住んでよかったと思う町にしよう

観光旅行に行くのに自分の町を美しくすると考えません。よく考えると大半の時間を過ごす自分の町の美化が重要ですね。まちびと

アメリカとの貿易不均衡是正について

2018年12月01日 | Weblog
アメリカとの貿易不均衡を解消するため日本はステルス戦闘機をたくさん買うそうですが、ステルス戦闘機は防衛に役立つでしょうか。
マッハ3近くで飛んでも、ステルス性を持っていても現代軍事技術をもってすればステルス戦闘機を撃墜することは容易と言われています。
ステルス戦闘機の探知と破壊‍技術が開発されているからです。
(注)世界はすでに無人機器の開発に入っています。AIが攻撃防御をやります。
 
軍事力競争は切りがありません。
平和を考えた方が人々のためになります。
 
戦闘機は石油系燃料を大量に消費します。
石油系燃料を使わない戦闘機のアイデアがありません。
戦闘機は過去の技術になると思います。
 
安倍晋三内閣はお金の無駄使いが多すぎます。
 
戦闘機以外にアメリカから買って有益なものはないでしょうか。
政府が買うのではなく、人々が買って役立つものを探すべきです。
政府は大赤字だからです。
 
もし買うものがないならば遠いアメリカから無理して買う必要はないと思います。
日本で生産できるものは日本で生産した方が合理的です。
運輸産業の合理化は今後ますます重要になります。
地産地消の考えは合理的です。
 
アメリカの食料は非常に役立っていますが、長い目で見ると、食料についても国内生産の復活を考えるべきです。
特に水田を使ったお米は国内生産の競争力を高め、外国米と競争できるようになってほしいと思います。
水田は環境保全にも有効です。
 
アメリカへの生産投資はまだまだ検討余地があると思います。
鉱物資源開発などは有望と思います。
希少金属、貴金属などは生産投資して無駄にならないと思います。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« お葬式 | トップ | 苦しんでいない地方は苦しん... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事