「プレイバック '70フォーク夢」リーダーのブログ(アーカイブ)です!

35年間の活動休止を経て、2010年に再結成したバンド「プレイバック '70フォーク夢」のことを色々と書きます

♪レパートリー曲の話【第12話】

2016年04月23日 | 音楽
【第12話】は『青春』です。
 プレイバックの11番目の曲、譜面No.11であり、
 バンド活動再開1年後の2011年2月に着手した曲です。

 この曲は1971年に『かぐや姫』がリリースした曲で、
 作詞『伊勢正三』、作曲『南こうせつ』です。

 この曲(青春)は私の青春第1ステージで結成したバンド
 『白い風』および『飛行船(後のSound Circus)』で演奏・歌いました。
 リリース年(1971年)は
 現在の『プレイバック』メンバー男3人が秦野に移住した年であり
 【第6話】の『風がなにかを』と同様に、思い入れの有る年です。
 もう45年も前のことですね。

 『プレイバック』バージョンは
 『白い風』および『飛行船(後のSound Circus)』バージョンよりも
 前奏・間奏・後奏の演奏力向上を図っており、ハモリングも強化しています。
 サビ部の歌詞;
 #1『夢、夢があるから若い この青春という名の夢が』
 #2『恋、恋をするから若い この青春という名の恋を』
 #3『歌、歌があるから若い この青春という名の歌が』
 が今のプレイバックにピッタリかと思っています。

 そんなバックグランドを思い起こしながら
 是非、プレイバック・バージョンを聴いて頂けたらと思います。
『バンド』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 5/1~2「イオン秦野地域の... | トップ | 4/24『湘南 Light Music F... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-06-17 15:45:50
歌詞がピッタシで良い感じですね エコ推S
ありがとうございます (jtagu@PB70FD)
2016-06-18 08:09:20
エコ推Sさんへ
昔はあまり意識していなかったかと思いますが、
今はなんとなく歌詞の内容を意識して歌っていると思います。

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事