大学受験の体験談まとめ

大学受験の体験談や成功談をまとめたサイトです。

大学受験失敗して学んだこと

2020-07-07 08:46:10 | 大学受験体験談
(2020/7/7)

私は一年浪人して大学に入りました。

高校三年生の時は、大学の偏差値だけを見て受験大学を選び、その結果滑り止めとして受けた大学しか受かりませんでした。

こんなんじゃ、嫌だと考え一年の浪人を決めました。

必死に勉強してもっと偏差値の高い大学に受かるんだと意気込みました。

かなり入れ込んで勉強していたため、頭のてっぺんに10円玉大の脱毛もできました。

ある日(確か5月頃)、図書館で勉強して少々休憩しようと入り口付近にあった1冊の科学雑誌を読んでみました。

かなりおもしろかったです。

天文の写真や、最先端の物理についてビジュアル的に良い記事がたくさんありました。

その雑誌は「Newton」でした。

それ以降毎月本屋でNewtonを購入して読むのが習慣になりました。

7月にはイベント情報が最後の方の頁に書かれていました。

大学一年生向けの科学実験イベントでした。

電話申込が必要だったので、電話しました。

素直にまだ大学生ではなく浪人生であることを申し出ました。

でも大学に行って勉強したい内容だったので、ぜひ参加したということも言いました。

相手方は少し考えさせてくださいと一度保留されました。

そして、数分後に参加人数が多くなければ、参加してもよいというご返事を頂きました。

さらに、例年、参加可能人数は満員になることはないので参加できると考えてもよいと、良きアドバイスまで頂きました。

この科学実験イベントに参加して、大学に入っていろいろな物理、特に宇宙物理を学びたいと考えるようになりました。

もちろん、受験大学は、宇宙物理を学べる大学です。

既にインターネットはありましたが、私自身使えなかったので、本屋に入り浸って情報を集め、あとは先日参加した科学実験の連絡先に失礼ながら電話相談させて頂き決めました。

大学受験に失敗して回り道をしましたが、通常体験できない体験を経ることができ、よかったです。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25


コメント

必須なのは→モチベーション管理!

2020-06-23 02:42:31 | 大学受験体験談
(2020/6/22)

意思が弱い私の、情けない大学受験体験を聞いて下さい。

私は一浪して大学に入りましたから、いわば二回受験をしています。

一回目失敗、二回目で成功ですね。

それぞれについて書いていきます。

まず一回目。

当時の私はもちろん高校三年生。

私が通っていた高校は県内随一の進学校で、学校全体の偏差値はなかなか高い方でした。

そういう学校の中にあって、私は定期考査で常に上位二割以上に入っていました。

悪くないでしょう?そう、当時の私はこの結果に油断してしまったのです。

油断せずにしっかり勉強していれば決して悪くはなかったんでしょうけれど…

それまでやっていた学校での勉強をしっかりやるというだけで、いわゆる受験の為のプラスアルファを全然しませんでした。

年頃から動画の志士にはまってしまったり、ずいぶん無駄な時間の使い方をしました。

周りは皆追い込みをかける訳ですから、私が取り残されるのは当然です。

浪人生になり、予備校に一年間通ってからの、二回目の受験。

こちらは合格という結果を得たので成功といえば成功ですが、妥協という言い方もできてしまいます。

第一志望は落ちてしまいましたから。

何故落ちたか?簡単です。

またも意思の弱さ、甘えと油断が出たのです。

受験前の九月か十月あたりに受けた模試の結果がかなり良かったんですよね。

それで、「模試も良かったし、私は現役生より一年間も余計に勉強したんだから受かるに決まってるって!」といった甘えが発動してしまい、またも追い込みに失敗したのです。

同じ事の繰り返しですね…。

余りにも駄目すぎて何の参考にもならないかも知れませんが、タイトルにもある通りモチベーションを最後まで持続させることが如何に大切か、私の失敗から感じ取って頂ければ幸いです。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25


コメント

大学受験の時の話

2020-06-13 03:21:04 | 大学受験体験談
大学受験の時に私はあまり成績があまり良くありませんでした。

いつもかなり低い点数。

赤点でした。

なので、親の意向で塾へ通うことになったのですが、塾の講師は教えるのがとても上手で一人で勉強するよりも有意義に勉強出来ました。

受験前にはかなりの勉強をしていて一日に6時間以上の勉強をしていたこともありました。

家だと集中できないので、塾に残って弁上したりを毎日繰り返していて、休日は朝の8時に塾に行って夜の8時頃に帰宅などのかなりハードなスケジュールでした。

ですが、その勉強を毎日続けているうちに成績は上がりました。

塾で残って勉強していたので毎日帰宅するのが遅かったのですが、そのハードなスケジュールにも徐々に慣れてそれが当たり前になっていました。

大学受験を前にする頃には今までの遅れを取り戻し、それなりの成績になっていました。

塾に通う前の成績は40点以下が多かったのですが、テストなどで、80点以上の点数をとれるようになっていました。

努力すれば誰でも成果が出るのだと感じました。

塾の講師は様々な科目を教えるのが得意な講師がいて科目ごとに講師が違ったのですが、講師から教えてもらった知識はかなり役に立っています。

講師は英語を勉強しておいたほうがいいと言っていましたが、英語は確かに重要だなと感じました。

普段何気なくネットサーフィンなどをしていても英語に触れる機会は多いし、テストなどは確実に英語があり、英語に触れる機会は非常に多いので、英語の勉強は無駄にならないなと思いました。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25


コメント

大学の偏差値が簡単に分かる時代

2020-05-15 01:19:29 | 大学受験体験談
私は某公立大学の工学系の学部を卒業しました。

地元の大学だったので、あまり偏差値とか気にせずに受験しました。

もともと県内での進学しか考えていなかったので選択肢が限られていました。

今思うともっと広範囲に視野を広げていれば良かったと思います。

大学入学時は卒業後は地元の企業に就職しようと思っていましたが、大学生活で気持ちや人生観も変わり、ある企業に就職しました。

現在は転職して学習の講師をしています。

高校生の指導もしています。

そこで今と昔の大学の入試対策の違いを感じています。

今の高校生は地方や都会関係なしに対策出来る環境にあると思います。

私の高校生の頃はインターネットの文化がほとんどなかったので、大学の偏差値や難易度を調べるときは大学受験の関連本や模試の結果でしか分かりませんでした。

これはそんな環境に理由つけて調べようともしなかった私にも問題があると思いますが。

そのため大学受験の対策もあまりしませんでした。

大学の名前や学部の種類もあまり知りませんでした。

私は高校時代は塾には通っていなかったこともあると思いますが。

しかし、最近はインターネットが気軽に手軽に使えるので簡単に大学の検索が出来ます。

大学入試関連のサイトも豊富です。

全国の学校の偏差値も簡単に知ることが出来ます。

そこで視野が広がるので、将来の選択肢も増え、自分の可能性をより発揮出来ると思います。

自分で調べる手段が多様化されているのは私の受験時にはなかったのでとても羨ましいです。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25


コメント

三度の大学受験

2020-05-14 02:24:27 | 大学受験体験談
私は現役時代とその後に2度大学受験を経験しています。

現役時代に合格して入学した女子大が気に入らず、仮面浪人で2年間某有名大学にチャレンジしました。

結果としては、仮面浪人はきつい毎日で、成績は延びましたが結局合格はできませんでした。

初めに入学した女子大を5年で卒業することになりました。

とはいっても実質3年間で卒業した感じなので、こちらも毎日単位がキツキツのきつい毎日になってしまいました。

仮面浪人→きつい大学生活で精神的にも病んできて、さらに左半身が麻痺する軽い脳梗塞にもなってしまいました。

お金もたくさんかかってしまったし、両親にも申し訳ない気持ちでいっぱいです。

皆さんにはこのようになってもらいたくないので、大学選びは大変重要だと思います。

いい学校に入らなきゃと受験で頭がいっぱいになりがちですが、本当に自分がやりたいこと、本当に行きたい学校を見つけられるのがベストだと思います。

でも高校生の時はそんなこと私にはわからなかったです。

結局先生や親にはこういうのが向いてるとアドバイスされましたが、その当時は「ただ有名な大学に行きたい!」としか思っていませんでした。

結果、大学を卒業後に先生方にアドバイスされた方向(美術系)の専門学校に2年間通うことになりました。

そして今でもそういう仕事をしています。

人生の先輩方のアドバイスはなかなか聞き入れがたいかもしれませんが、私は後になって「ちゃっと聞いていればよかった」という結果になりました。

周りに流されず、自分の道を歩むことが一番だと私は経験から思います。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25


コメント