住んでよかったと思う町にしよう

観光旅行に行くのに自分の町を美しくすると考えません。よく考えると大半の時間を過ごす自分の町の美化が重要ですね。まちびと

安倍晋三総理は力みすぎ

2019年01月06日 | Weblog
安倍総理は、北方諸島問題を含むロシアとの平和条約交渉について「私とプーチン大統領の手で必ず終止符を打つとの決意で交渉に臨む」と言っているそうですが、力みすぎです。
また、終止符を打たない方がいいと思います。
正しく言いますと、この種の交渉は終止符を打ってはいけません。
交渉を続ける方が賢明です。
 
平和条約は今だって結んでまったく問題はありません。
ロシアと戦争する必要はありません。
北方諸島に関する交渉は歯舞諸島と色丹島が移管されたら終わりというものではありません。
今後も忍耐強く交渉を続けるべき問題です。
特に千島列島は日本が管理した方が合理的です。
ロシアが管理するのは大変です。
大災害が起こったときでも日本の方が救援は容易です。
 
安倍総理は何でも「私が」と言いますが、「私が」問題を大きくすることばかりです。
異次元の金融緩和をやってきたが、経済成長は実現せず、借金にあえぐ政府と不良債権をかかえる日銀が残りました。
何と貧困層が拡大しました。
人々は不良政府・日銀に耐えて生き抜かなければなりません。
 
放射能汚染の恐怖はいっこうに消えていません。
東京電力福島第一原発(事故原発)は再び大規模放射能漏洩をおこす恐れが大きく、ひやひやものです。
ほかの原発について再稼動を進めるので放射性物質は増える一方です。
どうやって放射性物質の処理処分・安全管理をやるつもりでしょうか。
 
戦争する必要はまったくないのに韓国との関係は悪くなる一方です。
あえて対立を深めている印象を受けます。
韓国政府が悪いだけでなく、安倍内閣も悪いと思います。
 
憲法第9条は世界でもっともすぐれた法と思いますが、憲法を大切にすべき安倍総理が、陣頭に立って第9条を変えると言っています。
今年は5月3日の憲法記念日を廃止して平日にするのでしょうか。
ふざけた総理です。
憲法改正は国会が考えることです。
国民が考えることです。
総理は国民や国会の言うことを聞いてまじめに政治を行うべきです。
「私が」威張ることではありません。
 
地方の創生と言いますが、安倍総理は沖縄県をいじめすぎです。
沖縄県をいじめる安倍総理がほかの地方のことをまじめに考えているとは思えません。
安倍総理は地方創生の邪魔になっていることが多いと思います。
 
地方の山林が遊び、田畑が遊んでいます。
外国人が喜んで買っているそうです。
外国から輸入することや外国で生産することを考えすぎです。
自由経済は賛成ですが、日本は日本を大切にした上で自由経済を進めるべきです。
 
「私が」消費税率を10%にするそうですが、貧困層が拡大しているのにどうしてこんな非人間的なことができるのでしょうか。
安倍総理は人々のことを考えていません。
自分の権力強化を優先して政治を行っています。
 
人々はもっと真剣に安倍総理の言動を調べ、自分の未来にとっていいか悪いか判断すべきです。
何かいいことをしてくれると思っているだけでは裏切られるのが落ちです。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 金融緩和と消費税率引上げは... | トップ | 原子力事業に執着するな »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事