新しい寺子屋 天才教室 ~類塾・学園前教室~

天才とは追求力を失わない人。子どもの生きる意欲と追求心を再生する、新しい寺子屋:天才教室のブログ。

類塾の最強勉強法を体験する絶好のチャンス!

2018-12-08 17:13:33 | 教育

冬期講習

いよいよ冬休みがやってきますね。
類塾の冬期講習は12/21(金)開講です。

幼小科(5才~小4)は講習中も無償!
小4~中3の本科については、講習のみ受けられる方は入会金無料です。

本科コースは類塾ならではの最強勉強法を体験できる絶好のチャンスです!
類塾の勉強法は、
・文章が頭の中で流れるようになる「高速音読法」
・頭と気持ちの切り替えが早くなる「5分間勉強法」
・アウトプット思考を鍛える「学び合い」

特に中3生の方は、ラストスパートとばかり詰め込んでも
本物の力は身につきません。

みんなで成長できることが、一番楽しい♪
子供たちの意識は、時代と共に変化しています。仲間と一緒に成長を感じることで、
意欲が上昇し、自信につながり、社会で求められる、本物の追求力が身につきます。

みなさんも一緒に成長を楽しみながら勉強しませんか?
お気軽にお問い合わせください。

教室ホームページもご参照ください。


脳の「聞く力」の低下に拍車をかけるスマホ

2018-11-26 10:03:25 | 教育

相手の声音を聞いても、怒っているのか、喜んでいるのかが分からず
判断を間違えてしまう若者が増えているそうです。
こういう人は社会に出てから成果を出すのは難しいでしょう。

周りの人との対話が極端に少なくなると、聴覚機能は成長せず、
物事をきちんと聞いて理解し、記憶することが出来なくなるらしい。

「スマホを見る小学生 イラスト」の画像検索結果

今は、小学生でもスマホを持っている時代。
ラインも爆発的に普及し、仲間どうしの情報共有がスムーズにできる。
本当に便利になった反面、子どもたちの脳力にも影響が。
つまり、視覚情報だけで生活する時間が長くなると、
脳の健全な成長に影響を及ぼすということ。

人間の脳は、聴覚系、視覚系、思考系など様々な部位が
バランス良く機能することで成長する。

参考記事をリンクしておきます。

「「聞く力」衰退の実感 と スマートフォンが普及した年代の不気味な一致」こちら


長文読解の最強勉強法!

2018-11-19 10:13:23 | 教育

穴埋め問題は得意だけど、長文になると全くわからない!
国語や英語の壁は、たいていは長文読解ではないでしょうか。

「英文 画像 フリー」の画像検索結果

文字を読もう、読もうと一語一語黙読ばかりしても、
問題集を何冊も解いても、突破口は見えてきません。

類塾生は、本科授業で、あるいは探求科で毎回かなりの長文を「高速音読」しています。
それは、国語や英語にとどまらず、全教科に影響を与えています。

参考記事をリンクしておきます。

「"メールが短い人"はAIに仕事を奪われる~長い文章の読み書きできぬ子の末路」こちら


じゃがいもが土で育つことを知らない子供たち。タワーマンションの中での子育て

2018-11-12 10:00:58 | 教育

掘り起こしたジャガイモ

どんどん増え続けるタワーマンション。
一度は住んでみたいと思う人も多いのでは?
でも、子供たちにとってはどうでしょう?

タワーマンションは、窓がほとんど開かない部屋も多いですよね。
だから、風も、鳥のさえずりも、虫の声も感じずにすごします。
エアコンで室温を24時間一定に管理するため、暑い・寒いといった感覚がない。
晴れた日、涼しい日に遊びに行こうという気にならない。

タワーマンションにはガスコンロではなく、IHヒーターが多いですよね。
そうすると生まれたときから、火を見たことがない子がいるそう。
ろうそくを灯したことも、線香も触ったことがない。

外に出ることをいやがる子も多い。
外遊びの経験が少ないので、砂を集めたり、水をバケツに入れる経験がない子が多いそう。
そのため「加える」「集める」という意味がイメージがわかないそう。

土に触った経験もない。
じゃがいもが土の中で育つことを知らない子も多い。

そのためタワーマンション暮らしの子は、文章題がまったくできない子も多いそう。

問題文からイメージがわかないので理解できないのだとか。

とにかく受験させるために、勉強させようと親がさせても、
それ以前の「体験」「感覚」が子供たちにはなくなってきているのです。


何のために学ぶのか~人の期待に応えること。

2018-11-05 10:02:53 | 教育

「孤独 イラスト フリー」の画像検索結果

「高学歴は仕事ができない、使えない」と聞いたことはありませんか。
実際、学歴を問わず採用する企業もあります。

「でもやっぱり、邪魔にならないし、学歴はあるに越したことはない」とか、
「そんなん、学歴のない人のひがみでしょう」と言う方もいらっしゃるでしょう。

確かに、難関大学に合格し、卒業することは大変な努力で、
高学歴な人とは、コツコツ勉強してきた真面目なすばらしい人々です。

ではなぜ、「使えない」と言われているのでしょうか?

それは、人の期待に応えることを忘れているからではないでしょうか。

世の中には様々な仕事があります。物販、流通業、サービス業etc・・・。
世界を相手にする大企業であれ、町の小売店であれ、必ずと言っていいほど、
それは、お客様相手の仕事です。

お客様のニーズに応えられない商売は、すぐに淘汰されていきます。
人の期待に応えることは、大人も子どもも決して忘れてはいけない最重要課題です。
使命といってもいいでしょう。


参考記事をリンクしておきます。

「仕事ができない高学歴・・・“100点病患者”(1)」こちら

「仕事ができない高学歴・・・“100点病患者”(2)」こちら

 

類塾では天才教室を通じて、人の期待に応えることを日々、追求しています。