高齢おじさんの超最大サイクリング

人生の残り1/4世紀を自転車とともに歩む高齢おじさんの
お楽しみサイクリングダイアリー

秋の味覚

2018年10月01日 | Weblog
 今の季節、ちょっと足を伸ばせば、道路上には秋の味覚の栗が。そんなわけで、牛久大仏方面に足を伸ばして、転がっている栗を拾い集めてみる。もう終わりに近いが、それでも拾い損ねたものがまだ結構残っていて、それなりに集めることができた。北海道の実家には、私が拾ってきた実を亡き父が温床で発芽させて育てた大きな栗の木が2本ほどあり、大粒の実をたくさん落としてくれる。引っ越しの時期から、今年は無理だが、来年は楽しめそうである。その実を父がしたように発芽させて、大きな木に育ててみたいと思っている。

 今日は台風の影響がまだ少し残っていて風が強かった。行きは追い風で随分と楽をさせてもらったが、帰りはその分向かい風がきつく、思うようにすすまなかった。本日の走行距離91km。


利根川にかかる若草大橋からは、遠く筑波山を望むことができた。自宅からここまでは、平坦な道を走っておよそ24kmほどである。
コメント