住んでよかったと思う町にしよう

観光旅行に行くのに自分の町を美しくすると考えません。よく考えると大半の時間を過ごす自分の町の美化が重要ですね。まちびと

放射能汚染については国が言う安全を信用できるかが問題

2017年03月12日 | Weblog

国が安全という放射能が本当に安全かが問題です。
いろいろな安全基準値があって一般の人々にはよくわからないのですが、多くの放射能障害に関する専門家が現在の国の安全基準値は浴び続けたら危険、食べ続けたら危険と警告を発しています。
また、除染が終わったところは安全基準値以下になったとしても、その地域に基準値以上の、除染していない場所があっちこっちにあるというのも危険です。
除染して出た放射性廃棄物が未処理のままフレコンなどに入れられて除染が終わった場所近くのあっちこっちに置いてあるのも危険です。

安倍晋三内閣は、政治的に安全と言っているのであって、医学的に安全と言っていないと思います。
除染が終わったから帰れと言うが、避難者の不安を取り除くことはできていません。

安倍内閣は放射能汚染の専門家、放射能障害に関する専門家を集めてまじめに安全性・危険性を検討してほしいと思います。
安倍内閣にとって都合がいいことを言う専門家だけを集めて検討しても意味がないと思います。
不安が消えません。

放射能障害の専門家ではない安倍晋三総理がいくら安全と言っても誰も信用しないと思います。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 国民は、子々孫々、原発・放... | トップ | 人々のことを考えない安倍晋... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事