東十条探偵団2

明日は何を撮りに行こうかな?

隅田公園の水鳥たち

2019-01-13 | 鳥たち
  台東区の公園Twitterで、隅田公園で梅が咲いたよ~。
  行ってみようかな、あそこなら水鳥たちもいるし、、、
  結局ウメは見つからず水鳥たちを撮っただけ。
  浅草から向島まで隅田川の両岸、広すぎて探せないよ~。


  

     隅田公園の牛嶋神社あたり、ちょっとした池がある。
     一年を通して鳥たちが集まっているが今頃はユリカモメがたくさん来ている。




  

     ユリカモメの名前の通りカモメ科の水鳥。
     北海道から西南諸島まで全国で見られる、小型のカモメ類はほとんどがこれ、
     赤い足、目の後ろの黒い斑点が特徴。

     「都鳥」とも呼ばれる。
     「名にし負はば いざこと問はむ都鳥 わが思ふ人はありやなしやと」
     在原業平の詠んだこの歌が名前の由来とされる言問橋は指呼の間で
     私も言問橋を渡ってきた。




  

     カモメの仲間なので並ぶのが好き。
     ♪ カモメの水兵さん、並んだ水兵さん・・・。




  

     ハトと同じで人間を全く怖がらない、平気でこっちへ向かって飛んでくる。




  

     カモメなので気が荒い、
     仲よく遊んでいるように見えてもしょっちゅういさかいを起こしケンカ三昧に明け暮れている。




  

     池の中の小さな岩山にアオサギの姿があった。
     ここにはよく来ている、じっと佇んでいるけど眼が怖い、
     あのハシビロコウもこんな眼をしてたね。




  

     マガモの姿はなくオナガガモの姿だけが見られた。




  

     あとで見たらオナガガモはつがいで来ていたみたい、
     なかなか並んで撮らせてはくれなかった。




  

     牛嶋神社、春に河津桜が咲くのでよく行く神社。
     「撫で牛」は自分の体の悪いところと同じところを撫でるとよくなるというアレ、
     とりあえず頭を撫でてきたが、、、。♪

     このあと隅田川沿いに百花園まで、
     冬枯れでな~んにもない・・・
     と思ったら鳥さんたちが百花繚乱?
     腹いっぱい、満腹になるまで撮ってきたのでこのあとしばらく押し売り、、、。(*^。^*)

          data: EOS70D/EF 70-200 1:2.8 L IS USM。 撮影1月11日 隅田公園
          

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 寒い朝はシモバシラが | トップ | シジュウカラと冬牡丹 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くぅ)
2019-01-14 16:56:23
今も、百人一首をお正月にしている人いるんでしょうね。
わたしの周りでは聞かなくなったなぁ~

鳥って、みんな同じ顔に見えるけれど、
自分たちには区別出来るのかなぁ~
夫、妻、子ども・・・って?どこに個性があるんだろうね。

うん。目つきがねぇ~
でも鳥さんの泳ぐ姿って、
なんか「平和」って感じだね。

あらん・・頭をねぇ~
効果のありやなきや(*´艸`*)

もう寒くて外撮りは無理。
そこら辺にあるものパチパチ。
そのうちゴミでもパチリするかな?
あれって、袋がカラフルだしぃ~≧(´▽`)≦アハハハ
くぅさん (jugemu)
2019-01-14 18:05:57
そういえば百人一首って聞かなくなりましたね、
それと共にカルタなんてのもさっぱり聞かなくなった。
きっとスマホが原因だ、幼児にも持たせているんだもん。

鳥って一夫一婦制?でしょ、
ほんとによく相手を間違えないね。
ペンギンさんなんかあれだけの数で巣を守っているけど
食事から帰った個体がよく間違いなく相棒のもとに帰るよね。

うん、鳥たちの泳ぐ姿は平和の象徴かもしれない
の~んびり泳ぐ姿は全く平和そのものだよね。
そんな中でアオサギの目!ハシビロコウもそうだけど
あの目は怖いわ、睨まれたら足がすくみそう。

ん?、アタマがなにか?
何回なでても効果が現れないどころか進行してる。
もう人と話が出来ない、固有名詞が出てこない、
「あれだよ」、「あの人」、「あそこだよ」、
みんな代名詞で話してる。

はい、くぅさんなら敷石でも落ち葉でも枯れ枝でもなんでも絵になる。
今日も冷えたみたいね、そこら辺にあるもので間に合わせて。(*^。^*)

コメントを投稿