立山モアイの多趣味ブログ

以前から色々な趣味があります。天文、釣り、園芸(山野草)、DIY、雑学、、その取り組みを紹介します。

窓ガラスの簡易断熱

2008年11月17日 16時05分54秒 | DIY
【追記】自宅の窓ガラスを三層プチプチシートと再剥離(さいはくり)性両面テープで簡易断熱していましたが、加工後に月日が経ってからいざプチプチシートを剥がそう(はがそう)としてみたところ、強固に接着したままはがれにくくなっている箇所が何箇所もありました。はがれやすい再剥離性両面テープであっても環境によっては剥がれない恐れがあることがわかりました。また、三層プチプチシート自体が窓ガラス面にこびりついて剥がれにくくなってしまう症状も一部にありました。このブログ記事の方法で実際に加工する場合は、お気をつけ下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
寒さの厳しい北陸富山の冬。窓ガラスを簡易的に断熱化して寒さをしのぎ、結露軽減・暖房効率向上させました。材料は3層プチプチシートと再剥離性両面テープです。『3層プチプチ』とは、緩衝材のプチプチの一種です。通常のプチプチの片面は凸凹ですが、3層プチプチは両面ともにシートが張られており、両面とも平面で断熱効率が高く、加工もしやすく丈夫です。さらに、シートをはがす際に、窓ガラスに粘着剤が残ることを防ぐために、再剥離両面テープを使用しました。このテープは新開発の特殊素材で、簡単にキレイにはがすことが出来ます。
作業は単純。窓ガラスの寸法を測り、3層プチプチを切り抜いて両面テープでガラスに貼り付ける。家の窓はほぼ全部加工しました。おかげで朝方の冷え込みはグンと和らぎました。
市販の窓ガラス断熱シートよりも、今回の方法ではより廉価で柔軟に加工できました。
この記事についてブログを書く
« おきなわの食堂メニューの怪 | トップ | ”獅子が鼻”の成り立ちについて »
最近の画像もっと見る

DIY」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事