東十条探偵団2

明日は何を撮りに行こうかな?

鉢植えの花を見てみよう

2018-10-17 | 風景
  花が少なくなったのを気にしたわけでもないだろうが
  あちこちに鉢植えの花が置いてあった。
  昔から鉢植えを置く場所があるけどそっちは知らんぷり、
  代わりに入り口などにも置いてあるので油断が出来ない。


  

     この前も載せたけどヤマトリカブト。
     烏帽子(えぼし)に似ているからとも、鶏の鶏冠(とさか)に似ているからとも。
     花びらのように見えるのは5枚の萼片だそうだ、
     世界最強といわれる有毒植物でもある。




  

     サワギキョウ(沢桔梗)  キキョウ科ミゾカクシ属。
     北海道~九州に分布し、山地の湿った草地や湿原などに自生する。
     鉢植えにしておかないで池の周りにでも植えてくれればいいけどね。




  

     マツムラソウ(松村草)  イワタバコ科マツムラソウ属。
     西表島と石垣島に分布し、
     それも西表島の3河川で数か所、石垣島では1か所という。
     超レアな植物らしい、簡単には見られないね。




  

     ハバヤマボクチ・・・
     日本語なの、どう書くの?と調べたら 「葉場山火口」と書くそうな。
     葉場山(はばやま)はススキなどの草刈場、
     火口(ほくち)は火打石の火を移しとるもの、だね。
     アザミの仲間、枯れているのか思ったらこれで絶好調満開らしい。




  

     イワシャジン(岩沙参)  キキョウ科ツリガネニンジン属。
     珍名さんというか難読さんというか珍しい名前、「岩場に生える釣鐘人参の仲間」という意味とか。
     秋らしい紫色がきれいですね。




  

     イワシャジンの白花種。
     関東から中部地方の岩場に見られるとのこと。
     岩場から垂れ下がるように開くさまはとても風情があり、
     人気の高い山野草の一つとか。

     鉢植えもいいですね、地植えで見られないものも見られる。
     百花園もこのごろは鉢植えも増えてきて朝顔などまだ咲いている。
     今年は前に比べてたくさんの鉢植えが並びました、
     珍しい花も見られるのでこれからに期待したいです。

          data: 撮影 10月 9日 向島百花園
          

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« なにもない~秋です | トップ | 捕らぬ狸のなんとやら »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くぅ)
2018-10-18 14:57:02
トリカブト・・・きれいなお花だよね。
北海道と言われても広うござんしてね。
わたしの所も、「その北海道」に入るのかしらね。

紫色のお花はなんとなく秋らしいね。
釣鐘草の仲間はかわいらしい。

まだまだ、お花たちゲンキじゃないのぉ
こちらはお花も人間もしおれ気味ですたい。
くぅさん (jugemu)
2018-10-18 18:07:07
トリカブトって花の形が面白いのね、
あれって花弁ではなく萼片だって。
今回初めて知ったけど花みたいな萼って多いね。

「とりわけ毒性が強いとされるエゾトリカブトを探して、
北海道、野幌の森を歩いてきました。
折からの雨で道は川となり、グチャグチャになりながら散策すると、
あそこにも、ここにも青い、烏帽子(エボシ)のような
エゾトリカブトがうな垂れるように咲いているのでした。」

某ブログからですが探しに行って使ったりしないでね。

秋はやっぱり紫色が似合う、
紫を見ると秋だなぁと思う。
だけどさっぱり晴れてくれない、
短い時間だけど毎日必ず降ってくれる。
どうもいけませんわ、今年の秋。

花たちは元気だけどおじさんはしょんぼり、
お日さま出ないかなぁ。
しおれ気味は同じですたい。←どこの生まれよ。(*‘∀‘)

コメントを投稿