東十条探偵団2

明日は何を撮りに行こうかな?

吉原を抜けて百花園まで

2015-12-07 | 散歩
  百花園に向かう道を途中下車しながらトコトコ、
  お天気がいいので寒さは感じない。
  30分足らずなのでちょうどいい行程かな。


  

     自転車に乗ってから5分くらいで吉原を抜けます、
     吉原大門の見返り柳の向こうにはなぜか十字架
     「迷える子羊たちをお許しください・・・」。?




  

     10分くらい走って探して探して平賀源内さんのお墓。
     平賀源内は江戸中期に活躍した人、ご存知の人。
     安永8年(1779)に人を誤って殺傷して捕えられ獄死しました。
     築地風の塀に囲まれた墓所の内部はうかがい知れません、
     入れるらしいけど門には閂が架かっているのでさすがの私も躊躇します。




  

     源内さんの墓へ入口近くに「お化け地蔵」
     江戸時代この辺り一帯は浅芽ヶ原といい原野に近く狐狸妖怪の噂などもあった
     「お化け地蔵」の名には高さ3メートル余の並はずれて大きいからなど、
     いくつかの伝説がある。




  

     明治通りに入って白鬚橋
     隅田川に架かる。右が向島、奥が上流。
     隅田川もここまでですね、上流は千住大橋となり渡ると江戸を外れます。




  

     下流側、浅草へ続くけどここまで来ると遊歩道には人影もありません。




  

     創架は1914年(大正3年)5月。近在の人々が基金を募って約一年で完成した木橋。
     そのあと1925年(大正14年)に東京府が買い取り、関東大震災後の震災復興事業の一環として
     現在の橋に架け替えられることに、永代橋に似てゴツイですね。




  

     白鬚橋を渡ってすぐに白鬚神社
     951年(天暦5年)、元三大師良源が白鬚神社(滋賀県高島市)の
     分霊をこの地に祀ったと伝えられています。
     1990年(平成2年)不審火により社殿が全焼、1992年に再建されました。




  

     白鬚神社のすぐ近くに向島百花園。
     向島百花園は、隅田川七福神の発祥の地であり
     佐原鞠塢が所有していたともいわれる「福禄寿」が祭られています。
     今は佐原鞠塢から八代目にあたる佐原滋元さんが
     向島百花園内の「茶亭 さはら」で色々な仕事をしています。




  

     園内の「御成座敷」は、昔、将軍などの貴人が来園したときにお休みになったとされる。
     襖をはずして二部屋、もしくは、三部屋を併せて使用出来る広さで
     お茶の会、クラス会、趣味の会などいろいろな催しが行われお正月には投扇興なども。
     これからはメジロも来るし、たま~にウグイスの姿も見られたりします。

        
コメント (2)