住んでよかったと思う町にしよう

観光旅行に行くのに自分の町を美しくすると考えません。よく考えると大半の時間を過ごす自分の町の美化が重要ですね。まちびと

金融緩和と消費税率引上げは矛盾する

2019年01月04日 | Weblog
安倍晋三内閣は消費を増やせと言っているのか、消費を減らせと言っているのかさっぱりわかりません。
消費税率引き上げは非常に強い節約令のようなものです。
当然のことながら人々は一段と節約します。
 
消費がふるわないことを問題にしている産業界が消費税率引上げを支持するのは不可解です。
消費はふるわなくてもいいと言っているようなものです。
変な産業界です。
 
安倍内閣はデフレから脱却したいと言います。
消費税率引上げはデフレ政策です
金融緩和を相殺します。
 
安倍内閣も産業界も頭がおかしいのではないでしょうか。
 
私は、一般論として人々が節約することに賛成ですが、貧困層が拡大し、生きるのに必要なものまで買わないで節約することには反対です。
貧困層が縮小しているなら消費税率引上げは結構ですが、日本は貧困層が拡大しています。
貧困な町の形成がその証拠です。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 貧困層が拡大しているのに安... | トップ | 安倍晋三総理は力みすぎ »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事