山口 香の「柔道を考える」

柔道が直面している問題を考え、今後のビジョン、歩むべき道を模索する。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

操られる審判?

2009-08-30 15:44:58 | Weblog
 今大会、審判理事のバルコス氏がオーバーコールで判定が覆ることが多いということは以前にお伝えした。テレビにも映っているかもしれないが、主審が突然、正面のテーブルから呼ばれ指示を受けた後、判定が覆る。不思議だったのは、副審の二人は微動だにせず座ったままであることと、主審もテーブルまで向かってビデオを見ることはせずに即座に判定を変えることだった。

 昨日もいくつかそういった状況があったので何人かの審判に聞いてみた。すると、驚きの事実が判明した。なんと主審は耳にイヤホンを装着させられており(敗者復活最終戦、準決勝などメダルのかかった試合から)、バルコス氏からの指示を聞いているらしい。副審はイヤホンの装着がないので何を指示されているのか、どこが問題なのかもわからない状況である。そして、指示は絶対であり、逆らうことはできない。明らかな間違いなどであれば百歩譲ってビデオを見ているテーブルからの訂正があってもいいかもしれない。しかし、「ブルー柔道着に指導を」といったような試合をコントロールするような非常に細かい指示までくるのだという!

 今や私達の目に見えている審判は実際の審判ではなく操られて指示を出しているだけの存在に近い。さらに信じられない光景をみた。昨日のロシア対ウズベキスタンの試合は競り合って終盤を向かえた。ウズベキスタンがリードで終了寸前にロシアの選手が朽木倒をしかけ、ウズベキスタンの選手は臀部をつく。審判は有効には満たないとしてスコアを与えなかった。この瞬間、IJF会長であるビゼール氏が立ち上がってバルコス氏に駆け寄って何かを告げる。その次の瞬間、主審が反応して、突如として有効のポイントがロシアに与えられ、試合はロシアの選手が勝利した。会長がその時何をバルコス氏に告げたかはわからない。ただ、その時会長の隣に座っていたのがヨーロッパ柔道連盟の会長でロシア人であったことを考えるとあまりにもタイミングがよすぎるし、勘ぐられても仕方がない状況だ。

 つまり、一部の人間に権力が集中するということはこういった疑念を抱かれやすい状況をつくる。バルコス氏がどんなに優秀で誠実な人間であったとしても自国スペインに有利な判定を指示すれば、その判定が妥当なものであっても相手は何らかの意図があったのではと思う可能性が高い。

 おそらく近い将来、審判は一人になる。そういう状況であれば、いっそのこと審判は判定を下すのではなく、試合を捌くのみで判定はバルコス氏を含むトップテーブルの何人かが行うとした方がわかりやすい。その方が責任の所在が明らかになる。現状で見ている人たちは、判定に不服であったりすれば審判を責める。しかし、審判には実は権限もないのだから責任もないのである。

 他のスポーツのことは詳しく知っている訳ではないが、こんなように審判が上からコントロールされるスポーツがほかにあるのだろうか???フェアなスポーツといえるのだろうか?

 現在のIJFは理事会が大きな権力を持っている。理事会ではなくても、何人かのメンバーが賛成し、会長の同意が得られればルールでもシステムでも一瞬のうちに変えることができる。強いリーダーシップで改革も進むことは間違いない。しかし・・・。これまで何度も指摘しているが、彼らがどんなに優秀であったとしてもどこかにチェック機能がなければならないのではないか?世界の柔道を理事会という少数の人間に託して本当に大丈夫なのか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« オランダ | トップ | 大会を終えて »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
審判ルールの後退 (初段)
2009-08-30 19:07:05
明らかな審判方法の不正、後退です。
そもそも人間は正面しか見れない為、横に副審を置くようになりました。他の武道の審判でも4方向に副審を置いています。私の所属している競技武道でも一人審判では最後まで競技者の支持をえられませんでした。試合の公平性が保たれないからです。
Unknown (Unknown)
2009-08-31 08:54:49
剣道の審判の様に3人とも立って動きながらしてはどうでしょう。
信じられない! (一応柔道関係者)
2009-08-31 17:20:04
このブログで、審判が主審一人になるかも・・
と聞いて驚いていたのに、さらに外部から指示が出るなんて・・信じられません。

自分も一応審判ライセンスを持ち、判定を下していますが、3人でいても場合によっては意見が異なることが有るのに、それを一人にさせるなどと問題外と思います。

しかもあろうことか、外部の人から支持が出るなど???
3審でも稀に誤審があった為に、ジュリ制を導入したのではなかったのですか?

この事については、全柔連のHPにもまだ発表されていませんので、山口先生の情報が頼りです。
今後も、時おり関連情報を載せていただきたいです。
Unknown (クロコダイルダンディー)
2009-09-01 13:47:31
これでは審判いらないですね。
信じられません(-_☆) (柔心)
2009-09-01 23:54:08
そんな不正と言うかムチャクチャな事が本当に許されるんですか??
今回、日本人の審判はいなかったんですか??そして主審を勤めた方(インカムをつけた)はいなかったのですか???
審判の先生方は柔道をされていた方や指導をされているような方かと想像しますが…なぜそんなムチャクチャな指示に従うんですか??
例え主審だけは操作出来たとしても、また副審にはその指令が聞こえていないにしても、判断が間違っていれば副審が異議を申し立てるでしょ??

これを本当の事として認めるということは、私にとって柔道そのものを否定しなければなりません(゜-゜)

山口先生の聞き違いと見間違いが重なったか、夢でも見られたか?ですよね??
それとも私の読み違いですか?

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

柔道オモロない・・・ ジュリーって何? (Shori's Blog ~ブラス指導日記~)
オリンピック始まりましたね^^