類塾我孫子教室~意欲と追求心を再生する~

最新情報や生徒の様子を発信する類塾我孫子教室のブログです

【子育て通信】子供たちの仕事=遊びの世界

2019-11-08 10:00:00 | 教育

以前、このブログでも「子供の仕事は遊びである」とご紹介しました。

でも色んな規制がかかる昨今、都会では思いっきり遊ぶことさえ難しくなってきています。

そんな中、8月から開設した、類塾の3-9遊学舎・類学舎では、子供たちが「遊び」で

大いに楽しみ、大いに学び、そして、“子供の仕事は遊び”

をさっそく体現してくれています☆

子供たちの仕事=遊びの世界、いったいどんな世界なのでしょう?

◎仲間関係に一体感を持たせるのが遊び

遊学舎が始まって、まだ間もないこの時期は、そこに集まった子供たちは初めましての子たちばかり。

室内で過ごしている間は、まだまだよそよそしく、ギクシャクしていましたが、公園に出て、「線鬼」「島おに」など、昔ながらの遊びで全力で追いかけまわしたりする中で、どんどん笑顔も増え、壁が取れて一気に一体感が出てくるのです!

 

◎遊び?追求?学び?仕事?

公園遊びのさなか、ある一角に何かがうごめく気配が…。子供たちと一緒に落ち葉を探ってみたところ、立派なカブトムシを発見!

外遊びから、室内に帰った後の中遊びは、そのカブトムシの家とエサの用意!

飼育方法はネットで追求。そこで調べた内容をもとに、落ち葉を拾ってきたり、何がエサになるのかを調べ、次までに持ってくる!と協力しあう子供たち。これから、自分たちが飼育する、仕事となりました。

ちなみに、そのカブトムシは「ついたちちゃん(8月1日に見つけたので(笑))」とみんなで命名!

遊びから、追求、学びと発展し、仕事にまで昇華!

 

◎遊びも本気!勝負は仕事!

ある日の外遊びはSケン。

地面に大きなS字を描き、両陣の奥に置かれた宝物(石や空き缶)をケンケンで移動しながら、自陣の宝物を守りつつ、敵陣の宝物を取るという勝負遊び。

数十分の間に、よーいドン!で勝負する時間と作戦会議の時間とを繰り返します。作戦会議では、リーダーやまとめ役が自然と生まれ、みんな真剣な表情で「勝つために」を話し合います!その後のよーいドン!では、その戦略で何が共有されたか、見ればすぐわかるほど、それぞれの役割や、フォーメーションなど、どんどんと進化していくのです。

腕力などの差をちゃんと考慮し、相手が女の子なら手加減をしたり、低学年はその子を守りながらも活躍できる役割を用意したりと、“楽しむ”だけではない、仲間をまとめる、勝つために戦略を立てる、そのための役割分担をみんなで考え共有する、と仕事でも絶対に必要な能力を、着実に身に付けているのです☆

 

子供たちの遊びの世界は、遊びと、学びと、仕事の境目が全くない♪

「帰りたくないな~」

「お母さん、明日もここ来ていい?」

そんな声からも、子供たちの充足が伝わってきます♪

 
コメント   この記事についてブログを書く
« 【類学舎】世界は広い!やる... | トップ | 類設計室が「教育・研究施設... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

教育」カテゴリの最新記事