類塾・茨木阪急教室 ~新しい寺子屋 天才教室~

天才とは追求力を失わない人。子どもの生きる意欲と追求心を再生する、新しい寺子屋:天才教室のブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

子育てで悩んでいませんか?②

2018-04-29 10:36:58 | 子育て
私自身も男親ながら、子育ては大事と思っていました。 今のお母さんは、私も含めて、私の両親も含めて核家族が当たり前の世代! 子育ては、誰にとっても何番目の子であっても初めての経験ばかり。 そんな、お母さんが読むと「え~!?そんなことしているの?」 と思うような記事を発見! 是非、よんで欲しいなと思う内容です。 「どうしてそんな子育てできるの?」記事はこちら。 今、類グループ本社で . . . Read more
Comment

親と 子どもの認識のズレ!?

2018-04-28 10:49:37 | 学習
先日、茨木阪急教室にお邪魔して、探求科の授業に参加してきました~! 保護者の方も一緒に参加されて、楽しい時間になりました。 この日のテーマは、【「追求力」「同化力」「試行錯誤力」を考えてみましょう!】 皆さんは、どうのような「チカラ」のことを想像できますか?また言葉化できますか? 保護者の方は、出てこなかったですね~ 子供たちから、事象を取り上げいろいろと考えた中身を発表 特にいいな~ . . . Read more
Comment

「勉強しなさいっ!」~スマホを与える矛盾?

2018-04-27 10:26:11 | 子育て
この間、仕事で多くの方とお話をすることがあり、小中学生とも話しをする事があります。 「お家の人って勉強しなさいっていう?」 「めっちゃ言う!!」 そんな話しを多くする。決まって、詰め込み?宿題の多い塾に行っている! その子たちは、スマホを手に話す機会が多い。 その時、学習定着率の話しをよくさせてもらう。 半年後の学習定着率は講義5%、プリント演習10%に対して、議論50%他者に教えるは . . . Read more
Comment

子育てで悩んでいません?

2018-04-26 09:58:55 | 子育て
子育てって難しいですよね 男親として、子育てにたくさん関わろうとしていました。 ウチの子「天才かも~」と思う瞬間がいくつもあったものです しかし、私がかかわる時間は、仕事の休みの時だけ、やっぱり母親がかかわる時間のほうが断然多い。 母親の力というものが多くかかわると思います。 今日も面白い記事を見つけましたので、リンクを貼り付けて読んでもらいたいと思います 「天才はこうして育つ? 子ど . . . Read more
Comment

理科実験会が大好評~!早く申し込んでよ~!!

2018-04-25 21:59:20 | 学習
茨木阪急教室の4月28日の理科の実験会が大好評~ 是非、保護者の方も見に来て下さい 塾は、教えるだけではなく、自ら考え、仮説を立て、立証していく事(追求する力)が必要なのですよね。 社会で生きていく、子供たちが自分の足で立って行動できる力は、親が見守っていくものですよね そんな力が身に付く授業を是非、お子様と一緒に体験して下さい! 理科の実験会のお知らせはこちら。 ℡ 072-6 . . . Read more
Comment

AI面接を導入すると「出身大学もう関係ない!?」

2018-04-24 10:47:58 | 学習
この人工知能ができてきた頃のNEWSが、初めて流れたとき、 「え~」となった そこまで、来たか~という思いだった。 しかし、人員削減という時代に飲み込まれていって、私たちの仕事がAIにとって変わる時代もさらに近くなった。 悲観しても仕方ない 私たち自身が、どのような能力が必要かを試される絶好の機会と捉えて、日々頭と身体を使い、人にしかできない役割の仕事を見つけていくしかない 気になる記 . . . Read more
Comment

実は世界最高水準だった! 江戸時代の「和算」とは

2018-04-21 10:53:33 | 学習
今の数学とは違い、昔も和算という形で数学を学んでいた。 そうなんや~へ~って感じでした 全く勉強が嫌いだった私にとって、数学の歴史認識なんか知らないし、興味もない 日本人って能力の高い人がたくさんいたんだ、と思うことが多い。 日本人の追求力の凄さを感じる投稿でした。 自由研究で、和算について、調べていくのも面白いかもしれませんね。 和算についての面白い記事はこちら。 ℡ 072 . . . Read more
Comment

2020年より大学入試が大きく変わる!

2018-04-21 10:30:04 | 学習
2020年より大学入試が大きく変わることをご存知でしょうか? これまでのように 知識を暗記する力 から 答えの無い問題に対して自分なりに表現できる力 が求められるようになります。 なぜ大学入試が変わったのかというと、社会状況の変化が上げられます。 加速する人工知能(AI)の進化により答えのある問題は人工知能に仕事を奪われ、仕事の多様化によって分野の狭い専門性の高いスキルをもった人材よりも何に . . . Read more
Comment

英語リスニングの1000時間神話を崩す1日20分の勉強法!

2018-04-20 21:37:04 | 英検
英語って、難しい 確かに今の学校教育では、話す英語ではないですよね 実際の中学校からの英語は、話す、聞く、コミュニケーション能力を上げるという学習方法にはなっていませんよね 面白い記事を見つけましたので、読んでみてください 英語リスニングの1000時間神話を崩す1日20分の勉強法!こちら 茨木阪急教室では、英検対策無料学習会を実施中ですお知らせはこちら。 ℡ 072-622-44 . . . Read more
Comment

小学校2年生の息子が学校に行かない→「本当の勉強」が今の学校教育では出来ない。

2018-04-19 10:45:44 | 学習
勉強、勉強って本当に言わなきゃいけないの? 私の息子にも、言ってきたのかもしれません。 しかし、高校に入って夏休みになり、人間関係が嫌になり、やめたいと言い出しました。 その時の私は、高校をやめてもいいと言いましたね。 無理していかせることもないと感じていました。 そんな息子も今や29歳。良い大人になりました。しっかりとした考えの持ち主になっています。 面白い投稿がありましたので、 . . . Read more
Comment

~4月無料イベント☆理科実験会のお知らせ~

2018-04-19 09:55:59 | 学習
いつもお世話になっております。類塾茨木阪急教室です。 新学年となり、5月の大型連休を前に茨木阪急教室では小学生を対象に無料企画「理科実験~楽しむ中で勝手に身につく~」を実施します。 学校の教科書では養えない現実事象に対する「なに?なんで?」を一緒に追求し、楽しんで学んでいく時間を計画しております。 つきましては下記日程をご確認頂き、ぜひご参加ください。 日 時:4/28(土)17:00~1 . . . Read more
Comment

アクティブラーニングって、学校では成立しないの?と卒塾生から

2018-04-18 11:08:26 | 学習
アクティブラーニングを先生がやらないって! アクティブラーニングは、 教員からの一方的な講義ではなく、生徒たちが主体的に参加、仲間と深く考えながら課題を解決する力を養うのが目的。 とあるが、 社会に出て求められる能力とは、 会社に入って、どのように主体的に動き、仲間と課題を突破していくのか? 家庭では、次世代のわが子をどのように社会に出て、役に立つ人として育てるのか? 社会の一員とし . . . Read more
Comment

お父さんが授業体験!「これは人材育成に役立つ~!」と

2018-04-17 10:10:00 | 学習
保護者の父に授業体験をしてもらったが、授業を見た後に 「これはすごいですね。今の会社でもどう人材育成をしていくか?と悩んでいるのですが、育っていくには、上司の指示ではなく、こういう雰囲気が大事ですよね。」 と父は賛同してくれました。 仕事をしているお父さんには授業体験は好評だと思います。 ℡ 072-622-4425 教室ホームページはこちら。 . . . Read more
Comment

毎週土曜日英検突破会を実施します!

2018-04-12 10:34:40 | 学習
毎週土曜日に開催 英検に勝機を見出したいこの機会を存分に成果につなげたい 受験にも、今後生きてくる英検を取得していきたい そこで、毎週土曜に「英検突破会」を実施します。 ●日時:4/14(土)18:30~20:30 ●場所:ソシオ別館 ●内容 英検(準2、2級)対策 ・骨子 ①課題共認 ②自己紹介 ③課題実戦 →設問(単語系の問題演習) →ディクテーション(短文論説×2)→音読 ④改 . . . Read more
Comment

楽しんで学ぶ勉強?

2018-04-10 10:11:29 | 学習
こんにちは~ 新学期のスタートをお喜び申し上げます。 保護者の皆さん、1学期がスタートして気持ちも新たになり、期待も膨らみワクワクしていることと思います。 お母様だけではなく、子どもさんも新しい学年、新しいクラス、新しい仲間にワクワクした気持ちは一緒だと思います。 いつまでも、親子でワクワクした気持ちをいつまでも持っていていただきたいと思います。 唐突ですが 保護者の皆さん、子どもさんに . . . Read more
Comment