東十条探偵団2

明日は何を撮りに行こうかな?

捕らぬ狸のなんとやら

2018-10-18 | 風景
  それまで50円だった駐輪場が7月終わりに100円に、
  周りはみんな100円なので仕方ないかなぁと諦めたが。
  数日後にはあれほど混んでいた駐輪場はガラガラに、
  50円なら満車、100円にしたらガラガラ、さあどうするどうする!?。


  

     毎日満車でラックが空いてなくそこら辺に止める人も出るほど混んでいたが
     値上げ後一週間でこのありさま、駐輪する自転車は10台に満たない日が続いていた。
     ラックは56ある、途中で出す人その後に入れる人もいるので実際は56+アルファで
     50円×56台+αが値上げしたら100円×10台未満になってしまった。




  

     う~ん、背に腹は代えられん。
     ここへきて泣く泣く?元の50円に戻してきた、
     私はこうなることは見越して100円になってもここに止めていたけどね。
     でも100円玉がすぐに無くなって参った。




  

     もうなりふり構っていられない、逃げたお客さんを取り戻さなくては。
     「激安! 激安!」 だって、、、自分ちが勝手に値上げしたくせに。




  

     値下げ後一週間、前の姿に戻ってきた。
     8月9月の二か月間この自転車はどこへ行っていたんだろう
     この近くの駐輪場はみんな100円なのに。




  

     お客様は神様です!。
     これに懲りて以降妙な真似はしないように!!。
     足立区民は50円だって敏感なんだから。




  

     これがホントの"証拠写真"ね、
     私が得意なヤツ。(^^;

     スーパーとかコンビニで貰うビニール袋が有料になるみたい。
     ニュースで見たけど北千住のスーパー
     「系列店でお買い物袋を有料にしたら客足がガタっと減った」と。
     わずか2円とか3円とかのことでも客足に影響が出る、
     足立区とは怖いところですよ。

     50円から100円への値上げなんてとんでもないわ、
     この駐輪場は早い時期に悔い改めたのでまた満車が続くことでしょう。
     目先の利益に目を奪われて金の卵を産むニワトリを殺したりしないようにしましょうね。

          data: 撮影  10月11日 駅前駐輪場
          


          鷲神社の酉の市

          

          今朝電車から降りたら駅のホームに貼ってあったポスター。

          もう酉の市なんだね、お正月がすぐそこまで来ている。
          一年が過ぎるのって早いね、ついこの間行ってきたような気がする、
          またお正月が来るのかぁ。
          11月になったらいきなり一の酉、今年は三の酉まであるんだね。
          三の酉まである年は火事が多いとか、気をつけましょう。

          お酉さまが来るとその後は次々とお正月を迎える行事が続く、
          江戸の町はお正月一色になって慌ただしく過ぎていく。

          春を待つ ことのはじめや酉の市   其角

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 鉢植えの花を見てみよう | トップ | 日の出撮れるかな »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くぅ)
2018-10-19 16:30:20
へぇ~!スーパーのレジ袋、もう4・5年前から有料ですよ。
駐輪場は使ったことないけど、もしかしたら必要ないのかもね。

酉の市って、どんな意味があるんだろう?
神事には、疎いわたし。
お正月かぁ・・・早いね。
くぅさん (jugemu)
2018-10-19 18:05:11
そうです、イオンも数年前から有料です。
有料はいいけど行くたび「お買い物袋は?」と聞いてくる、
ウン十年通っているんだからいい加減覚えてくれこの顔!
と言いたいけどレジ係はどんどん変わっているから無理か。

トーキョーでは少なくとも駅の近所は駐輪場は必須。
自転車止めるところがないとうかつに行けない、
浅草とかも自転車で行きたいけど止める所がないから断念。
いや、あるにはあるけどいつ行っても満車、
どこへ行くにもまず駐輪場はあるのかなと考えなくては。

酉の市の始まりは年末にお詣りに来る人を目当てに
農家が年越しの食べ物とか雑貨を参道で販売、
その雑貨の中の熊手が福をかき集めると言われ出し
だんだんと熊手など縁起物を売るようになったと。

一番古い酉の市は足立区の田舎にある鷲神社で
だんだんと江戸中に広まり浅草が有名になった。
浅草の鷲神社は吉原の隣、酉の市の日は裏門が開けられ
女子供も吉原を抜けお詣りに行ったようです。

信じる者は救われる、、、神さまを信じなされ
いいお正月が迎えられますぞ。(*^▽^*)

コメントを投稿