住んでよかったと思う町にしよう

観光旅行に行くのに自分の町を美しくすると考えません。よく考えると大半の時間を過ごす自分の町の美化が重要ですね。まちびと

2019年、平安を祈るが不安な年

2019年01月12日 | Weblog
供給側の低価格供給努力が限界に来ているようです。
何が何でも価格を上げたいという思いが強くなっています。
 
一方、需要側はできるだけ安いものを買いたいと努力していますが、近場の店で安いものを見つけることがむずかしくなっています。
遠くでも我慢して安く売っている店に買いに行く努力は限界に来ています。
 
生活が苦しい人が増えそうです。
 
概していい生活をしていると言われてきた年金生活者は、上がらない年金と、上がる物価に苦しむことになりそうです。
 
1990年以降の政府主導の金融緩和による保守経済はまちがいなく限界です。
人々は自分で真剣に事業・仕事を考える必要があります。
借金漬けの政府に助けを求めているだけでは貧困層から脱出できません。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 馬毛島にアメリカ軍新飛行場... | トップ | 東京は威張れない »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事