類塾我孫子教室~意欲と追求心を再生する~

最新情報や生徒の様子を発信する類塾我孫子教室のブログです

「学校のテストでいい点を取ったら、ごほうびをあげるね」というやり方はいいのか?

2018-10-26 21:23:29 | 教育

   よく、「学校のテストでいい点を取ったら、ごほうびをあげるね」というやり方で、
 子供をやる気にさせようとする親御さんがいらっしゃいます。

 教育評論家の親野 智可等さんによると、こんな子がいました。
 教師として4年生のクラスをもっていたときのエピソードです。

 学校の運動会で盛り上がってきて、「さあ、みんなで応援しよう!」と励ますと、
  井上君(仮名)は「応援したら、いくらくれるの?」
 と聞いてきたそうです。

 その井上君は、友達が消しゴムを貸してほしいと頼むと「(貸したら)いくらくれるの?」と答えるそう。
 友達が一緒に帰ろうと誘うと「(一緒に帰ったら)いくらくれるの?」と答えるそう。

 実は井上君の家では、「○○をしたら△△円」というふうに、おこづかいが細かく決まっているおうちだったのです。


 別のクラスで同じ4年生だった木村君(仮名)はテストが大好きな子でした。
 先生に、もっとテストをやってほしい、とお願いするほどです。
 
 木村君は、あるとき先生に「いつも100点満点はつまらないから、次は200点満点にしてほしい」とお願いしてきました。
 木村君は180点くらい取りました。

 木村君は、テストが返ってくると、1人だけ変わったことをしていました。
 テストの合計点を計算していたのです。
 木村君のお母さんは、テストの点数だけお金をくれる人でした。
 だから、木村君はいくらお金をもらえるか計算をしていたのです。

 木村君は、ある日、なわとびのあやとびができるようになりました。
 すると「あやとびができたから、ごほうびをちょうだい」と先生に言ってきました。
 何かをするたびに「何をくれるの?」というのが木村君の口ぐせでした。
 木村君の家では、木村君ががんばったり、いいことをすると、お金や物がもらえるのが当たり前だったのです。

 あなたは、この井上君や木村君のことをどう思うでしょう?

 もっと、子供の自発的な意欲や追求心を育てたい、という方は、類塾にお問い合わせください。



 類塾 我孫子教室 06-6690-5211 

コメント

他塾生・無塾生歓迎!【中3】私立模試 11/10(土) 

2018-10-22 21:37:37 | 教育

■類塾の「私立模試」とは 

 類塾の「私立模試」は、「これぞ私立入試!」といった公立入試では問われない
 独特の設問形式および近年の傾向に徹底準拠したテストです。
 また類塾では、各受験校の赤本演習と並んで、
 中3生にとっては必須の最重要課題の一つと位置付けており、
 中3全員に対して受験することを奨めています。
 志望校判定も行いますので、進路の指針にも活用できます。
 中3生のみなさん、ぜひ、実施日に向けた短期的な実力強化目標を設定し、
 模試に臨んでください。本番へ向けて一気にレベルアップすること間違いなしです。



■実施科目・時間
 科目 国語・数学・英語・理科・社会
 時間 9:00~14:30 ※途中40分の昼食休憩をはさみます。


■受験料 外部生 3,600円 類塾生 3,100円


■会場 最寄りの教室で受験してください。

■申込方法(外部受験生)
 受験をされる教室へ、前日までに申込みフォームまたはお電話でお申し込みください。

ご予約がない場合は、受験をお断りさせていただく場合がありますのでご注意ください。
 受験料は、受験当日に払込用紙をお渡ししますので、お近くのコンビニエンスストアでお支払いください。

■当日のご案内
 ・当日は、8:45までにご入室ください。 ・鉛筆・シャープペンシル(HBから2B)、消しゴム、コンパス、定規をご持参ください。
 ・志望校調査を行いますので、事前に志望校(私立高校2校)を決めて来てください。
・昼食をご用意ください。

■結果の受け渡し
 テスト結果は、「成績票」「答案分析票」および「志望校判定票」を後日お渡しします。  また受け渡しの際に、テスト結果より、お子さまの学習・進路や生活面のご相談も実施いたします。


類塾  我孫子教室  06-6690-5211 

コメント

血液型性格診断の根拠とは?

2018-10-19 11:35:57 | 教育

   よく、O型だったら、おおらかな性格とか、A型だったら細かいことが気になるとか、
 血液型で性格を占うのが、話題になりますよね?

 血液型性格診断は科学的には、ほとんど根拠はないそう。
 1927年の古川竹二による論文「血液型による気質の研究」、
 1971年に出版された能見正比古の「血液型人間学」
 などが、はじまりらしいです。

 血液型は話題として楽しむ分にはいいと思います。
 ですが、就職の面接などで、血液型が質問されて、それを理由に採用が決まる、ということもあるそうで、
 採用を断られた側にとっては、迷惑な話です。

 ちなみに、血液型性格診断は日本だけの習慣です。
 海外では血液型に関心がないというか、自分や家族の血液型をしらないのが普通。
 では、そういう占いは流行らないかというと、欧米では、星座占いが圧倒的人気だそうです。

コメント

これが絶対に成績が上がらない「最悪の勉強法」!

2018-10-11 12:02:33 | 教育

今日は、みなさんに、
 絶対に成績が上がらない、「最悪の勉強法」をお伝えします!

1、難問をずっと解き続けている
 「自分の力で解ききらなければ」と思い込んで、
 30分でも、1時間でも、一つの難問を解き続ける。
 →難問であればあるほど、また同じ問題が出る可能性は低くなります。
  5分間考えてもわからなかったら、解説・解答を読んだほうがいいでしょう。

2、完璧主義
 「完璧にやらなければ」と思い込んで、隅から隅まで分からないと、
 安心できない完璧主義者。
 →隅から隅まで覚えるのはそもそも不可能です。
  成績を上げるのに、隅から隅まで理解する必要はまったくありません。
  頻出項目を重点的に覚えたほうがいいでしょう。

3、ノートにきれいに写すのが目的になっている。
 「ノートにきれいにまとめなければ」と思って、
 ノートにきれいに書くことが目的になっているタイプ。
 →「ノートがきれい=理解している」ではありません。
  ノートにきれいに書くより、口頭でどんどん確認したほうが効率がいいでしょう。

 テストまでには「時間」が限られています。
 その時間内で効率的に勉強するためには「スピード」が重要。
 類塾で、ぜひ、スピードを意識した勉強法を身につけて下さい。

コメント

「檄(げき)を飛ばす」って、どういう意味か説明してください。

2018-10-06 22:16:10 | 教育

さて、問題です。
 以下の言葉の意味は、A、Bのどちらが正しいか、答えてください。

1、「借金をなし崩しにする」

 A「少しずつ返していく」
 B「なかったことにする」


2、「檄(げき)を飛ばす」

 A「自分の主張や考えを広く人々に知らせて同意を求める」
 B「元気のない者に刺激を与えて活気づける」


3、「彼はやおら立ち上がった」

 A「彼はゆっくりと立ち上がった」
 B「彼は急に立ち上がった」

 


 さて、難しかったでしょうか?
 では、答え合わせです。
 いずれも、文化庁の平成29年度国語に関する世論調査で、誤答の多かった言葉なのです。
 (29年度調査は30年3月、16歳以上の男女3579人を対象とし、2022人が回答。)
 すべて、Aが正解です。数字は、回答率です。

1、「借金をなし崩しにする」

○A「少しずつ返していく」19・5%
×B「なかったことにする」65・6%

2、「檄(げき)を飛ばす」

○A「自分の主張や考えを広く人々に知らせて同意を求める」22・1%
×B「元気のない者に刺激を与えて活気づける」      67・4%

3、「彼はやおら立ち上がった」

○A「彼はゆっくりと立ち上がった」39・8%
×B「彼は急に立ち上がった」  30・9%


 「檄を飛ばす」は「激励する」の意味と混同している人が多いようです。
 言葉は、だんだん変化していくもので、間違った言い方も、だんだん正しい言い方に変わっていくのでしょうね。

コメント