新しい寺子屋 天才教室 ~類塾・学園前教室~

天才とは追求力を失わない人。子どもの生きる意欲と追求心を再生する、新しい寺子屋:天才教室のブログ。

入試の勝敗は国語力とスピード力で決まる!【中3対象】作文必勝講座【9/29(土)】

2018-09-18 08:45:36 | 教育

大盛況の類塾『夏の集中講座』に引き続き、『中3作文必勝講座』を開催します。

今回の作文必勝講座では、5分で260字前後の作文を仕上げることを実践目標とします。最初の10秒で条件と期待を掴み、50秒で着想と構成を固め、4分で書き上げる「高速集中特訓」です。

 ここで培われる能力は、入試突破のみならず、社会に出てからも求められる、生涯にわたって必要不可欠な能力です。
 「勝ちたい」という意欲と闘志に満ち溢れた中3受験生のみなさん、ぜひこの機会に類塾の必勝勉強法を修得してください。

日時: 9月29日(土)
    9:30~14:00
    または
    15:30~20:10
    ※いずれかの時間帯をお選びください。
対象: 中3生(他塾生・無塾生も可能)
会場: 南方駅前教室
料金: 4,500円(税込)

※類塾生からの紹介があれば、【1000円OFF】3,500円(税込)で受講できます。
 申し込み: お近くの教室までお電話ください
 定員に限りがあります。お早めにお申し込みください。

すべての小学校、中学校でスマホが全面的に禁止になります。

2018-09-10 09:00:00 | 教育

9月から、全国の幼稚園、小学校、中学校で、子供たちがスマホを使用することが禁止になりました。

https://www.kyobun.co.jp/news/20180905_04/

 といっても、日本ではなく、フランスの話。
 マクロン大統領の公約の1つで、スマホ禁止関連法案がフランスの国会で2018年7月30日、賛成多数で可決されたそう。

 日本でも、スマホ利用が禁止されている学校は多いですが、フランスでは法律化されてしまったわけです。
 法律を支持する保護者は多いようです。

 従来からフランスでは、12歳~17歳の子供たちの学校での携帯利用が10人に9人の割合になっており、
 授業への悪影響、運動不足などが社会問題化していました。

 ブランケール教育相はスマホ中毒の増加を指摘。この法律が子供たちを守るためのものだと、取材で述べています。
https://www.cnn.co.jp/tech/35123369.html

 スマホや携帯を禁止すると、テストの成績が約6%上昇したという調査もあり、
 こうした成績上昇の効果も期待されているかもしれません。
https://mainichi.jp/articles/20180905/k00/00m/030/055000c

 フランスでは携帯電話禁止の法律は初めてではなく、2月には、ドライバーが車内での携帯電話利用を禁止する法律が成立しています。
 ドライバーは指定場所に駐車している場合のみ、携帯電話の利用が認められています。
https://japan.cnet.com/article/35123457/


面接が苦手。対話が苦手な現代人。いつ克服するの?早いほうが勝ち!

2018-09-03 10:17:04 | 教育

2020年度のセンター入試から知識問題の割合が減少、記述式になり、文章能力や面接が重視される~。

現に、就職活動中の大学生で、面接で緊張して舞い上がってしまい、

何をしゃべっていたのか全くわからない、という人が多いようです。

 

「フリー画像 面接」の画像検索結果

今まで、ペーパーテストの成績で評価されてきた、試験社会で生きてきた人が、

いきなり対話するといっても、できないのは当たり前。

「面接セミナー」などに参加し、しゃべる内容を暗記しているような人は特に、言葉につまり、

頭が真っ白になって、そうなってしまえば、もはや脂汗しか出てきません。

 

小、中学校でも、班活動やグループでの話し合いを実施している割合はまだまだ少なく、

問題ばかり解いていては、人と対話する能力は一向に身につきません。それを克服するのは

子どもたちが主体的に学びに向かう空間で、仲間と会話を楽しむほかありません。

それも高校、大学に行ってからでは遅い!今からでしょ!

類塾の天才教室は、学び合い、高速音読、グループ追求など、思考力だけでなく、

対話能力を上昇させるメニューが盛りだくさんです。ぜひ、ご相談ください。


参考記事をリンクしておきます。

「人にきちんと伝わっている?上手な話し方とは?」こちら

テクニックを覚えるのでなく、実感することが大事です。


国語・英語を鍛える!高速音読法!

2018-08-30 17:53:20 | 教育

類塾の天才教室で取り組んでいる勉強法で、前に学び合いや
5分間勉強法の紹介をさせていただきましたが
今日は高速音読法についてご紹介いたします。

これは長文読解の最強の勝ち筋です。ぜひお試しください。

”聞いて真似して発声する”のが言語習得の基本と言われています。

それにスピードを加え、「頭で理解しよう」とするスキを与えず、
言葉を全身(五感)でつかむ状態を作るのが、高速音読法です。

言葉から瞬時にイメージや構造がつかめるようになる演習を3ヶ月、
半年と繰り返すと、周りの会話に自然にとけ込めるようになったり、
積極的に行動できるように意識が変わったという例もあります。

関連記事のリンクを載せておきますので参考にして下さい。


「高速音読の効果~「理解する力」から「イメージする力」へ」こちら

9/3(月)から2学期スタート。
この機会に無料体験で天才教室の授業を実感してみてください。


【根幹能力テスト】のご案内 小4~小6生対象

2018-08-21 16:34:34 | 教育

「暗記した知識を答える」だけではない!

「なぜそう考えたのか」・・・理由や求め方を言葉に表し、
 【本物の力】を試せるのが、根幹能力テスト!

子どもたちの発想力の素晴らしさに、時に驚かされることもしばしば。
本当の学びとは、そんな思考力や発想力を伸ばしてあげること。
類塾では単なる知識問題ではなく、子どもの根幹能力を鍛える天才教室を日々、行っています。
でも、いきなり入塾は?と思われる方は、是非この機会に根幹能力テストを受けてみられてはどうでしょうか?

★問題例★
のりひろくんとたけひこくんは動物園で次のような話をしていました。あとの問いに答えましょう。

のりひろ:パンダってすごく不思議(ふしぎ)。なんであんな色なんだろ?
たけひこ:シマウマを見て憧(あこが)れたのかな?
のりひろ:いやいや,パンダは中国で、シマウマはアフリカだから見てないでしょ!

(問) パンダは白と黒の模様(もよう)になったことが生き残るために、どのような利点になったと思いますか。自分の考えを書きましょう。

★解いて終わり、ではもったいない。テスト後グループ追求あり! 

日時:8/27(月)・28(火) 17:00~19:10(両日)
対象:小4~小6
科目:国語・算数・理科・社会

テスト受験料 : 3,200円
持ち物:筆記用具

類塾生でなくても受けることが出来ます。
お気軽にブックマークから教室にお問い合わせください。