住んでよかったと思う町にしよう

観光旅行に行くのに自分の町を美しくすると考えません。よく考えると大半の時間を過ごす自分の町の美化が重要ですね。まちびと

苦しんでいない地方は苦しんでいる地方のことを考えよ

2018年12月04日 | Weblog
原子力施設のある県などの地方は放射性物質・廃棄物が地方内にあることに苦しみ、在日アメリカ軍基地のある地方は悪環境や生命の危険に苦しんでいます。
苦しみが数十年も続いているのに政府はその苦しみを取り除こうとしません。
お金を出すから我慢せよと言います。
お金をもらっても政府の考えに反対すると今度はお金を出さないと言っていじめます。
 
ほかの地方はたまたま原子力施設や在日アメリカ軍基地がないから政府から苦しめられていないように思えるだけなのに今苦しんでいる地方に同情しません。
別に政府はほかの地方の人々のことを考えている訳ではないのに苦しみを受けていないため政府はいいと思っています。
 
政府から苦しめられる地方は今後増えると思います。
いま苦しんでいる地方の苦しみを取り除く工夫努力をしない政府は別の地方も苦しめるようになります。
 
苦しんでいる地方を他人事のように思わず、自分事と思って政府のあり方を考える地方になってほしいと思います。
 
全国知事会は、政府が破綻した時、非常に重要な政治代行組織になると思います。
放射性物質・廃棄物や在日アメリカ軍基地が自分の地方にあったらどうなると考え、これらに苦しんでいる地方のことを自分事と思い、政府に言うべきことを言う全国知事会になってほしいと思います。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« アメリカとの貿易不均衡是正... | トップ | 憲法第9条否定は戦前戦中の日... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事