住んでよかったと思う町にしよう

観光旅行に行くのに自分の町を美しくすると考えません。よく考えると大半の時間を過ごす自分の町の美化が重要ですね。まちびと

憲法第9条否定は戦前戦中の日本に戻ることを意味する

2018年12月05日 | Weblog
自分の町を戦争の不安がない平安な町にしたいと思うのに長年政治権力から思いを無視されると町の人々はどのような心情になるでしょうか。
平安ではないのではないでしょうか。
長年忍耐を強いられた上、いつか自分の身に心配した不幸が及ぶようなことがあったら本当に可哀そうです。
国とは何か、政治とは何か苦悩するのではないでしょうか。
国や政治のことを考えることをやめ、自分のことしか考えないようになるのではないでしょうか。
 
一事が万事です。
現代日本は異様です。
軍事力や戦争を肯定する動きを強めています。
今後ますます国や政治のことで苦悩する人が増えると思います。
戦前戦中の日本が、大きく政治・外交を誤まったように現代日本も大きな誤りを犯していると思います。
 
憲法第9条は正しいと思います。
世界に通用する法と思います。
その法を否定することは戦前戦中の日本に戻ることを意味します。
戦前戦中の日本を問題と考え、新生するために考え出したのが憲法第9条です。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 苦しんでいない地方は苦しん... | トップ | 政府に従っている方が気が楽? »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事