類塾我孫子教室~意欲と追求心を再生する~

最新情報や生徒の様子を発信する類塾我孫子教室のブログです

9/3(月)~2学期授業をはじめます!

2018-08-31 11:09:07 | 教育

こんにちわ。我孫子教室です。
類塾では、9/3(月)~2学期授業をはじめます!

もちろん、2学期の保護者の授業体験も、受付中!
授業体験では、親子で・お子さまのみ・保護者さまのみ、どのパターンもお選びいただけます!

他塾と何が違うの?グループ追求って、何?と知りたい方は、ぜひ、ご参加ください。
類塾は、すべて、見せます!

授業を無料で体験することが可能です。【親子で体験可能!】
https://ssl.rui.jp/ask/rui/form_contact.html資料請求・お問い合わせはこちらから。

コメント

【楽学のススメ】☆高校生が語る、音読の重要性☆

2018-08-29 11:32:52 | 教育

こんにちは~

高校生が音読の重要性を語り、教室の雰囲気を一気に変えた!!
大人から言われる言葉より仲間からの言葉の方が響く。
それってどうしてだと思いますか?

それは実際に取り組んで実感した仲間からのアドバイスだから。
ということももちろんありますが、
何より、仲間のために本気で伝えてくれているからこそなんです☆

勉強だけでなく仲間の大切さを教えてくれた高校生達♪
その一部をご紹介します♪

https://rui-group.amebaownd.com/posts/4489158コチラをご覧下さい。

コメント

高校入試、大学入試を見据えた、実力を判定! 【中1~中3】類塾の公立模試

2018-08-22 11:42:36 | 教育

2020年の大学入試改革。

その影響は、高校入試にも及んできています。

類塾の公立模試は、単に高校入試突破だけではなく、

大学入試まで見据えた、実力を判定していきます。


2学期以降の実力養成に向けて、お申し込みをお待ちしています。

学年:中1~中3
日時:8/27(月)・8/28(火)
科目:国・英(リスニングあり)・数・理・社
料金:3,600円(※類塾生は、3,100円)
会場:最寄りの類塾の教室

類塾 我孫子教室 06-6690-5211

コメント

大阪の導入率は、約3割!!

2018-08-20 11:50:04 | 教育

大阪の導入率は約3割!!

いったい何の導入率でしょうか?

実はこの数字、これまでこのブログでも紹介してきた「学び合い」なども含む『アクティブラーニング(最近では、“主体的・対話的で深い学び”とも表現されています)』の大阪府の高校での導入率なんです。

ちなみに、他の都道府県の高校での導入率は9割を超えており近年急激に伸びているとのこと。大阪だけが取り残されている感じです。

特に2020年度以降の生徒(現高校1年生世代)は大学入試においても知識だけでなく思考力や主体性や協働性を問われます。

センター試験が知識だけを問うのに対して、新テストでは資料を用いた記述問題が組み込まれることによって思考力も試されます。また、国公立大学の二次試験や私立大学の入試では、ペーパーテストでの試験ではなく、小論文や面接、ディスカッションやプレゼンテーションを用いた試験が増え、そこでは思考力に加えて、主体性や協働性の有無が合否を判断する基準となります。

個人の持っている知識量を確かめるのであれば、これまでのペーパーテストの点数で判断できますし、知識を効率的に身に付けるのであれば講義型の授業で知識を伝えて、宿題で定着させて、テストで反復・確認するというパターンで事が足りると思います。

しかし、これからの子どもたちは知識だけでなく、思考力や主体性や協調性の有無も問われるので、当然、受験や社会に出てから必要とされるそれらの力を育むには「講義型授業+宿題+テスト」では不十分であり、知識を含むそれらの力をもっともバランスよく育むことができるのは、今のところアクティブラーニングだけなのです。

子どもの将来を考えて授業をするのであれば、アクティブラーニングを実施しないという選択は教師としてありえないと思います。

アンケート活動を通して、小中学生とも話をするのですが、そこでのヒアリングから小学校低学年は2割~3割、高学年になると盛んなところで5割前後の実施率。中学校でも実施率が3割~4割といった学校が多く、盛んなところでやっと実施率が5割を超えてくるといった感じです。

この現状を放置していてよいのでしょうか?この状況が続けば続くほど他の都道府県の子どもとの差が大きくなってゆきます。

2020年度世代以降の子どもをお持ちの保護者の方々には、是非一度、お子様の学校の授業がどのように行われているのかを確認して欲しいと思います。もしアクティブラーニングが行われていないのであれば、危機感をもって、授業を講義型からアクティブラーニング型へ転換するよう学校に働きかけてゆかなければなりません。

類塾ではすべての授業を学び合いと5分間勉強法を取り入れたアクティブラーニングで実施しています。
学校の授業が講義型中心なのであれば是非、夏期講習中は1日からでも受講できますので類塾のアクティブラーニングを体感して可能性を感じて欲しいと思います。

コメント

平成30年度全国学力テストの結果

2018-08-17 11:42:24 | 教育

先月末、7月31日に、平成30年度の全国学力テストの結果が発表されました。

様々なメディアで取り上げられていたので大阪府の結果をご存知の方も多いと思いますが、アンケート活動をしていて知らなかった方もおりましたので取り上げたいと思います。

都道府県別での大阪府の結果は、
大阪府の小学生は、国語Aが43位と国語Bが46位、理科が47位でいずれも最下位。
大阪府の中学生は、国語Aが35位と国語Bが39位、理科が42位とかなり下。
(ただし、国語Aの35位、国語Bの39位、理科の42位というのは、その下が最下位で、事実上ワースト2位。)

政令指定都市別での大阪市の結果は、
大阪市の小学生は、国語・理科で最下位。
大阪市の中学生は、国語・数学・理科の全科目で最下位。

※Aはこれまでのテスト形式、Bは思考力を必要とする形式と考えてもらえれば結構です。新入試制度では思考力を問う問題が増えてゆきます。

ちなみに、秋田・石川・福井はほぼベスト3を独占しており、アクティブラーニングの実施率も当然高い。

大阪浮上のきっかけは、まずは実施率の低いアクティブラーニングの実施に掛かっているのではないでしょうか?
それは、他の都道府県のB問題での差が如実に示しています。

コメント