開運ひと文字HAPPY
吉川壽一
SHO(1145)
たつや/福井のそば翁・中山重成さんの米壽・蕎麦壽翁あめでとうございます。
イケちゃん/どこにご縁があるのか、生まれてくるのか不思議、不可思議だ!!
花怜/コメントにお答えいたします。
花怜/北陸富山展開幕しました。
花怜/TOMATOの一品。味が涼しくておいしかったです。
☆/8月15日東京・有楽町にある東京フォーラムは学生さんのデッカイ文字で埋まる!!ホント!!
花怜/来年は、いよいよ日本・ブラジル移民100年の交流年。どんな企画が出てまいりますか?
光華/越前雲丹が我が家の食卓にやってきた。
Keiko/(イチ)の文字が精神の高揚を謳い迫力している
開運館(風水・開運・スピリチュアル・占い)比較/もぎとれたて天日干しの磯と潮風の香りいっぱいの新ワカメイッパイ!!いつもアリガトウ!!






 いよいよ盆休みということで、ニュース番組では、小牧・京都・広島などの大渋滞情報が続いている。先頭から38kmとか、42kmとかという形であるが、福井で考えたら福井北インターから敦賀を越えて滋賀県まで渋滞。そんなことは北陸道では考えられない。でも、起こっていることは"ホンモノ"でウソではない。

 私などは、渋滞1kmと言われても近づくことなく、脇の道を選ぶだろう。東京の首都高速などで永福町から乗って霞ヶ関で7km渋滞と言うと、5kmは普通だから7kmではチョットかなといって「乗ってください」ということになる。この辺が一極集中の強みなのだが、どうにもならないけど、行くかということなのか、でも、都会では行くしかないなのである。

 今日の福井新聞に2007O・TA・I・KO響のポスターと共に8月18日当日のプログラムが発表されている。6月にビデオの予選会があり、ほとんど一日中個人打ち5分・団体打ち7分のビデオを50本近く聞きながら、個人5人と団体6組が選ばれた。

 越前町のオタイコヒルズでは、前町長の武田氏が一億創成事業の一環として西日本一の5尺の和太鼓を礎として日本最大級の和太鼓の祭典を企画し、町民・総出のボランティア活動によって入場料500円という日本全国一安値で家族全員で娯しめる太鼓エンターティメントとして14年を経過しようとしている。

 第1回から特別審査員としてこのO・TA・I・KO響の流れを見つめ、ポスターのロゴ文字をずっと書かせていただいている。全国的に小・中学校での"日本の音"として笛や三味線と共に太鼓も授業の中で取り入れる中で純粋な和太鼓の力とか音をどう感じてゆけばいいのだろうか。和太鼓の真実をどう新鮮させていくのだろうか。こんな視線に対峙してくれるエンターティメント性はやってくれるのだろうか。胆力を鍛えてやってくれる人は誰なのだろうか。
コメント (0) | Trackback (0)
« 福井フェニッ... 2007 O・TA・... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。