れているものの見方や考え方を読み取って、要約したり、自分の考えを表現すること”に関して他府県に大きく差をつけられている。


 


●小学算数では、7割5分以上の正答率だった「変化の関係を読み取るなどの能力(関数的な能力)」や「データの活用(資料の整理)」の内容。なぜか中学に入ると、正答率が5割程度まで下がってしまっている。ここで求められていたのも、データや資料を論理的に読み解き、自分の考えを記述する問題。


 



 


みなさん、この結果をみて、お気づきのことはありませんか?



例年学力テストは最下位レベルから脱せれない大阪。


一方で、通塾率は全国トップレベルと言われています。


この矛盾する事象は、何を表しているのでしょうか?


 


子供の能力育成を学校や塾などに外注していくと、大人からの強制や管理、宿題は大量に出され詰め込んでいく、あるいは個別に面倒みよく“教えて”もらうぐらいしかありません。


その結果、“自分の頭で考える力”がとことん失われているのです。


 


つまり、これらを生み出している元凶が大人たちだとしたら、これらの結果は子供たちの学力ではなく、大人たちへの評価そのものなのです。


時代遅れの誤った教育の被害を受けるのは、他ならぬ子どもたち。


私たち大阪府民は、早急に自分たちの教育観を見直し、周りの教育観を変えてゆかなければなりません。


類活イベント参加者から、驚き、喜び、決意表明の声がたくさん☆その変化の理由とは?

2021年11月26日 | 教育
類学舎生の仕事がスゴイ その1 ポスティング編


皆さんはポスティングと聞くとどんなお仕事を思い浮かべますか?

ポスティングと聞くとチラシをポストに入れるお仕事だ!と思う方も多いと思います。

ところが類学舎生の子がやっているポスティングはただチラシをポストに入れるだけではありません。

仕事が始まるのはポストに入れる前段階、ミーティングから始まります。

■自分たちで課題を組み立て、役割分担

ミーティングではチラシを配布するエリアと担当人数を伝えるだけで、皆の役割分担や1週間の仕事の段取りも自分たちで決めています。「今週は、一番人数が多い○曜日に配布枚数が多いエリアをやろう。人数が少ない日は近くのエリアで…」「今日はこの2つのエリアで、マンションが多いエリアは身長も考えて高学年と低学年のペアで行って…」と課題のポイントを押さえみんなで追求!

さらに、「配布を依頼した人って何を求めてるんだろう」「このチラシでどうしたいかなぁ」など、素直な子どもたちは、すぐに相手の気持ちになって考え、自分たちが配布するチラシの背景にまで想いを馳せているので、依頼する側からも類学舎生に配ってほしいと期待がかかるほど。

■仲間をまとめる、育てる

ポスティングチームは10人を超えることも多々あり、初めて仕事をするメンバーや低学年のメンバーもいます。そんな中で初期から学舎に通うメンバーたちは「今日は僕がまとめ役やります!」と率先してまとめてくれます。

他にも集合の声掛けに、エリアの役割分担、チラシを配布するときのコツなどなど後輩に伝えている様子!
そんな先輩たちの姿をみて、初参加メンバーも安心して仕事に向かい、期待に応えるとはどういうことか、全身で感じ取っています。そして次第に「次は自分もまとめ役やってみたい!」という声も出てくるように。

本当に小学生!?と思うほど頼もしい仕事ぶりです♪

■「自分さえよければいい」から「みんなで一体になって充足したい」

そんな類学舎生も開舎当初は、その日の課題と動き方をみんなで共有しても、直後に「なにすればいいんですか~?」「どこに配ればいいですか~?」と仕事になっていませんでした…

はじめはバラバラだった学舎生たちがなぜここまで変わったのか、彼らの意識にどんな変化があったのか聞いてみました。

「最初は学校の代わりに行く所くらいにしか思ってなくて、周りのことも考えてなかったし、仕事も言われたことやっとけばいいと思ってた…」

「でも仕事をみんなでやっていくうちに、大人の仕事ってどんなんなんだろう?期待を掴んでないと役に立てないな…皆ができるようにならないともっと大きな期待には応えられないなって思うようになったかな。」

「チーム同士で連携して配布をやりきったり、同じチームの仲間と声を掛け合って早く配布したりできたのが嬉しくて、バラバラよりもみんな一体の方が楽しいってわかったから!」

そんな相手の期待を掴みにいこうとする子どもたちの姿勢はまさに仕事の原点です。

相手の期待が掴めたら、その期待に応えたいという原動力が一気に湧き出ます。

「僕たちにできることは何?」「反響を出すためにはこうしたらいいんじゃない?」など、勉強圧力に封鎖されていないので、追求力も活力も大人以上にパワフル!


「ここで人と向き合うのだけはやめたらあかん。そんな人間絶対生きていかれへん。」

2021年11月12日 | 教育

<p><p>日本でイキイキ働いている社会人はわずか6%と言われていますが、そもそも“活力”はどのように生み出されるのでしょうか?</p><br /><p> </p><br /><p>私たちは日常に起こる様々なできごとに対して、嬉しい、楽しい、悔しい、腹が立つなどいろんな気持ちになりますが、実は、<strong>この“感情の動き”こそ、活力の源になっているのです。</strong></p><br /><p>教育事業部で急成長中の2年目・Sくんの気づきをご紹介します!</p><br /><p> </p><br /><p>・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。</p><br /><p> </p><br /><p>ある日の遊学舎での水遊び。</p><br /><p>子供同士のいざこざで、意地を張って「類塾やめる!」となり、周りの謝罪すら耳を塞ぐ状態。</p><br /><p>最近の彼らが喧嘩をすると大体とる手段が「(迎合した感じで、)ごめんね、帰ろう?」とか「もうそんなことしてないで、早く帰ろうや!」。</p><br /><p><strong>またそんな感じで長期戦かな…と思ったが、ある生徒がとった言動が凄かった!!</strong></p><br /><p><img class="wp-image-12169 size-large alignnone" src="https://rui.ne.jp/blog/wp-content/uploads/2021/09/2821020_m-500x667.jpg" sizes="(max-width: 500px) 100vw, 500px" srcset="https://rui.ne.jp/blog/wp-content/uploads/2021/09/2821020_m-500x667.jpg 500w, https://rui.ne.jp/blog/wp-content/uploads/2021/09/2821020_m-225x300.jpg 225w, https://rui.ne.jp/blog/wp-content/uploads/2021/09/2821020_m-768x1024.jpg 768w, https://rui.ne.jp/blog/wp-content/uploads/2021/09/2821020_m.jpg 1440w" </p><br /><p> </p><br /><p>「やめたいなら、やめたらええ。俺がお母さんに理由も説明したる。</p><br /><h2>でもな、ここで人と向き合うのだけはやめたらあかん。そこから逃げたら一生逃げる。そんな人間絶対生きていかれへんと思う。</h2><br /><p>ちゃんと話すだけ話してそれでも許せなかったらぶん殴ったらええ。やめてもええ。そこまで向き合おう。」</p><br /><p> </p><br /><p><strong>どんな慰めや説得でも動かなかった生徒が、このあまりに真っ直ぐな一言で動き、そして自ら「ごめん、俺も何か悪かったかもしれん、教えて欲しい。」と。</strong></p><br /><p>これを経てからは「絶対やめたくない!!また来る!!」と喧嘩した者同士で楽しそうに遊び続けていた。</p><br /><p><img class="wp-image-12168 size-large alignnone" src="https://rui.ne.jp/blog/wp-content/uploads/2021/09/1228305_m-500x333.jpg" sizes="(max-width: 500px) 100vw, 500px" srcset="https://rui.ne.jp/blog/wp-content/uploads/2021/09/1228305_m-500x333.jpg 500w, https://rui.ne.jp/blog/wp-content/uploads/2021/09/1228305_m-300x200.jpg 300w, https://rui.ne.jp/blog/wp-content/uploads/2021/09/1228305_m-768x512.jpg 768w" </p><br /><p> </p><br /><p><strong>「子供の喧嘩に大人が介入しないでどうする?!」との声もあるが、遊学舎の真価ってむしろこの人間関係のぶつかりにこそあるのではないかと思う。</strong></p><br /><p>「どうやっていざこざを起こさず、回避するか?」の思考って成長の機会を完全に奪っている。</p><br /><p> </p><br /><p>遊びの中は「楽しい、悲しい、暑い、痛い、むかつく、負けたくない」とか感情がめくるめく動くからこそ思考も自然と回っている。</p><br /><h3>感情がある限り思考は回る。そしてそれがエネルギー・活力の源泉となる。</h3><br /><p>たとえそれが「痛い、辛い、しんどい」という負のエネルギーだって活力に変わりうる。</p><br /><p> </p><br /><p>…これだけの気付きで、自分はどうなのか?ここまで感情が動いているのか?そのままでは生きていけないと本気で思えていたのか?</p><br /><p>親が子供を封鎖しているなら、子供の意と反して成績第一にするなら、<strong>その怒りの感情を目の前の対象と一体化するためのエネルギーに変えていくだけ。</strong></p><br /><p>この感情の揺れを活力に変えていく。</p><br /><p><img class="wp-image-12170 size-large alignnone" src="https://rui.ne.jp/blog/wp-content/uploads/2021/09/%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%AF%E3%82%AF-500x281.jpg" sizes="(max-width: 500px) 100vw, 500px" srcset="https://rui.ne.jp/blog/wp-content/uploads/2021/09/イキイキワクワク-500x281.jpg 500w, https://rui.ne.jp/blog/wp-content/uploads/2021/09/イキイキワクワク-300x169.jpg 300w, https://rui.ne.jp/blog/wp-content/uploads/2021/09/イキイキワクワク-768x432.jpg 768w" </p><br /><p>・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。</p><br /><p> </p><br /><p>現実の中で生きていれば、いろんな感情が駆け巡ります。</p><br /><p>その場で一喜一憂して終わりにしたり、そもそも感じたことに蓋をして、日々なんとなく流してしまっていませんか?</p><br /><h4>これから求められるのは、湧いてきた感情をエネルギー源に、みんなとの一体充足を生み出せる人=活力を生み出せる人なのだと思います☆</h4><br /><div class="label-date idx f"><br /><div class="label recruiting"> </div><br /></div></p>


母子共同生活レポ ② 可能性もいっぱい♪課題もいっぱい☆

2021年11月05日 | 教育

前回ご紹介した、ママ友数人と、子供たちとの泊り会(リンク)。

そこから「母子共同生活」を本格的にやってみよう!と、ママ3人、子供たち4人で実践した1週間の『プレ母子共同生活』。

 

一体、どんな毎日だったのでしょうか?

 

●当番制や、役割も決めない!ぶっつけ本番でスタート♪

1週間のママの予定は、この日は誰が遅い日など、事前に分かってはいましたが、かといって、じゃぁ、「月曜日は誰がご飯当番」など、決めることなくスタートさせました!

だって、急遽、仕事が延長することもあるのが働くママたち!

その時その時に、必要なことを担える人がやる!そういう暗黙の了解のもと、家事も子守も、みんながみんな自然と動き、「母ってすごい!」と自分たちでも驚くほどの連携でした♪

 

●お兄ちゃん、お姉ちゃん、弟、妹、みんなと過ごせることでの子供たちの変化

一人っ子の4歳Yくん。普段は自分が甘え放題だけど、2歳のMちゃんが泣いていたら、「大丈夫だよ~!」とずっと手を握って待ってくれたり、帰路を一緒に歩いてくれたりと、兄貴っぷりを発揮!

 

今までは、朝は眠い&ちょっと甘えたいで、しばらく母べったりだった2歳のMちゃん。でも、起きたらすぐに、お兄ちゃん、お姉ちゃんと一緒に遊びたい!の気持ちが上回り、朝おきても全くグズらなくなりました!

遊び相手がいると、そっちの方が楽しいから、どんどん遊ぶ子どもたち。おかげでTVをほとんど見ない生活に!!

家の中で、階段の手すりを使って、ブロックを滑らせる遊びを考えたり、その中で、どうみんなで順番を回すのかも自分たちで決めてやったりと、日々いろいろ工夫していました♪

そして、なんと4歳5歳のYくん、Rちゃんは、お兄ちゃんたちがいなくとも、「公園行ってくる!」と近所の公園に自分たちで遊びに行ってしまうほどの行動力も身に付けました!

 

みんなと過ごせることに喜び、たった一週間でも年長者はお兄さん、お姉さんらしく、年少者たちは思う存分甘え、年長者を真似てたくましく成長!

●毒親化を、少しでも阻止できるありがたさ☆

子どもの機嫌が悪い時、いつもだとこっちもイライラしてしまって怒ってしまい、余計悪循環に。。。

ある日、急ぎの用で出かけないといけなくなったRちゃんのママ。その状況を分かっていながらも、「あめが欲しい!」と駄々をこね始めたRちゃん。「あとでね!今は我慢して!」と言い聞かせても、余計にヒートアップしてしまう。あるあるですよね。。。

 

そんな時は、別の母にバトンタッチ!

「一緒にこれしよっか☆」と気分を変えながら、「Rちゃん、お腹すいてたんだよね」と、気持ちの共有をしていくと、「うん。Rちゃんお腹すいてたの。だから怒っちゃったの><」と、すっかり落ち着いていつも通りに☆

 

こんな風に他の母にバトンタッチできる環境があることで、お互い心を落ち着かせることができる♪その後は、ママともすんなり仲直り☆

いつだっておおらかに子供たちを受け止めてあげたい!そんな風に思ってはいるものの、現実はなかなかうまくはいかない(笑)そんな現実に、自己嫌悪に陥ることもしばしば。

 

だけど、子供たちへの声掛けや接し方も、ママが3人いれば3様試せる♪

またそうなりそう!って時に、母と子が一旦離れて気持ちが切り替えられる時間があることで、本当に気持ちが楽になる☆

こうして、毒親化を、少しでも阻止できるありがたさが身にしみました(涙)

 

●やってみて見えた、壁や追求ポイント

仕事も子育ても「やらなきゃ」に占められがちな現代母。

こうやって、共同生活で協力し合っていてもなお、まだまだ余裕はなく、もっとママ同士でおしゃべりしたり、もっともっと子どもたちを信じて、手放す時間を持ちたいところ。

 

また、「自分の子供」「自分のママ」を越えられる関係になっていくには?

“母子”共同生活ではあるものの、実際の夫婦関係のあり方は?

それぞれの子育て観、価値観、それでみんなとやっていける?

などなど、今まで向き合い切れずに見て見ぬふりしてきたことなども、開き合って共有し、追求していく必要性も感じています!

可能性も大いに感じつつ、同時に、本当の実現には課題がたくさんあることも感じた、プレ・母子共同生活。

本格的な実現に向けて、まだまだ追求はつづきそうです☆(が、絶対に実現させたいです♪)