大学受験の体験談まとめ

大学受験の体験談や成功談をまとめたサイトです。

「書」から始める集中法

2020-04-07 02:42:18 | 大学受験体験談
私が受験勉強に励んでいたころ、やみくもに時間をかけていてもあまり意味がありませんでした。

同じページの同じ問題を何度も間違えたりしました。

たとえ時間は短くとも集中して勉強をすると勉強効率が上がり頭もフル回転、暗記科目もより記憶に残りやすくなります。

もともと優秀な生徒には集中力があると言われています。

大なり小なり誰でも持っている力です。

私の場合、目標をはっきりさせ、現在の状況に危機感を覚えることで集中力を高めることに成功しました。

私が行ったのはイメージトレーニングに近い方法です。

目標を「見える化」することです。

それも強い気持ちを込めて見える化させます。

まず部屋を整理整頓し、机の上に白い紙とペンを用意します。

書道で使う半紙と筆、墨汁だとさらに気合いが入ります。

精神を集中させて一気に希望大学名を書き、自分がその学校に通学するイメージを具体的に思い浮かべます。

そして自分の「書」を勉強机からよく見える場所に貼っておきました。

額に入れて飾っても良いかもしれません。

たったそれだけのことですが、第一志望の大学受験に成功しました。

その学校へ通うイメージが湧くと勉強のスイッチが否応無しに入ったからかもしれません。

やらなくてはという危機感も同時にありました。

ポイントは、自分は合格をして希望大学に通うという未来を、「書」にすることです。

ただ思い浮かべるのではなく、書いて見える化することで、より目標への意識が高まり脳に記憶されます。

成功イメージで活性化された元気な脳のおかげで、集中して勉強に励むことが出来たようです。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25


コメント   この記事についてブログを書く
« 私の大学受験勉強方法 | トップ | 三度の大学受験 »

コメントを投稿

大学受験体験談」カテゴリの最新記事