新しい寺子屋 天才教室 ~類塾・我孫子教室~

天才とは追求力を失わない人。子どもの生きる意欲と追求心を再生する、新しい寺子屋:天才教室のブログ。

高校生会員募集中! 真の追求力を磨く場こそ『実現塾』!

2018-06-22 10:26:52 | 教育




類塾の母体の類グループでは、大人から子供までさまざまな人たちが集まって事実を追求しています。
こんな「普通の会社」ではあり得ないような「実現塾」の取り組みを紹介します。

下記はこの春、京都大学合格した類塾生の体験記の抜粋です。

>文明の成り立ちや言語の構造についての追求に始まり、歴史を通した考察による国家・市場の仕組みの解明、さらには、これから起こるであろう事態について考えてきました。自分の持ち得る知識と資料の情報、他の人の考えをもとに、頭をフルに使って、人々の意識に同化しながら議論をすることは、非常に楽しく、本当にたくさんの発見、気づきを得ることができました。

ここで得た認識によって、「どこからこんなにもお金を持った貴族が現れたのか?」「なぜ、ヨーロッパは侵略を繰り返したり、王家が入れ替わったりするのか?」などといった疑問に対して、納得のいく答えが見つかることもあり、歴史上の出来事が、意味を持ったものとしてつながっていきました。

そして何より、この場に参加することで「もっと学びたい」「より良い社会を作るために何かしたい」という意欲がものすごく湧いてきます。そんな気持ちを持った人々が集まって新たな認識を生み出す。こんなに素晴らしい教育の場は、他にはないと思います。

普段の勉強から少し離れて、必死に頭を使って考えてみませんか。もっと多くの人が、与えられた課題をこなすだけの受験勉強から抜け出して、本当の意味での学びに目を向けてくれることを願っています。実現塾で、またお会いしましょう。<

このような将来に活きる追求力を身につける実現塾に参加してみませんか。

あわせて高校生自習室会員も募集しています

お問い合わせは左記リンクからお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みんなで勝つ「高校生部門 自習室会員コース」の紹介です

2018-06-16 22:57:34 | 教育
みなさん、こんにちは!

みなさんは、類塾に「高校生部門」があることをご存知ですか?
40年以上、小中学生を対象に学習指導をしてきた類塾が、高校生部門を設立したのはなぜか―。

類塾がグループ追求を軸に授業を組み立てる「追求型授業」に本格的に移行して以降、志望校に合格し、揚々と卒塾していった生徒たちから聞こえてくるのは「高校には追求する場がない」「一緒に追求する仲間がいない」という声でした。

そんな声に応えて、昨年の春にスタートさせたのが「高校生部門」です。
人気の「自習室会員コース」の特徴は......

○予備校や他塾に行くより断然安い! 料金:月額5,000円
○学校帰りに通いやすい立地!
○友達と一緒に通えるので、楽しく勉強できる!
○プロの講師がいるので、勉強計画・勉強法・進路相談にも完全対応!
○開講日に自習室を自由に使用!


予備校のように与えられる講義や課題をこなすのとは異なり、今何が必要かを見極め、仲間と段取りと勉強法を練ります。
ポイントは、教科や学校の進度にも囚われずに追求を進めること。

また、「進学は一つの通過点に過ぎない。社会で求められている能力を捉えたい」と、社会の意識潮流の変化を抑え、これからの時代に必要な力をどのようにして身につけるかも、仲間で追求しています。
※他のコースを受講される方も、各教室の自習室をご利用いただけます。

詳しい授業内容や料金などは → こちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

社会が求めているのは学歴でしょうか?

2018-06-07 11:20:16 | 教育
これからの社会はどうなっていくのでしょうか?
これは「これからの社会」を生きていく、支えていく子供達には最も重要な視点ではないでしょうか。
これからの社会を考えて、そのために必要な力はなんなのかを考えたときに、
つまり社会に求められている力とは何かを考えたときに、「学歴」と答える人はいるのでしょうか。

類塾はテストの点数をあげるための塾ではありません。
社会が求める人材を育成する塾です。
そのためには「社会」を「事実」を知る必要があります。


近年、日本では食べ物やエネルギー等を自給しようとする意識や、自ら考え答えを出していきたいという意識が強く生起し始めています。特に’13年以降、この意識は加速度的に急上昇しています。

一方で、官僚、学者、マスコミ、政治家等は、この40年の間に1000兆円もの借金を国家に積み上げ、近年では原発、医療、TPP、さらには消費税増税に非正社員の激増と、国民生活を窮迫させています。また、’12年末の不正選挙は、民主主義の根幹を大きく揺るがすものです。

そして、これら「お上の暴走」は激化するばかりであり、秩序崩壊の危機が目の前に迫っています。
しかし、現状では、大手メディアからこのような事実が報じられていません。


類グループは『週刊事実報道』という新聞を発行しています。
大手メディアが報じない「事実」を伝えています。

類塾はこの「週間事実報道」を子ども達が見やすい場所に掲示しています。
みんなで事実報道を読みながら、いきいきと追求している子供達。
事実を追求する、活力に溢れた子供達の日常が類塾にはあります。


週刊事実報道、詳しくは→こちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

活力ある社会をえがく ~類グループ~

2018-05-31 11:52:26 | 教育
類グループとは→こちら


類設計室の原点は、
「既存の近代思想では現実を切り拓くことはできない」
という想いにあります。
「それなら自分たちで追求の場をつくろう」
「自分たちの生きる場を自分たちの手でつくっていこう」
そうした志から始まった起業家集団であり、
全員が経営に参画する共同体企業です。
以来、常に全社員で「どうする?」を追求し、
建築設計、教育、地所、農園、社会事業と、
あまねく人々の期待に応えるべく新事業を立ち上げてきました。

人づくり、地域づくりを通じて
「活力ある社会をつくる」
それが類グループの共通理念です。


類グループとは→こちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全ての子供たちに本物の教育を

2018-05-29 11:34:50 | 教育
類塾の探求科→こちら
探求科受講生の五科目受講料減額制度→こちら


近年、家庭の経済状況による教育投資格差、その連鎖が社会問題になっています。平成27年には、国の生活困窮者自立支援制度も立ち上がり、全国各地の自治体で学習支援事業が増えてきています。

 しかし「学校の授業についていけない→塾に通う経済的余裕がない→成績が低迷する」と一面的に捉え、その対策としての「経済的余裕がなくても通える塾を提供する」という考え方では、目先の成績支援にとどまります。子供たちの「教えてほしい」という依存体質をつくるだけで、結果として一時的に点数が上がっても、サポートがなくなれば忽ち行き詰まってしまうのです。

 類塾が子供たちに望むことは、これから何が起こっても生き抜いていく力をつけていくこと。その想いから考え出したのが、様々な仲間や大人たちとの出会いの中で生きる意欲と追求心に火をつけ、その上で学校の教科も学んでいただける「探求科」と「無料・半額サービス」です。

全ての子供たちに本物の教育を。類塾は、子供たちの本物の追求力を再生し、社会に活力をもたらす取り組みを展開してまいります。


類塾の探求科→こちら
探求科受講生の五科目受講料減額制度→こちら



コメント
この記事をはてなブックマークに追加