類塾・茨木阪急教室 ~新しい寺子屋 天才教室~

天才とは追求力を失わない人。子どもの生きる意欲と追求心を再生する、新しい寺子屋:天才教室のブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

~ 残念な勉強法もある! ~

2018-12-05 21:38:28 | 職業体験
こんにちは。


子どもたちは、毎日学校へ行って、勉強をしているというのは信じて疑わないでしょう!

しかしどうでしょう!


先生が一方的に話しをして、生徒は聞いているだけ!

本当に、それで知識は身につくのでしょうか?


アンケートを取っていると、一次帰国しているイタリア在住の女性が、


「息子の学校では、宿題はないと。誰が宿題をしているかわからないから。それより、なぜ7+7=14なのかを理解する方が大事。

また、スペインの教育は、知識を覚えることは不要。知識はタブレットですぐに調べられる。自分で考える力をつけることが大切」



知識を暗記する教育は、頭を使って考えていない。

「なぜ、なんで?」と考える事が大事。


暗記に近いのですが、学校の勉強が頭に入って、定着するかどうか考えるならよい方法かと思う。

アウトプットをすると、ほとんどの人は肉体化して身に付くものです。
Comment   この記事についてブログを書く
« 2020年度のセンター入試... | TOP | 面接が苦手。対話が苦手な現... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 職業体験