類塾・茨木阪急教室 ~新しい寺子屋 天才教室~

天才とは追求力を失わない人。子どもの生きる意欲と追求心を再生する、新しい寺子屋:天才教室のブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

与えられた教育に疑いを持たず、真面目に言われた通りにしてきた人に、『能力の高い人』はいるが、『尖った才能のある人』は少ない

2018-11-12 21:51:54 | 職業体験
タイトルの文章は、坪田 信貴さんの著書「才能の正体」の中の一文です。

 坪田 信貴さんは、あの「ビリギャル」の著書として有名ですよね。

 成功をしている人を見ると、「もともと才能があの人にはあったから」と思ってしまうことってありませんか?
 そういう発想が、逆に才能をつぶしてしまう、と坪田さんは言います。

 すべての人に、「才能」はあって、正しい努力と、動機付けがあれば、誰でも開花させることができる。
 でも、多くの人が、自分や他人の「才能」をつぶしてしまうようなことばかりしている・・・。

 自分の子供や生徒、会社の後輩を、どう育てたらいいんだろうか?自分って才能がないんだろうか?と迷っている人におすすめです。
 

 試し読みしたい人は、こちらから。


 類塾は新入生を募集中です。
 幼小科(5才~小4)・探求科(小・中・高)を【無償】で贈与します
Comment   この記事についてブログを書く
« これが絶対に成績が上がらな... | TOP | 低脳化が進行中 »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 職業体験