開運ひと文字HAPPY
吉川壽一
SHO(1145)
たつや/福井のそば翁・中山重成さんの米壽・蕎麦壽翁あめでとうございます。
イケちゃん/どこにご縁があるのか、生まれてくるのか不思議、不可思議だ!!
花怜/コメントにお答えいたします。
花怜/北陸富山展開幕しました。
花怜/TOMATOの一品。味が涼しくておいしかったです。
☆/8月15日東京・有楽町にある東京フォーラムは学生さんのデッカイ文字で埋まる!!ホント!!
花怜/来年は、いよいよ日本・ブラジル移民100年の交流年。どんな企画が出てまいりますか?
光華/越前雲丹が我が家の食卓にやってきた。
Keiko/(イチ)の文字が精神の高揚を謳い迫力している
開運館(風水・開運・スピリチュアル・占い)比較/もぎとれたて天日干しの磯と潮風の香りいっぱいの新ワカメイッパイ!!いつもアリガトウ!!






 毎日多くの方々にお会いしているが、先日イタリアはシチリアに行ってきましたが、仲々シチリアのイメージが定まらないのか、質問も的を得たものがない。松任谷由実さんなんかも雑誌のシチリア特集号に出演・取材されていて大変おいしいところや歴史・文化の重みがドッシリのところや、あの地中海の空と海と太陽と風のささやきなども取材されていて美しく、人間愛の所在なども語られていてシチリア観光される方々には一読ものです。

 そして、私がドバイ砂漠での大イベントをやったこと成功したことによるとは思われないが、毎日のようにテレビ・新聞で毎月のように月刊誌でそして週刊誌でUAE・アラブ首長国連邦の首都アブタビそして南部ドバイがクローズアップされていてニギヤカである。

 6月13日(水)通常の福井のレッスン日なので「日本経済新聞」を家では見ないで教室に持ち込んだ。レッスン時だが、誰もいないときに日経を出して読み始めた。33面・32面になったときにドバイ・中東の大きな見出しが私を捉えた。そして、32面の基調講演のところで目が留まった。

 どこかでお目にかかった、眼鏡をかけられ、鼻筋の通った鋭いお顔が印象的な御方!!この方は、お会いした方だ!!と一瞬にして思った。UAE中央銀行総裁・スルタン・ビン・ナセル・スウィディ氏の像だった。手許にお名刺があり、Sultan Nasser Al Suwaidi=Governorとある。

 間違いないあの方だったのだ。家座宴会の中で、私の前にお座りになられ、"君はどこから来られたのですか""私は福井から来ました。""日本のほぼ中央にあります"とお話したらすぐに、その中央というのは、沖縄も含めているのですか?と鋭い質問。このことでこの総裁はとんでもない方だと思った。そして、SYOINGは"何という言葉が好きですか"というと「世界調和」と書いてくださいという難題!!"調和"といわれたのがはじめて。それにプラスして世界。JUICHIさんさぁーどうSYOINGされたのですか。


 
コメント (0) | Trackback (0)
« もうもうイタ... 「伝統と創造... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。