Hiro君の手作りジャズライブ・京都 Blog

寺崎純(p)を中心とする京都のプレーヤーと大阪、神戸を主戦場とするジャズメンとのブッキングを、行いたいと考えています。

メタボ悪化・外出手控え・クラ練習

2017年12月27日 11時12分07秒 | Weblog

検診で、メタボ悪化が判明、一時中止していたグルメを再開、又中止。ほっておくと、2~3年で死んじゃうんじゃ無いかと、勝手に想像。主治医からは、間食止めて、3食も少し減らせって、優しくも残酷に言われた。仕方ないので、もっぱらクラの練習。マウスピースを取っ替えひっかえ。

Backun Clarinetは、リードを選択する必要がある。Eiji Modelは絶好調。上管のひび割れ、ネジで強行治療、今、絶好調。息の通りもよく、どのマウスピースでも合う。

問題は、友人から半ば強奪したSelmer PrologⅡ。タンポ交換など、リペアに手間がかかったが、Key actionなど。楽器の状態は良好。ただ、音が割と低音が響くので、どうもしっくりしない。Eiji modelが自分の声だったので、どうしてもその方向に音を合わせようとするのか、些かならず困惑していた。これに、これまた、長期ほったらかしておいた、人からもらったセラミックのマッピをつけて、かつ、又買ってきたRovner lightのリガチャーで吹いてみると、うん?結構良い。セラミックのマッピ、弱音から強い音までスムーズに出しやすい。おすすめのリガチャーではキーキーした音になって結局、使わなかったんだけど、この組み合わせって良いかもー!!まあ、エボナイトのマッピとはかなり違う音だが、吹奏感はフレッシュで良好。

因みに、特殊な紐で作ったリガチャー、何種類か試奏、その時、Rovnerも併せて吹いたのだが、薄く音の出やすいリードだったので差が出にくかったって事もあるんだろうけど、あまり変わらなかったので、一本締めのRovnerにした。なんせセラミックの色は白。リードセッティングの時、視認しにくいのでこれがいいかと。でも、おNew なリガチャー、又欲しくなってきた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Music cafe Soen Jam sessio... | トップ | 謹賀新年 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事